« [No.254-2]できる男 | トップページ | [No.255-2]個性 »

[No.255-1]個性

No.255-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-------------------------------
「あれ・・・何してるのかな?」

ドライブ中に立ち寄ったパーキングエリアでの出逢いだった。

「どうした?」
「ほら、あの猫・・・」

食堂脇に一匹の猫が座っている。
シチュエーション的に、“出待ち”していると思われる。

「実家で飼っていた猫と同じだ」
「・・・そうなの?初めて聞いた・・・」

今まで猫の話題が出なかったとは思えない。
けど、そこまでの話はしていない可能性もある。

「何か問題でも?」
「そうじゃないけど・・・」

意外な場所、意外な出逢いで、意外な事実を知った。
そうこう話をしているうちに、猫にすり寄っていたからだ。

「好きだったの・・・猫?」
「嫌いか?」

好き嫌いじゃなくて、知らなかったことが心に引っ掛かった。

(言ってくれても・・・)

私の気持ちを察するわけでもなく、彼は猫とじゃれ付いている。

「かわいいぞ」

別にかわいくないとは思っていない。

(・・・ん?やだぁ・・・)

気付けば猫の顔は目やにで、やけに汚れていた。

(No.255-2へ続く)

|

« [No.254-2]できる男 | トップページ | [No.255-2]個性 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.255-1]個性:

« [No.254-2]できる男 | トップページ | [No.255-2]個性 »