« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ホタル通信 No.070

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.172 一瞬の未来   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

とある1枚の写真からこの話は誕生しました。写真は物理的に
は静止画を撮る道具ですが、心情的にはみずみずしい動画が
撮れる道具でしょう。

写真に写るひとりの女性
静寂と言うよりも緊張と不安・・・敷居の高そうな雰囲気にやや
圧倒されながらも、抱く期待の大きさについ体が反応したような
そんな一枚でした。
この写真を見た瞬間に、「これをテーマに小説を作りたい」と思
ったほどでした。
シャッターを切った瞬間に見えていた映像と実際に撮影され
たものはわずかでも違っているはず・・・この写真はそれを大い
に物語っていました。

未来・・・などのテーマは、大人よりも学生が牽引役の方がな
んとなく爽やかに感じると考え、登場するふたりは設定上、高
校生にしています。
最大の見せ場である“何を未来として写し込ませたか”は後半
を作っている最中に、自然とアイデアがわいてきました。
実話度は高くはありませんが、お気に入りの話のひとつです。
それほど、その写真に魅せられました
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.261-2]最高の誉め言葉

No.261-2

「・・・そうね、同じ会社だし・・・あるよね!」

聞こえは悪いが、彼に特別な感情は持っていない。
仲の良い同僚・・・信頼できる同士のような存在だ。

「派手な喧嘩も良い思い出だろ?」
「もぉ!話を戻さないの」

それだけお互い仕事に真剣だった証拠でもあった。

「でも、嬉しかったな・・・」
「何だよ、急に」

何度か彼が私の味方に付いてくれた。
時には自分の意見を曲げてでも・・・。

「その時は、君の意見の方が正しいと思ったからな」
「へぇ~、好きなら好きと素直に言えばいいじゃない」

わざと話を飛躍させた。

「それは君のほうだろ?」

多少、色気のあるジョークも今なら自然に言える。

「また一緒に仕事をしたら、味方になってくれる?」
「・・・いや、逆かもな」
「敵ってこと?」
「ライバルだよ、ラ・イ・バ・ル」

私のことを認めてくれた彼の最高の褒め言葉だった。
No261
(No.261完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.261-1]最高の誉め言葉

No.261-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-------------------------------
「私もそんなタイプ!」

飲み会の席で、仕事談義に花が咲くことがある。
本来は最も敬遠しなければならない話題だ。

「・・・そうだっけ?」

そんな風には見えない、と言った顔だ。

「もう、何年になるのよ・・・私たち」

この瞬間だけを捉えれば、恋人同士の会話にも聞こえる。

「・・・5年か・・・な?」

新設された部署に私達は配属された。
彼とは歳が同じゆえ、しばらく仕事の衝突が続いた。

「覚えてるか、あの時?」
「言わないの!」

派手な喧嘩も今となっては、お互いの糧となっている。

「寂しくなるな・・・」
「・・・うん」

自分でも分かるほど、しおらしい返事だった。

「また、どこかの部署で一緒に仕事したいな」

4月の定期異動で彼の転勤が決まった。
もちろん、彼女でも何でもない私は見送るだけの存在だ。

(No.261-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.260-2]眼鏡の理由

No.260-2


「今日も・・・忘れた・・・の?」

友人が解せない顔をしている。

「うっかり・・・」
「でも、今日で4回目よ?」

目が悪い人にとっては、コンタクトは重要な存在だ。
だから“うっかりはないんじゃない?”そんな顔をしている。

「わざと・・・?」

眼鏡は確かに“わざ”と掛けている・・・必要だから。
でも、“わざ”とコンタクトを忘れたわけではない。
そもそも、コンタクトは嘘なのだから。

「・・・理由がありそうね」

思案していたことが、よほど顔に出たらしい。
直球を投げ込まれた。

「えっ!あっ!う、うん・・・」

この返事だけで、今までの話が嘘だということがわかっただろう。

「で、理由はなにさ?」
「偶然に・・・出逢わないかな?って・・・探してるの・・・」

この辺りは、元カレがよく来ていた場所だった。

「眼鏡がないと見つけられないから」

(No.260完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.260-1]眼鏡の理由

No.260-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
嘘を付き通せるのは、3、4回が限度だろう。

