« [No.235-2]真珠のような女 | トップページ | [No.236-1]朝靄のユーロスター »

ホタル通信 No.057

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.122 謎の計算式 
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性
   

推理小説の謎解きのような出だしかもしれません。数学的でも
あり科学的でも有り・・・です。

この小説に出てくる数値は実話です。
数値を実話と言うのも変ですが、ある事実を数値的に計算して
おり、ある事実は後半に説明している通りです。
結論を言えば、彼と過ごした時間を小説しているのですが、単
純に過ぎた時間を計算しているのではなく、二人の間だけに流
れた時間を切り取り、それを小説のテーマとしました。

テーマは先に述べたような理由で決めましたが、書こうと思った
きっかけは別のところにあります。
ラストに書いた「私の人生を変えてくれたんだ」の部分を言わば
計算で証明しようとしたものです。
友達や恋人というような決まった型のお付き合いではなく、彼と
は、パートナー的な関係でした。
ドライな言い回しをすれば利害関係で成立していた関係だと言
えます。それもあって逢える時間が有限であることが話の主軸
になりました。

人生80年として、たった0.003%の人が本当に私の人生を変え
てくれました
とても苦しい思いもしましたが、彼と出逢えてとても感謝してい
ます。
No057
web拍手 by FC2

| |

« [No.235-2]真珠のような女 | トップページ | [No.236-1]朝靄のユーロスター »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.057:

« [No.235-2]真珠のような女 | トップページ | [No.236-1]朝靄のユーロスター »