« [No.257-2]差し延べる手 | トップページ | [No.258-1]続・ハズレの景品 »

ホタル通信 No.068

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.146 月を恐れぬ女   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

晴れや雨、そして風、嵐・・・自然現象は小説の素材としては
心情を代弁してくれる秀逸な存在です。

加えて、海、空、そして星。形としてハッキリ存在するもの達も
時には主役であったり、脇役であったり・・・。
この話は、雨上がりの夜、水たまりに映った月を見たのがきっ
かけでした。時より、風に吹かれて、ユラユラと月が揺れる様
が何とも印象的でした。

それもあって、最初はロマンティックな話で展開しようかと考え
書き始めたのですが、“満月の夜は何かが起こる!”的なノリ
で自然に筆が進んだため、その流れに乗ることにしました。
水たまりが、氷った水たまりになったのには、これらの理由が
あったからです

いつものように、ラストは考えずに“何となく”の雰囲気で飲み
会帰りのふたりを会話させてみました。
・・・で、後半を書き始めた時にラストの展開を思い付き、前半
に“三日月”の話題を伏線として追加しました。
手前味噌になりますが、適当に話を作った割には上手く着地
したと思っています。

最後に“月を恐れぬ女”のモデルになった人が実在するのか
しないのか・・・想像してみてくださいね
No068
web拍手 by FC2

| |

« [No.257-2]差し延べる手 | トップページ | [No.258-1]続・ハズレの景品 »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.068:

« [No.257-2]差し延べる手 | トップページ | [No.258-1]続・ハズレの景品 »