「どうしたの・・・その眼鏡?」
「オシャレでしょ!」

友人の言いたいことは分かっていた。
だから、ワザと望まない答えを一度返した。

「・・・そうじゃなくて、コンタクト忘れたの?」

今の反応も想定内だ。
既に“嘘”の答えは用意してある。

「うん・・・うっかりしちゃって・・・」

ただ、“うっかり”にも程はある。
これが続けば、さすがに友人でも疑いの目を向けてくるだろう。

「でも・・・コンタクトだったんだぁ?」
「知らなかった?」

目が悪いにもかかわらず、普段、私は眼鏡を掛けない。
時と場合によって眼鏡を掛けるようにしている。

「改めて聞いたことはなかったわよ」

目が悪くて、普段眼鏡を掛けていない。
だから、コンタクトだと・・・。
自分で言うのも変だが、友人の思い込みは十分に納得できる。

「珍しくもないでしょ?」

言葉とは裏腹に、コンタクトというのは全くの嘘だ。

(No.260-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.069

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.108 約束の時間   
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

前半の中ほどの「あれ?もう・・・」から「お待たせ」の間は回想
シーンになっています。この当時は現在の「@」を挿入していな
い時期であり、読みにくくてすみません

実話度は高めで、ほぼ100%と言っても過言ではありませんが
重要となるラストシーンを創作した関係で、80%に留めました。
由香は待ち合わせに遅れたことはなく、私より遅く到着すること
もありませんでした。
小説の通りですが時間に厳しい人、気を使える人・・・そんな印
象を持っていました。

由香に、ことの真相を尋ねた時、思わぬ答えに驚いたことを覚
えています
極端に言えば特定の人に対する自己防衛であり、その習慣が
誰に対しても出るようになったと思います。
ただ、自己防衛と言っても、好きな人に嫌われたくない・・・と言
うより、居候の身である自分の立ち位置を理解した上での行動
だったと言えます。

この話に登場している“由香”は、他の小説にも度々登場してい
る“菜緒”そのものです。
今でも彼女と待ち合わせしていた場所を思い出します。その場
所のひとつが、ホタル通信No.052で紹介した京阪電車 京橋駅
です。
No069
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.259-2]彼女の人生

