« [No.243-2]from H.F | トップページ | [No.244-1]ニアミス »

ホタル通信 No.061

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.157 いつものアレ 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

星の表示上、実話度20%ですが、限りなく0%に近い話です。
ただ、いつものようにきっかけは存在しています。

前回の「ホタル通信No.060」と似ているのですが、ふたつの事
実・・・というより、ふたつのキーワードが存在しています。
ひとつ目は、気合
小説上の彼女には実在のモデルが存在しており、その人がと
ある場面で「気合」という表現を使ったのが印象的でした。
「これから仕事なので気合入れます!」のようなメールが届き
ました。
加えて、彼女が気合を入れた場所が「No.152 偶然の再会」
登場した喫茶店です。気合と言っても、気持ちを新たにする意
味があったようです。

ふたつ目は、靴ひも
これはひとつ目のキーワードである気合とは、全く無関係です。
自分のスニーカーの靴ひもがよくほどけていた事実のみを切り
取りました。これについては、これ以上膨らむエピソードはあり
ません。
なぜ、ふたつのキーワードで創作したのか、今となっては覚え
ていませんが、結び直すという行為に、何かしらの心境を重ね
合わせようとしたのかもしれません。
その時に、“気合”というキーワードを持っていたので、それを
組み合わせたのだと思っています。

そこそこ、終り方は気に入ってはいるものの、実話度が下がれ
ば下がるほど、作り物感は上がっていきます。
極力、ショートショート風にならず、現実にも十分起きそうなこと
で話を締めくくれたら・・・それが作者の想いです
web拍手 by FC2

|

« [No.243-2]from H.F | トップページ | [No.244-1]ニアミス »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.061:

« [No.243-2]from H.F | トップページ | [No.244-1]ニアミス »