« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

[No.245-1]四次元の世界

No.245-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
「なぁ、四次元の世界って信じる?」
「なによ、急に・・・」

小学生の時、あるテレビ番組をよく見ていた。
UFOや怪奇現象などの不思議現象を取り上げた番組だ。

「その番組は知らないけど・・・それがなに?」
「たまに四次元の世界の特集があるんだ」

今風に言えば“パラレルワールド”だろうか。
四次元と表現するだけで、なんとなく昭和の匂いがする。

「それで、トンネルとかに入って出たら・・・」

何らかの理由で四次元の世界に通じてしまう。
ただ、あくまでも番組上、そうなっていただけに過ぎない。
トンネルもそうなるきっかけのひとつだと・・・。

「初めて聞く話だけど、分からなくもないわね」
「だろ?」

トンネルを抜けると、そこは四次元の世界だった・・・。
有名な小説のワンフレーズのようでもある。
トンネルはある意味、そんな雰囲気を持っている。

「ねぇ、そもそも四次元の世界って?」
「僕もテレビの受け売りだけど・・・」

四次元とは言っても、今存在している世界と全く変わらない。
違うのは、四次元の世界に“僕”が存在しないことだ。

「だから、親も友達も“あなた誰?”ってなるんだ」
「パニくるわね・・・そうなると」

遠くに小さく明かりが見える。
トンネルを抜けるにはまだ時間が掛かりそうだった。

(No.245-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.244-2]ニアミス

No.244-2

「ニアミス・・・だったね」

正しくは、ニアミスに成りかけた・・・と、いうべきだろう。
運よく、未遂で終ったのだから。
ただ、今回は妙にピタリと当てはまる言葉だ。

「でも、よく思い出したな」
「なんか嫌な予感がしてなぁ・・・場所を決めた後」

女の勘というべきだろうか。
それとも、動物的に危険を察知したとか・・・。

「とにかく、良かったよ」

いずれにせよ、事故は起こらなかった。
それで十分だ。

「・・・で、なんで待ち合わせ場所をここにしたの?」
「なんでって・・・」
「ほら、相当離れているだろ?家から」

自分で疑問を投げておきながら、自分で答え見つけた。

「・・・そっか、離れているほうが、出逢わないよな」

そう、単純なことだ。

「そうともいえへんやろ?」

珍しく僕の意見に反論する。

「どんなに離れていても、出逢うこともあるやん?」
「うちらのように」
「・・・だな」
「それじゃ、レッツ・ゴォー!」

待ち合わせ場所をなぜここにしたかは、すぐに分かった。

「ここにも、沢山売ってるんだな・・・リラックマが」
No244

(No.244完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.244-1]ニアミス

No.244-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
『ごめん!場所変更できる?』

理紗(りさ)から、メールが入った。
さっき待ち合わせ場所を決めたばかりだった。

『いいよ、どこでも大丈夫だから』
『じゃ、明日・・・で』

待ち合わせ場所は、僕の家からはそう遠くない。
けど、理紗の家からは相当離れている。

「最初の場所でも良かったのに」
「うちも、そのほうがええんやけど・・・」

何か理由があるのは明白だった。

「理由でも?」
「うん・・・彼がその日、待ち合わせ付近にいるねん」
「だから・・・?」

理紗が小さくうなずいて、こう続けた。

「逢いたくないねん!」

他人が聞けば、彼氏と上手く行っていない話になる。
そして僕は、その相談に乗る男友達・・・。
あるいは浮気相手に見えるのだろうか。

「相変わらず、上手く行ってないね」
「そやかて、嫌いなんやもん」

それでも別れず付き合っているのには理由がある。
その理由は僕も知っている。
だから、これ以上、話を展開させる気はない。

「でも、ほんま、危なかったわ!」

彼と付き合うきっかけになったサークルの集まりがあるらしい。
その集合場所近くに、待ち合わせ場所もある。
それをスッカリ、忘れていたらしい。

(No.244-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.061

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.157 いつものアレ 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

星の表示上、実話度20%ですが、限りなく0%に近い話です。
ただ、いつものようにきっかけは存在しています。

前回の「ホタル通信No.060」と似ているのですが、ふたつの事
実・・・というより、ふたつのキーワードが存在しています。
ひとつ目は、気合
小説上の彼女には実在のモデルが存在しており、その人がと
ある場面で「気合」という表現を使ったのが印象的でした。
「これから仕事なので気合入れます!」のようなメールが届き
ました。
加えて、彼女が気合を入れた場所が「No.152 偶然の再会」
登場した喫茶店です。気合と言っても、気持ちを新たにする意
味があったようです。