No.259-2

「卑怯な手?」

自分でも分かるほど態度を一変させた。
どうにでもなれ・・・投げやりな態度で接することが多くなった。
僕が去るんじゃない・・・君が去れ・・・と。

「ひどい話だろ?」
「そうね・・・」

彼女から別れ話を切り出すことを望んだ。
そして、それは現実となった。

「後悔・・・してるのね?」

してないと言えば嘘になる。
けど、それでも良かったとも思っている。

「彼女の人生に触れたかっただけなのかな・・・」

改めて声に出して、自分に問い掛けた。
もちろん、多華子(たかこ)にも聞こえるように。

「違うんじゃない?」
「本当は彼女の人生までも変えようと思ったはずよ」

それには答えられなかった。
それが、逆に事実だったからだ。

「灯りになれなくても・・・暗闇のままでも、いいじゃない!」

そう言うと多華子が、そっと僕の手を握る。

「これなら暗闇だって前に進める、例え灯りがなくても」

(No.259完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.259-1]彼女の人生

No.259-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
「・・・結局、僕は逃げたんだ」

事実であっても、どこかで慰めて欲しい気持ちもあった。

「話したら?」

きっかけは、多華子(たかこ)の一言だった。
サバサバした性格の彼女は、元カノの話をしても寛大だった。
見せかけだけじゃなくて。

「・・・灯りになりたかったんだ」
「あかり?」

色々と問題を抱えていた彼女と知り合った。
深くかかわるうちに、それを解決してやろうと思った。
それが、いつの間にか愛情に変わった。

「そう・・・行き先を照らす灯りに・・・」

彼女の問題はかなり深刻だった。
“それであっても”という気持ちに当時、嘘はなかった。

「あなたらしいわね」
「でもな・・・」
「“僕じゃだめ”だと・・・?」

いつしか、非力な自分がいることに気付き始めた。

「あぁ・・・そう思うようになった」
「元々、あなたには関係がないことばかりでしょ?」
「でも・・・結局、僕は逃げたんだ」

実際は、もっと卑怯な手を使った。

(No.259-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.258-2]続・ハズレの景品

No.258-2

「ふぅ~、ようやく片付いたわね」

改めて部屋の広さに驚く。

「こんなに広かったの?」
「そうみたいね」

ビフォーを知る咲(さき)も同感のようだった。

「本当なら私じゃないほうが良かったでしょ?」
「・・・正直、そうかもしれない」

彼とふたりで部屋を出ることだって有り得た。
そう望まなかったわけでもない。

「でも、ひとりになっちゃったからねぇ~」

自分でも意識して明るく振舞った。

「無理しちゃって」
「分かるぅ?」

ただ、ここまでが限界だった。
明るく振舞えば振舞うほど、涙が出そうになる。

「・・・ひとりじゃないよ」
「うん、今日来てくれてありがとう、咲・・・」
「・・・バカね、私じゃないわよ」

咲の言葉に一瞬、ご本人登場・・・のテレビ番組を思い出した。

「さすがに、それはないよ」
「・・・そうよね」
「ほら、それそれ!」

咲がポインセチアの鉢を指差す。
そうだ・・・彼との想い出が詰まったポインセチアと部屋を出よう。

(No.258完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.258-1]続・ハズレの景品

No.258-1 ハズレの景品

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
引越しすることにした。
理由は特にない・・・ただ、そんな心境だった。

「・・・いつなの?」
「来週」
「えっ!」

引越しと言えるほど大袈裟なものではない。
数百メートル先に良い物件を見つけた。

「もぉ・・・びっくりしたじゃない」
「どこか遠くに行くなら事前に言うよ」

咲(さき)とは英会話スク-ルで知り合った。
お互い勤め先は違う。

「転勤かと思ったよ」
「・・・想い出を・・・断ち切るため?」
「・・・ううん、元彼のことは関係ない」

最近、彼と別れた。
確かにそれが引き金になったことは否定しない。
けど、それを部屋ごと消し去ろうとは考えていない。

「お互い納得して別れたから」
「ふ~ん」

そんなことどうでもいい・・・そんな表情だ。
多分、私も他人のことならそうなる。
男女の別れに“納得”という言葉は綺麗すぎるからだ。

「まぁ・・・ひとり寂しく引越し、ということね」
「・・・咲、来てくれないの?」
「いいけど、ランチぐらいは考えてよね」

引越し当日はあっと言う間にやってきた。

(No.258-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.068

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.146 月を恐れぬ女   
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

晴れや雨、そして風、嵐・・・自然現象は小説の素材としては
心情を代弁してくれる秀逸な存在です。

加えて、海、空、そして星。形としてハッキリ存在するもの達も
時には主役であったり、脇役であったり・・・。
この話は、雨上がりの夜、水たまりに映った月を見たのがきっ
かけでした。時より、風に吹かれて、ユラユラと月が揺れる様
が何とも印象的でした。

それもあって、最初はロマンティックな話で展開しようかと考え
書き始めたのですが、“満月の夜は何かが起こる!”的なノリ
で自然に筆が進んだため、その流れに乗ることにしました。
水たまりが、氷った水たまりになったのには、これらの理由が
あったからです

いつものように、ラストは考えずに“何となく”の雰囲気で飲み
会帰りのふたりを会話させてみました。
・・・で、後半を書き始めた時にラストの展開を思い付き、前半
に“三日月”の話題を伏線として追加しました。
手前味噌になりますが、適当に話を作った割には上手く着地
したと思っています。

最後に“月を恐れぬ女”のモデルになった人が実在するのか
しないのか・・・想像してみてくださいね
No068
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.257-2]差し延べる手

No.257-2

「馴染んでないんだ・・・まだ」
「そうだと思うな」

元気がないと言うより、行動がどこかよそ行きだ。
彼女なりに気を遣っている・・・そんな風にも見える。

「そこまでよく観察してるわね」
「だって・・・私もそうだったから」

小学生の時に転校を経験した。
その時の私とよく似ている。

「でね・・そしたら、ひとりの女の子が戻ってきたの」

遠くからでも“一緒に行こ!”と言ってるのが分かる。
言葉は聞こえなくても、行動がそれを物語っている。

「彼女・・・嬉しかったと思うよ」

不安を抱えた毎日・・・だった。

「なんか、自分の話に摩り替わってるみたいよ」
「そ、そうね・・・気持ちが入りすぎちゃって」

そうなんだ・・・彼女は私自身でもある。

「きっと、一生の友達になれると思うな」
「そんなもんなのかな~?」

小学生だったかつての私に美月が手を差し延べてくれたように。

(No.257完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.257-1]差し延べる手

No.257-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
差し延べられるもの・・・それは行動でも言葉でもいい。

