« [No.245-2]四次元の世界 | トップページ | [No.246-1]大人な私 »

ホタル通信 No.062

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.152 偶然の再会 
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

前回の「ホタル通信No.061」に登場した喫茶店が話の主軸
になっています。

大阪のとある地下街で小説と同じように、ちょっと迷子になった
ことがありました。・・・で、そんな時、有りがちな「さっきもここを
通った」が、現実にも起きました。
実は、この迷子の一件に喫茶店は無関係なんですが、その地
下街のどこかにあることは知っていました。
迷子の事実から、迷いというキーワードが生まれ、その結論付
けに、喫茶店の話を取り入れました。

喫茶店に居た彼からメールが来る・・・と言う話は、ほぼ実話で
す。ただ、人物設定は性別も含めて内緒です。
この時に、松ぼっくりの写メも来ましたが、話の流れには全く関
係はありません。喫茶店が印象に残っている理由付けをする小
道具に使いました

ラストの展開は、わりと早い段階で決めていました。
前述したように迷子から迷いのキーワードを生み、悲しい結末で
終らないためにも“迷わない”というキーワードが生まれました。
ただ、創作から生まれたものであっても、当時の心境を代弁して
いたようにも思えます。

偶然の再会・・・もしかしたら、その喫茶店は実在しないのかも
しれません。あなたは喫茶店に誰の面影を映しますか?
No062
web拍手 by FC2

|

« [No.245-2]四次元の世界 | トップページ | [No.246-1]大人な私 »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.062:

« [No.245-2]四次元の世界 | トップページ | [No.246-1]大人な私 »