ふたつ目は、靴ひも
これはひとつ目のキーワードである気合とは、全く無関係です。
自分のスニーカーの靴ひもがよくほどけていた事実のみを切り
取りました。これについては、これ以上膨らむエピソードはあり
ません。
なぜ、ふたつのキーワードで創作したのか、今となっては覚え
ていませんが、結び直すという行為に、何かしらの心境を重ね
合わせようとしたのかもしれません。
その時に、“気合”というキーワードを持っていたので、それを
組み合わせたのだと思っています。

そこそこ、終り方は気に入ってはいるものの、実話度が下がれ
ば下がるほど、作り物感は上がっていきます。
極力、ショートショート風にならず、現実にも十分起きそうなこと
で話を締めくくれたら・・・それが作者の想いです
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.243-2]from H.F

No.243-2

「from H.F・・・って、縫い付けてあったろ?」
「そうよ」
「英語の文法がおかしいよ」

“僕へ”贈ったのだから、“from”じゃおかしい。

「“to”の間違いだろ?」

イニシャルが恥ずかしいと言うより、これを気にしていた。
もちろん、彼女のことを気遣って・・・の意味でだ。

「間違ってないわよ」
「僕だって、そこそこ英語はできるほうだぞ」

からかわれているのか、天然なのか・・・。
もしかしたら、意味を間違ったまま覚えている可能性もある。

「“to”は“~へ”で、“from”は・・・」
「もぉ!そんなの小学生でも分かってるわよ」

どうも話のつじつまが合わない。
明らかに間違っているのに、間違っていないと言う。

「だったら・・・」
「私のイニシャルは?」

(イニシャル・・・?今、どんな関係が・・・)