美月(みずき)に今朝の出来事を話した。
いつも見ている光景が、今日は少し違ったからだ。

毎朝、小学生の集団に出逢う。
彼らは信号が変わると同時に、学校に向かって走り出す。
いつもと変わらず・・・。

「でもね、ひとりだけ歩いていた女の子がいたの」
「他の子は走っていたのに・・・ということね?」

いつもならひとり残らず、私の目の前を走り去る。
それだから、余計に残された女の子が目立った。
それに、スク-ル帽の色がやや違う。

「見慣れない顔?」
「顔までは覚えてないけど・・・」

何となく、違和感を感じた。

「違和感?」
「うん、輪に入れていないというか・・・」
「イジメ?」
「・・・そうじゃない」

そう・・・イジメとかじゃない・・・そう言い切れる。
なぜなら、その違和感を経験したことがあるからだ。

「多分、転校生・・・だと思う」

(No.257-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.256-2]どじょうがこいに

No.256-2

「・・・じゃぁ・・・ね・・・母性本能!」

沈黙に堪らず、友人が口火を切った。
ただ、いつの間にか私は“母親”になってしまっている。

「そこまでは・・・気が早いんじゃない?」
「けど、もう表現のしようがない」

ふたり共、ボギャブラリが少ないだけなんだろうか。
それとも・・・・。

「これだけは言えるわね!」
「何がよ?」
「お互い恋愛経験は少ないってこと!」
「な、な・・・」

反論したい気持ちをグッとおさえた。
これが“私だけ”なら、もっと噛み付いていただろう。

「ねぇ、提案があるんだけど」
「ついでだから“魚”で考えてみない?」

ついで、という言葉が引っ掛かかるが、一応提案に乗ることにした。

「どじょうが鯉に、鯉が鮎に、鮎が・・・鮎が・・・」

友人が念仏のように唱え始めた。

「・・・あったぁ!」

友人が何か閃いたようだった。

「鮎が幻の魚の“イトウ”に・・・はどう?」
「愛(いと)おしい・・・か・・・うん、そんな気持ちかもしれない」

(No.256完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.256-1]どじょうがこいに

No.256-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
どじょうが鯉(こい)になり、やがて鮎(あゆ)になる。
気持ちの移り変わりを比喩したものだ。

「・・・聞いたことがある」
「同情が恋に、やがて愛に変わる・・・だったよね?」

誰が言い出したのか、どこで聞いたのか分からない。
ただ、なぜか知っている。

「座布団一枚!って感じよね」
「まぁ・・・確かに上手いけど」

例え話としては、上手くまとまっているだろう。
魚のグレードも気持ちに応じて上がっているとも言える。

「それより、聞いて欲しいことがあるんじゃない?」
「う、うん・・・」

こんな話をすれば、鈍感な友人も気付くはずだと考えた。

「・・・で、どじょうが鯉に?それとも鯉が鮎に?」

あえて魚の話で聞いてきた。
聞いて欲しいのはやまやまだが、ややこしくなりそうでもある。

「それが・・・ね、どれとも違うの」

確かに最初は同情だった。
それがやがて恋になり愛になって、それから・・・。
そう・・・その先の気持ちが芽生えてきた。

「その気持ちがわからなくて・・・」
「でも・・・私に聞かないでよ」

しばらく、沈黙が続いた。

(No.256-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.067

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.121 あなたを待つもの
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

メールのやり取りを除けば、シチュエーション的には、ほぼ事
実です。実際、夜遅い時間に彼女とバッタリ・・・

メールのやり取りは、ほぼ事実ではないのですが、『ご主人さ
ま・・・』の下りだけは事実です。多少、表現は変えていますが
このようなメールが届きました。
実はこの時に“自転車が”主語になっており、現実にはそんな
色気のある話ではありませんでした。
ただ、彼女の照れ隠しであったのかも・・・という図々しい考え
も無かったとは言いません。

