« [No.252-1]ひざのぬくもり | トップページ | [No.253-1]後ろ姿 »

[No.252-2]ひざのぬくもり

No.252-2

「それにしても気持ち良さそうね」

股座の猫は、お構い無しに気持ちよく寝ている。
気のせいか、寝息さえ聞こえてくる。

「よっぽど気に入ったんじゃない?」
「おいおい・・・」

でも、この体勢を崩すことを“申し訳ない”と感じ始めた。
それだけ、気持ちよさそうな寝顔をしている。

「・・・もう少しだけ寝かせてやるか」
「そうしてあげて」

猫の体温・・・温もりが伝わってくる。
それに“ポワン”とした何とも言えない心地よい匂いも・・・。

「・・・やっぱり、どいてもらう」
「大丈夫だよ、迷惑じゃないから」

別に、ひっかかれる訳でもなく、単に寝ているだけだ。

「だめ!どいてもらう!」

眞理子(まりこ)の口調がいつになく強い。
・・・と同時に、猫を抱きかかえ、ソファーへ移動させた。

「どうしたんだよ?」
「余りにも気持ちよさそうだったから」

“だったらなぜ?”と言いたくもなる。

「今度は・・・私の番なの」
No252

(No.252完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.252-1]ひざのぬくもり | トップページ | [No.253-1]後ろ姿 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.252-2]ひざのぬくもり:

« [No.252-1]ひざのぬくもり | トップページ | [No.253-1]後ろ姿 »