「えっ・・・と、永恵(ひさえ)、杉・・・だから、H.S・・・だろ?」
「今は違うけどね」
「今は永恵(ひさえ)、福・・・だから、H.Fよ」

改めて考えれば、結婚した後は僕のイニシャルと同じだ。
僕と同じ・・・まさか・・・。

「まぁ、私も幼かったしね」

ようやく“from”の意味が理解できた。
そう・・・彼女は間違っていない。

「あの時は、あなたのお嫁さんになるつもりで居たわ」

(No.243完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.243-1]from H.F

No.243-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
「覚えてるか?黒い巾着・・・」

元カノの永恵(ひさえ)とは、今でも付き合いがある。
もちろん、今は単なる友人に過ぎない。

「覚えてるわよ・・・それが?」
「年末に大掃除してたら出てきたんだ」
「あっ!・・・も、もちろん、大切に保管してたよ」

押入れの片隅でホコリを被って・・・ともなれば機嫌を損ねる。
別れたとは言え、多少のウソは必要だ。

「えっ!まだ持ってたの?」

やや、軽蔑のまなざしで僕を見ている。
大切にしていたと言うウソが逆効果となった。

「いやぁ、そのぉ・・・写真とか手紙は捨てたから!」
「なんで、捨てちゃうのよ!」

だから女はめんどくさい。
しばらく、攻防が続いた。

「と・に・か・く・・・その巾着なんだけど」

付き合い始めて間もない頃、黒い巾着袋を貰った。
手作り感バッチリが微笑ましくも思えた。

「そう言えば・・・あなた一度も使ってくれなかったよね?」

僕が言う前に永恵が先に聞いてきた。
僕もそれについて話すつもりだった。

「イニシャルが恥かしかった?」

赤のフェルトで大きく“H.F”と、縫い付けられていた。
それは紛れも無く、僕のイニシャルだった。

「・・・確かにそうなんだけど・・・」

恥ずかしい理由は、やや別のところにあった。

(No.243-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.242-2]自分のことより

No.242-2

「お待たせ!」

僕の心配をよそに、すぐに次の日曜日がやってきた。

「連れてきたかい?」

それには答えず、カバンの中から彼らを取り出した。
どうやら、それが答えの代わりらしい。

「・・・雰囲気違わない?」
「そりゃ、温泉に行くんやもん」

せいじゅうろうは、見たことがある風呂敷を担いでいる。
コリラックマは、何やらオシャレな耳飾りが印象的だ。
・・・で、キイロイトリ・・・。

「それって・・・」
「どう見ても、温泉風やろ?」

温泉風をどう定義付けるかは別にしても、確かにそんな風に見える。
頭の上に乗っているものが、それだとすれば・・・の話だ。

「タオル・・・それ?」
「当りぃ~!」

ベタだけど、それなりに雰囲気が出ている。
それに、手作りらしい苦労の跡も見える。

「そっか・・・じゃ、出発しよう!」

しばらくして、温泉に到着した時、あることに気付いた。
確かに、彼らの準備は万全だった。

ただ、菜緒自体の準備はイマイチだった。
  No242
(No.242完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.242-1]自分のことより

No.242-1  [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
「次の日曜日、温泉に行かないか?」

特に深い意味はない。
寒さが続いている毎日に対する、ひとつの答えのつもりだ。

「ほんまにぃ!」
「ほんま、ほんま」

菜緒の余りの喜びように、つい俺も大阪弁で返してしまった。

「なぁ・・・」
「分かってるよ」

その一言と表情で、言いたいことが伝わってくる。
相変わらず、自分のことより、あいつらのことを考えている。

「ええの!?」
「ええよ」

短い言葉で会話が進む。
ただ、そろそろ確認しておかないと誤っていたら大変だ。

「せいじゅうろう達を、連れてくるんだろ?」
「うん!」

今回は果たしてどんな展開を見せてくれるのだろうか・・・。
あいつらが登場すると、嬉しいハプニングが起こる。

「そうと決まったら、準備、準備!」

(まぁ・・・そりゃそうだな・・・)

ただ、次の日曜日までまだ数日ある。
多少、気の早い準備に、いつもの予感が走った。

(No.242-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.060

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.11 記憶と想い出と 
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性   

この話はふたつの実話から構成されています。それぞれの実
話には本来、関連性はありません。

ひとつ目は、街に関係した話です。
札幌から大阪へ引越ししてから、ちょうど2年位が経過した頃
の心境を話にしました。
住み慣れた街を懐かしむ、と言うのではなく、ふと・・・言い知
れぬ寂しさに似た感覚が私を襲いました。
大阪の生活にも慣れ、心の余裕が逆にボンヤリする時間を作
ってしまったせいなのかもしれません。

ふたつ目は、彼と別れた話です。
当時「宛先がないエラー」が返ってきませんでしたので、相手
に届いていても無視されていたか、メールフォルターで即ごみ
箱行きだったと思います
時間の経過は創作です。2年経過したことは事実であっても、
1年ぶりのメール・・・4年が過ぎたことは未来を過去のように
書いています。

初期の作品ですので、恥ずかしい限りです。
当時は心境を独り言のように語るパターンが多く、今読むと懐
かしささえ覚えます。
「当時、そう言えば○○で悩んでいたな」と
ふたつの話をひとつにしたのは、想い出と記憶・・・そこに何か
を感じたからです。それぞれの言葉にはそれぞれの意味があ
る。単に言葉の違いだけじゃなくて。

どちらかの話が想い出で、残る片方の話は記憶なのかも知れ
ません。でも、想い出が記憶になり、記憶が想い出になること
もあるでしょう。あの日、私の出した答えです。
No060
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.241-2]糸

No.241-2

「こんなのもあるわよ」

意外と友人が話に乗ってくる。

「糸が切れた凧」

(糸が切れた途端・・・・でも・・・)