自転車というキーワードを隠すことで、色気のある話に変化す
ることは作成当初からの狙いであり、オチもわりと綺麗に付け
られたような気がしています。
冬のホタルでは、あくまでも日常からテーマを拾い、特に経験
から生み出される話がほとんどです。

この話に登場する同僚の女性は、他の小説にも何度か登場し
ています。
案外、小説のネタになりそうな話題を提供・・・と言いますか、
話題を共有することが多かったために、リアルに再現すること
が可能でした。

最後に余談ですが、その女性だけに書いた未発表の小説もあ
り、クリスマスに贈ったことがあります。
サンタクロースが登場する、ちょっとSFチックな超短編なので
冬のホタル的にはNGです。
・・・が、それを除いては実話度が高いため、機会があれば発
表することも考えています。
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.255-2]個性

No.255-2

「ちょっと、汚いよ・・・」

慌てて彼に声を掛けた。
好き嫌いと衛生面は違うからだ。

「俺は気にならないけど?」
「私は気になるの!」

余りこだわると猫に限らず動物嫌いと思われかねない。
でも、それとこれとは話が違う。

「そんな顔でにらむなって・・・ちゃんと手を洗うから」

(・・・ほら・・・服とかにも毛玉が・・・)

つい、言ってしまいたくなる。

「じゃあ、またな」

私を気遣ってか、早々にその場を立ち去った。

「なぁ、そんなにたいしたことじゃないだろ?」

ようやくドライブが再開しても何となく、気が晴れない。

「・・・好きならペットショップに行けばいいじゃない・・・」
「あの猫が汚かったからか?」

それには答えなかった。

「・・・個性って知ってるか?」
「もちろん、知ってるわよ」
「あの猫は、あれが個性なんだ・・・大袈裟だけど」

私をジッと見る。

「人ってね・・・案外、そんな所に惹かれるものだよ」

(No.255完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.255-1]個性

No.255-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-------------------------------
「あれ・・・何してるのかな?」

ドライブ中に立ち寄ったパーキングエリアでの出逢いだった。

「どうした?」
「ほら、あの猫・・・」

食堂脇に一匹の猫が座っている。
シチュエーション的に、“出待ち”していると思われる。

「実家で飼っていた猫と同じだ」
「・・・そうなの?初めて聞いた・・・」

今まで猫の話題が出なかったとは思えない。
けど、そこまでの話はしていない可能性もある。

「何か問題でも?」
「そうじゃないけど・・・」

意外な場所、意外な出逢いで、意外な事実を知った。
そうこう話をしているうちに、猫にすり寄っていたからだ。

「好きだったの・・・猫?」
「嫌いか?」

好き嫌いじゃなくて、知らなかったことが心に引っ掛かった。

(言ってくれても・・・)

私の気持ちを察するわけでもなく、彼は猫とじゃれ付いている。

「かわいいぞ」

別にかわいくないとは思っていない。

(・・・ん?やだぁ・・・)

気付けば猫の顔は目やにで、やけに汚れていた。

(No.255-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.254-2]できる男

No.254-2

「ふ~ん、まぁ・・・そんなこともあるんじゃない?」

貴代美(きよみ)が一応の同意を見せた。

「当時、若かったし・・・それに」
「それに?」
「どうしていいか、分からなかった」

当時、好きになった女性がいた。
一応、友達以上の関係はあった。

「でもな・・・彼女の気持ちがつかめなくて」

微妙な関係にその内、不安や焦りを感じ始めた。
そんな時、偶然そのサイトを見つけた。

「相手がしびれを切らしてもう一度メールが来たら・・・」
「・・・あなたの勝ち!みたいなことね」

貴代美の言う通りだった。
好きな人のことなら四六時中、考えている。
だから、メールの返事を待ち侘びている・・・と。

「それで・・・試したの?」
「・・・だから、今、貴代美と付き合ってるだろ?」

今思えば、返事を返さなかったのが別れた原因ではない。
言うなれば、その引き金を引いたようなものだった。

「僕に“できる男”は無理みたいだよ」
「そうみたいね」

言葉とは裏腹に、やけに貴代美の表情がやさしい。

「でも、“できる男”が“モテる男”って書いてなかったでしょ?」

(No.254完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »