« [No.259-2]彼女の人生 | トップページ | [No.260-1]眼鏡の理由 »

ホタル通信 No.069

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.108 約束の時間   
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

前半の中ほどの「あれ?もう・・・」から「お待たせ」の間は回想
シーンになっています。この当時は現在の「@」を挿入していな
い時期であり、読みにくくてすみません

実話度は高めで、ほぼ100%と言っても過言ではありませんが
重要となるラストシーンを創作した関係で、80%に留めました。
由香は待ち合わせに遅れたことはなく、私より遅く到着すること
もありませんでした。
小説の通りですが時間に厳しい人、気を使える人・・・そんな印
象を持っていました。

由香に、ことの真相を尋ねた時、思わぬ答えに驚いたことを覚
えています
極端に言えば特定の人に対する自己防衛であり、その習慣が
誰に対しても出るようになったと思います。
ただ、自己防衛と言っても、好きな人に嫌われたくない・・・と言
うより、居候の身である自分の立ち位置を理解した上での行動
だったと言えます。

この話に登場している“由香”は、他の小説にも度々登場してい
る“菜緒”そのものです。
今でも彼女と待ち合わせしていた場所を思い出します。その場
所のひとつが、ホタル通信No.052で紹介した京阪電車 京橋駅
です。
No069
web拍手 by FC2

| |

« [No.259-2]彼女の人生 | トップページ | [No.260-1]眼鏡の理由 »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.069:

« [No.259-2]彼女の人生 | トップページ | [No.260-1]眼鏡の理由 »