「それって・・・悪い意味かな?それとも良い意味?」
「悪いほうじゃないの?」

糸が切れてしまった凧の行く末はイメージ通りだと思う。
風に流され、いずれ人知れずどこかに落ちてしまう。

「でも、自由になれたと考える人もいるんじゃない?」

一見、優雅に泳いでいるけど、自由が効かない。
右へ左へ、高く低く・・・誰かにコントロールされているとも言える。

「だから糸の切れた凧は自由になれたと?」
「そりゃ、末路は悲惨かもしれないけど・・・」
「でも・・・必ず、そうなるとも言えない・・・か」

哲学者がもうひとり増えた格好になった。

「・・・なによ?ニヤニヤしちゃって」

私たちの関係を糸で言うなら・・・。

「ねぇ、私たちを糸で表すなら“切っても切れない糸”ってどう?」

正直、今まで何度か切れかけたことはあった。
でも、切れたことはなかった。
その見えない糸を、人は友情というのだろうか。

(No.241完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.241-1]糸

No.241-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
糸っておもしろい。

例えば、運命の赤い糸。
赤い糸につながれた二人が出逢うべくして出逢う。
見えない糸をまるで手繰り寄せるかのように・・・。

例えば、緊張の糸。
ひとつのミスも許されないピンと張り詰めた心。
でも、ひとたび切れてしまうと・・・。

例えば、絡み合った糸。
気づけば糸って案外、複雑に絡み合っている。
決して、そんな気はなかったのに・・・。

糸って、人との繋がりや心境をうまく代弁してくれる。

「蜘蛛の糸はどう?」

友人が私の話に付け加える。
あの有名な小説に出てくる、蜘蛛の糸のことだろう。

「そうね、一筋の希望・・・と言ったところね」
「でもさぁ、どうしたの急に?」

友人が言うのも無理はない。

「最近、色々あってね」

考えごとをしている内に、少し深みに入ってしまった。

「哲学者みたいよ」
「そう見える?」

たまにはそんな気分にもなる。

(No.241-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.240-2]平行線

No.240-2

「かげでコソコソ動いてるんじゃない?」

(最近、休み時間に居ないのはそのせいね・・・)

隠れて勉強しているに違いない。
私を油断させておいて、一気に引き離すつもりだ。

「多分、2-Cに居ると思うよ」
「2-C?」

(なんでだろう・・・あっ!)

そう言えば、幼なじみが居ると聞いたことがある。
それも、こちらとは違い学年で1、2を争う秀才だ。

「・・・あの子に教えてもらってるのね!」
「教えてもらってる?変なこと言うわね」

若干、冷静さを失い、クラスメートの言葉に反応できずにいた。

「私にもその情報教えてよ!」

急にライバル心が芽生えてきた。
今までもなくはなかったが、こと勉強に対しては初めてだ。

「いいけど・・・」
「多分、勘違いしてるわよ」

友達のまま、平行線を長く保つ・・・。
告白し、交差する・・・でも、別れたら二度と交われない・・・。
亜矢(あや)が、そんなことを言っていたらしい。

「これで2-Cに居る理由が想像できない?」
「友達・・・告白・・・2-C・・・あぁ!」

大急ぎで、彼への告白を阻止しに向かった。

(No.240完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.240-1]平行線

No.240-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
「平行線・・・交差・・・」

休み時間にもかかわらず、勉強熱心なクラスメートだ。
数学らしき言葉が途切れ途切れに聞こえてくる。
そう言えば、もうすぐ試験も近い。

「ねぇ、ねぇ!それってどこからの情報?」
「情報?」
「だって、ほら、平行線とか・・・」

ただ、ひとつ気になるところがある。
そもそも試験に出るような範囲ではない気がする。

(まぁ・・・真剣に授業を受けてなかったけど)

自分が知らないだけかもしれない。
実際、そうだったことが何度もあるからだ。

「言うなれば、亜矢(あや)からの情報かな?」
「亜矢?珍しいわね」

なにせ、亜矢とはクラスでも1、2を争っている。
もちろん、悪い方で・・・だ。

「急にやる気出しちゃって・・・どうしたのかな?」
「やる気・・・?それより、まずいんじゃない?」

そうだ・・・まずい。
亜矢がその気になれば、クラスの最下位がいつも私になる。
それはなんとしても避けたい。
私にだって、それなりのプライドはある。
レベルの低いプライドかもしれないが・・・。

「それで、亜矢は今どこに居るの?」

授業の開始まで待てない。

(No.240-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.059

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.168 鉄道員 
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性   

登場人物の設定やラストの展開以外は、ほぼ実話です。色々
な想い出の中でも、結構印象に残るエピソードでした。

小学生の頃、悪意はなかったものの「悪ふざけ」は日常的でし
た。きっとその中で、人を傷付けてしまうこともあったでしょう。
この話が印象に残っているのは、後半に書いた「曲を聴くまで
は・・・後ろめたいものまで感じた」の心境があったからです。
替え歌・・・とは言っても、たかが小学生レベルですから、歌詞
になるほどでもなく、“て・っ・つ・どうい~ん!”のようにただ
「鉄道員」を連呼するような程度でした。

