« [No.231-1]季節外れの運動会 | トップページ | ホタル通信 No.055 »

[No.231-2]季節外れの運動会

No.231-2

怒涛のごとく、競技が進んで行く。

「もうすぐ、クライマックスや!」

(菜緒やせいじゅうろう達は、そりゃ楽しいだろ!)

どうでも良かったことに不満を言い出す始末だ。
案外、自分って小さい男だと感じ始めた。

(そう言えば、さっきから・・・)

菜緒が時々、メモらしき紙を手にする。

「それ、何だよ?」
「これ?競技の順番・・・ほら、見てええよ」

確かに、タイムスケジュールが書かれてある。
運動会風に言えば、式次第だろうか。

「えっと・・・最後は・・・組み体操?」

あることが頭をよぎる。
そうなんだ・・・こいつらは、どう考えても組めない。
なんせ、フニャフニャなぬいぐるみだからだ。

「もう一度、聞くけど組み体操だよな?」
「そうやけど、ほら!時間、時間!」

答えを聞けぬまま、組み体操の時間になった。
まぁ、いい・・・どうせ、もうすぐ答えが分かる。

「最後は、せいじゅうろう達による組み体操です」
「演目は、ひ・・・り、です」

夏の陽射しを受けて、さんさんと輝く、あの花が咲いた。
   No231
(No.231完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.231-1]季節外れの運動会 | トップページ | ホタル通信 No.055 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(010)小説No.226~250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.231-2]季節外れの運動会:

« [No.231-1]季節外れの運動会 | トップページ | ホタル通信 No.055 »