« [No.255-2]個性 | トップページ | [No.256-1]どじょうがこいに »

ホタル通信 No.067

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.121 あなたを待つもの
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

メールのやり取りを除けば、シチュエーション的には、ほぼ事
実です。実際、夜遅い時間に彼女とバッタリ・・・

メールのやり取りは、ほぼ事実ではないのですが、『ご主人さ
ま・・・』の下りだけは事実です。多少、表現は変えていますが
このようなメールが届きました。
実はこの時に“自転車が”主語になっており、現実にはそんな
色気のある話ではありませんでした。
ただ、彼女の照れ隠しであったのかも・・・という図々しい考え
も無かったとは言いません。

自転車というキーワードを隠すことで、色気のある話に変化す
ることは作成当初からの狙いであり、オチもわりと綺麗に付け
られたような気がしています。
冬のホタルでは、あくまでも日常からテーマを拾い、特に経験
から生み出される話がほとんどです。

この話に登場する同僚の女性は、他の小説にも何度か登場し
ています。
案外、小説のネタになりそうな話題を提供・・・と言いますか、
話題を共有することが多かったために、リアルに再現すること
が可能でした。

最後に余談ですが、その女性だけに書いた未発表の小説もあ
り、クリスマスに贈ったことがあります。
サンタクロースが登場する、ちょっとSFチックな超短編なので
冬のホタル的にはNGです。
・・・が、それを除いては実話度が高いため、機会があれば発
表することも考えています。
web拍手 by FC2

|

« [No.255-2]個性 | トップページ | [No.256-1]どじょうがこいに »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.067:

« [No.255-2]個性 | トップページ | [No.256-1]どじょうがこいに »