鉄道からイメージされる列車、旅・・・
どこか楽しげでワクワクする感覚。そんなノリで“鉄道員”を連
呼していたところに、実際の曲が届きました。
小説を書いた時にも、メロディは鮮明に覚えていましたが、改
めてネットで探して聴いてみると、当時にも増してその物悲し
さが伝わってきました。
多分、今になってその映画自体がどんな内容であったかを知
ることになったのも影響していると思います。

冬のホタルでは、話が悲しいまま終ることはありません。その
ために、このような終り方にしました
オルゴールにまつわる話・・・誰もが、とは言えませんが、そこ
そこあるんじゃないかと思っています。それを狙って佐江(さえ)
が私から話を聞き出して曲を決めた・・・そんな背景です。

物悲しい曲なんですが、それだけでは片付けられない、そんな
不思議なメロディです。
No059_2
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.239-2]似た人を好きになる

No.239-2

「最近ね、モノマネ番組見てて気づいたの」

(モノマネ番組?)

「潜在意識と何か関係が?」
「そうじゃないけど、見てて気づかない?」

そう言われても、積極的にモノマネ番組を見ていない。

「なによ・・・もったいぶっちゃって」
「モノマネする人ってさぁ・・・」

彩音(あやね)が、自前の理論を展開し始めた。
但し、お世辞にも論理的とは言えない。

「ちょ、ちょっと待って・・・」
「・・・で、結論を言えばこういうこと?」

自分なりに彩音の話を要約し、先に結論付けた。
間違っていたとしても、このまま話を続けられるよりはマシだ。

「・・・あ、うん・・・そうよ、その通り」

彩音が言うにはモノマネする人は、される人に顔がどこか似ている。
だから、声も似るのだと。
そう考えると、逆もまた真だ。

「顔が似てると声も似る」
「そう、だから声が似てると顔も似るの」

なんとなく、本当の結論が見えてきた気がする。
私が選んできた男性達。
彼らが選ばれた本当の理由・・・大急ぎで思い出す・・・。
あの時、あの瞬間の・・・。

「・・・きっと、同じ声の人に惹かれていたのかもしれないね」

(No.239完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.239-1]似た人を好きになる

No.239-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
過去、好きになった人達の顔は、どことなく似ている。

「そりゃ・・・ね、誰でもタイプはあるんじゃない?」

彩音(あやね)と男性アイドルの話になった。
それが、昔の彼氏の話に置き換わっていった。

「前の彼氏、確かにあのアイドルに似てるわね」

もちろん、顔の好みだけで人を好きになるわけではない。
結果的にそうなっている。

「それを世間では“顔で選んでいる”と言うのよ」
「あくまでも結果がそうなの!・・・何でかは分からないけど」

もしかしたら、本当に顔だけで選んでいるのかもしれない。

「だから・・・」
「・・・続かないとでも?」
「いやぁ~・・・そこまでは言ってない」
「顔は言ってる!」

強く否定はできない。
実際、一度も1年以上続いたことがない。
顔で選んでいると言われても仕方がない状況だ。

「そんなつもりはないんだけどなぁ・・・」

無意識・・・そう、無意識に何かがすり込まれている。
きっと、潜在意識の中で、選り好みしている可能性がある。

「潜在意識?大きく出たわね」
「違う?」
「違わなくはないけど・・・」

彩音が肯定しながらも、やんわり否定し始めた。

(No.239-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.238-2]なんだよ・・・。

No.238-2

「そんなの、考えすぎ。疑心暗鬼よ」

(そうなのかなぁ・・・)

