« [No.251-2]恐怖の日曜日 | トップページ | [No.252-1]ひざのぬくもり »

ホタル通信 No.065

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.013 バナナ入れ 
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:?

かなり初期の作品で、今見ても恥ずかしい限りの出来栄えで
すが、がむしゃらな“勢い”だけでも感じて頂ければ幸いです。

話の主軸である、バナナ入れ
それをブログで公開していたこと・・・これらについてはほぼ実
話です。
ただ、ラスト部分に“私が問い掛けられる”シーンがありますが
これは事実ではありません。

この話・・・変り種の話ではありますが、もうひとつ大きな特徴
があります。
読んで頂けると分かりますが、当ブログの管理人“ホタル”が
(多分)最初で最後の登場をしています
この小説を発表した頃、ホタル通信はまだスタートしていませ
んでした。
従って、実話度などを公表する予定もなかったわけですから、
それを意識せず、事実を淡々と書いていました。小説に登場
ホタルは管理人本人です。
でも、奇跡的に男性か女性か分かりません(笑)そもそもホタ
ルという名は、それも意識して生まれました。

さて、小説に少し触れておきます。
今でも、“たかがバナナ入れ”の話で、とても盛り上がったこと
を覚えています
わざわざ色々な形のバナナを試しに入れてみる・・・ただそれ
だけなのに、幸せな気持ちになれました。
最後にですが、登場する愛子は、“せいじゅうろうシリーズ”に
登場する“菜緒”と同一人物です。
web拍手 by FC2

|

« [No.251-2]恐怖の日曜日 | トップページ | [No.252-1]ひざのぬくもり »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.065:

« [No.251-2]恐怖の日曜日 | トップページ | [No.252-1]ひざのぬくもり »