« [No.231-2]季節外れの運動会 | トップページ | [No.232-1]空のつながり »

ホタル通信 No.055

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.193 石ころ 
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性   

優等生的な発言をすれば、誰も見ていなくても自分で決めた
ことはやり遂げる・・・そんなとこでしょうか。

何気なく石ころを蹴る。
最初の頃は、すぐにどこかへ飛んで行ってしまい、それが長
くは続かない。でも、ある日、家まで蹴り続けることができま
した。その時、子供心に達成感があったことを記憶しています。
そこにルールを作ったのは、途中で投げ出さないための自分
なりの考えだったと思います。
  “家まで石ころを蹴り続けなければ、悪いことが起こる”
こんなバカげたことを、子供は真剣に考えるものです。実際に
オカルトめいたことが起こるわけでもなく、モチベーションとか
プレッシャーに通じるものなんでしょうね。

話の構成はほぼ事実で、何度が田んぼに石ころは落ちはし
ましたが、私自身が落ちて泥まみれになったことはありません。
冒頭、多少興味深いエピソードが必要と考え、創作してみま
したが、これによって思いのほか話がスムースに進行したよ
うに思えます。

それから・・・○×年が経過しました。
今の私は、その頃と少しも変わっていないのかもしれません。
こうやってブログを続けているのも、石ころと同じ理由なのか
も知れません。
長い長い帰り道ですから、いつか、田んぼに落ちてしまうこと
もあるでしょう。その時、そのまま家路についてしまうか、泥
まみれなるのかは、正直分かりません。

なんだが急に、道端の石ころを蹴ってみたくなりました。
No055
web拍手 by FC2

|

« [No.231-2]季節外れの運動会 | トップページ | [No.232-1]空のつながり »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.055:

« [No.231-2]季節外れの運動会 | トップページ | [No.232-1]空のつながり »