「以前、花見に誘われたことがあっただろ?」

誘われてはいたものの、体調不良で行けなくなった。

「そんなの仕方ないじゃん!」
「結果的に、雨が降らなくて済んだとも言える」
「あなたが参加しなかったから?」

それから何となく、屋外のイベントには参加しづらくなった。

「でも、誰も知らないわけでしょ?」

確かに僕が雨男だとすれば、そのことは知らない。
もちろん、積極的に言うはずもない。

「まぁ、今、一人にバレたけどな」

なぜ、彼女にだけ話したのか、自分でも分からない。
偶然、会社を出る時に一緒になり、こうして駅まで歩いている。

「この調子なら記録更新はないかもな」

いつも建物から出た途端、雨が降って来た。
でも、今日はそれがない。

「良かったじゃん、雨男じゃなくて・・・」
「・・・なんだよ、ちっとも嬉しそうに見えないけど」

さっきまで心配していた彼女とは雰囲気が違う。
なんだか、ガッカリしたような・・・そんな感じにも見える。

「今日なら相合傘で帰れると思ったのに」

僕が雨男だということを、いつ知ったのだろう・・・。

(No.238完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.238-1]なんだよ・・・。

No.238-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
「なんだよ・・・」

通用口を一歩出た途端、静かな夜がざわめき始めた。
急いで中へ戻り、置き傘を取りに戻った。

俗に言われる雨男、雨女・・・。
そこには科学的な根拠はない、単なる偶然の産物だ。
でも、それが何度か続くとそう思いたくもなる。

「もともと降り出しそうな空なんでしょ?」

それは間違いない。
晴天時に雨雲を呼んでくるほどの力は持ち合せていない。

「でもなぁ・・・これで4回連続なんだよ」
「4回?それなら、まだまだ偶然の範囲よ」

そこに数学的な根拠があるとは思っていない。
ある意味、慰めも含めた発言と捉えている。

「それに、記録更新中なんだぜ」

昨日、雨を呼んだ・・・それで4回目だった。
予報では今日も天候は不順だ。
今の所、雨が降っていないから余計、心配になる。

「子供じゃないんだから・・・」
「別に、雨が嫌いとか、怖いとかじゃないよ」

ただ、外に出るのは怖い。
出た瞬間、ポツリポツリ・・・と雨に打たれでもしたら・・・。

「たかが雨でしょ?」
「それとも雨男、決定!が気に入らないわけ?」

「一般的には好かれないだろ?」

特に、屋外のイベントには呼ばれない。
いや・・・もう既に呼ばれていないような気がする。

(No.238-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.058

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.140 誰をダマしたの? 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性
   

この話のきっかけになったのは、1つの記事です。その記事は
社内向け健康関連の冊子に掲載されていました。

ストレス解消のひとつに「涙を流す」方法があるようです。これ
については、初めて聞く話ではありません。
例えば、失恋というストレスは、思いっきり泣くことで、スッキリ
する・・・良く聞く話ですし、実際そうだと思います。
その記事で興味深かったのは、その涙が自分の経験からくる
ものでなくても構わないことです。
自分の経験と重ならないような、シリアスなドラマで泣いても、
コメディドラマで笑いすぎて泣いてしまったとしても、涙を流すと
いう行為に違いはないとのこと
詳しい話は専門家に譲るとしても、涙と共にある種のストレス
物質が流れだしている・・・と、考えられているようですね。

話としては私がよく使用する“謎解き風”の構成です。
その記事を見て、小説化しようと考えた時には、既に謎解き風
をイメージしてました。
最初から脳の話が出てくると、どうしても話が固くなるうえ、説
明調の展開になってしまいがちです。
それを避けるため、会話の中でそれらを遠回しに説明するよう
な方法にしています。

この話にはちょっとした後日談があります。
No.229 止まった時間」に登場する相手の女性に、記事の内
容を話すことになりました
その小説を読んで頂ければ理由を分かって頂けると思います。No058
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.237-2]かごの中のネコ

No.237-2

「野良猫でしょ?」

姿を見ないのは当たり前・・・と言わんばかりの表情だ。

「そうなんだけど、驚かしちゃったかな・・・ってね」

普段なら、もっと早い時間で帰宅している。
たまたま、その時だけ、深夜近くの時間になってしまった。

「そんな遅くまで何してたのよ?」
「そこは関係ないぃ!」

単に「仕事の都合よ」・・・と正直に答えればすむことだ。
ただ、正直に答えるのには、それはそれで寂しいものがある。

「まぁ、その内、白状してもらうけどね」

(早めに誤解を解いたほうがよさそうね)

「と・に・か・く、お気に入りの場所から追い出したようで・・・」
「後味が悪い?」

あの日だけ、偶然そこに居たとは思えない。
いつもなら、既に安泰の時間帯だったはずだ。
それを私の帰宅が遅れたことで、壊してしまったような気がする。

「相変わらず、やさしいわね・・・でも、さぁ・・・」
「なによ」
「それって猫じゃなくて、“実は男でしたぁ!”って、オチは無しよ」
「バカなこと言わないの!」

あの夜以来、そっとかごの中を確認するのが習慣になった。
そして、ある日・・・。

(あっ・・・戻ってきてる!)

どうやら、お気に入りの場所は私の自転車の方だったようだ。

(No.237完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »