« [No.233-2]360円の思い出 | トップページ | [No.234-1]ハズレの景品 »

ホタル通信 No.056

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.161 生命の足音 
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性
 

この話は、読者の人からテーマを頂いて作った話です。話の
相手である女性をその読者として設定しています。
但し、現実の読者が男性であるのか女性であるのかは伏せ
させていただきます

話の軸になるのは、(小説中の)女性の不思議な体験です。
気持ちが通い合う人たちの間で起こる俗に言う“虫の知らせ”
の経験談を、冬のホタル風に仕上げてみました。
前半は経験談を会話調に変更し、後半はほとんど創作して
います。
多少なりとも人の死について触れた話であることから、良い
意味で、笑って終われるラストに仕上げました。

実は小説中の私(男性)が、疑問に思いながらも話を発展さ
せなかった部分があります。
前半の「それにもう一つ、亡くなった相手が誰かと言うことだ」
がそれであり、これに対する明確な答えを書いていません。
後半に“虫の知らせは親しい間柄に起きる”と入れたことを、
遠回しにその答えとしました。

小説中の私(男性)が、その答えを聞くことをためらっていたか
らなんですが、現実の作者である私もためらっていました。
でも、それを察してくれたのでしょうか・・・こちらから聞かずとも
読者の人がその人との関係を話してくれました

最後になりますが、この話には続きがあります。
決して暗い話ではなく、むしろとてもさわやかな話なのですが
その人だけに続編のような形式で、コメントを贈らせて頂きま
した。
No056
web拍手 by FC2

| |

« [No.233-2]360円の思い出 | トップページ | [No.234-1]ハズレの景品 »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.056:

« [No.233-2]360円の思い出 | トップページ | [No.234-1]ハズレの景品 »