« [No.251-1]恐怖の日曜日 | トップページ | ホタル通信 No.065 »

[No.251-2]恐怖の日曜日

No.251-2

「寝込んだ初日が日曜日だったの」
「数日間寝込んだ・・・だったよな?」

言う通りだ。
月曜日も、火曜日も同じ環境で寝込んでいた。
でも、あることが違った。

「ある・・・こと?」
「そう・・・それが怖かったの」

日曜日は朝から静かだった。
草木がこすれる音は、それが風の音だとわかるくらいだ。
でも、しばらくすると・・・。

「近所の友達とかの声が聞こえだしたの」

まどろみの中で、子供のはしゃぐ声が聞こえる。
近いような、遠いような・・・距離感がつかめない。

「・・・それが恐怖・・・?」
「そうよ」

彼がもう一度、キョトンとした顔をする。
恐らく誰もがこんな反応を示すだろう。

だからこそ、納得させられる説明も理由もない。

「今でも、時々似たようなシュツエーションがあるわ」

大人になっても、その感覚が残っている。
さすがに怖くはないものの、独特の違和感は感じる。

「ねっ、意味不明な話でしょ?」
「そうだな・・・でも、試してみる価値はあるな・・・隣に寝ていい?」
「となり?隣・・・!?」
「もぉ!知らない!」
No251
(No.251完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.251-1]恐怖の日曜日 | トップページ | ホタル通信 No.065 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.251-2]恐怖の日曜日:

« [No.251-1]恐怖の日曜日 | トップページ | ホタル通信 No.065 »