« [No.250-2]寂しげな雪だるま | トップページ | [No.251-2]恐怖の日曜日 »

[No.251-1]恐怖の日曜日

No.251-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-------------------------------
「どうして?」と言われても、納得させられる説明は無理だ。
世の中、そんなこともあると片付けて欲しい。

「恐怖の日曜日?」

彼がキョトンとした顔をする。

「夏に向けて最新のホラー映画か?」

予想していた通りの反応だった。
彼じゃなくても、そのあたりの答えが返ってくるだろう。

「私の日曜日の話なんだけど・・・」

子供の頃、ある感覚を持った。
なぜ、今更そんなことを話すのか、自分でもよく分からない。

「感覚・・・?」
「うん・・・感覚という言葉もシックリ来ないんだけど」

多分、小学1、2年生の頃だったと思う・・・。
風邪か何かの病気で数日寝込んだことがあった。

薄暗い室内・・・。
閉め切ったカーテンの隙間から、外の明かりが漏れていた。

「・・・全然、ホラーっぽくないけど?」
「だから・・・誰もホラーだって言ってない!」

その時、室内に違和感を感じた。
今ならそれが、まどろみだと分かる。
起きているような寝ているような・・・変な感覚だった。

「話はそれるけど、日曜日とはどんな関係が?」

それるどころか、それが話の要だ。

(No.251-2へ続く)

|

« [No.250-2]寂しげな雪だるま | トップページ | [No.251-2]恐怖の日曜日 »

(011)小説No.251~275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.251-1]恐怖の日曜日:

« [No.250-2]寂しげな雪だるま | トップページ | [No.251-2]恐怖の日曜日 »