« [No.261-2]最高の誉め言葉 | トップページ | [No.262-1]解けた氷 »

ホタル通信 No.070

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.172 一瞬の未来   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

とある1枚の写真からこの話は誕生しました。写真は物理的に
は静止画を撮る道具ですが、心情的にはみずみずしい動画が
撮れる道具でしょう。

写真に写るひとりの女性
静寂と言うよりも緊張と不安・・・敷居の高そうな雰囲気にやや
圧倒されながらも、抱く期待の大きさについ体が反応したような
そんな一枚でした。
この写真を見た瞬間に、「これをテーマに小説を作りたい」と思
ったほどでした。
シャッターを切った瞬間に見えていた映像と実際に撮影され
たものはわずかでも違っているはず・・・この写真はそれを大い
に物語っていました。

未来・・・などのテーマは、大人よりも学生が牽引役の方がな
んとなく爽やかに感じると考え、登場するふたりは設定上、高
校生にしています。
最大の見せ場である“何を未来として写し込ませたか”は後半
を作っている最中に、自然とアイデアがわいてきました。
実話度は高くはありませんが、お気に入りの話のひとつです。
それほど、その写真に魅せられました
web拍手 by FC2

| |

« [No.261-2]最高の誉め言葉 | トップページ | [No.262-1]解けた氷 »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.070:

« [No.261-2]最高の誉め言葉 | トップページ | [No.262-1]解けた氷 »