« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

[No.237-1]かごの中のネコ

No.237-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
「ワッ、うっぉ!」

夜の住宅街へ声がこだまする前に、反射的に口を押さえた。
そのため、うめき声にも似た、おかしな声になった。

「な、なによ・・・もぉ!」

仕事から帰宅し、マンションの駐輪場へ自転車を置いた。
その瞬間、隣の自転車のかごの中から、何かが飛び出した。
それが今、やや離れた場所に居る。

「おどかさないでよ、まったく・・・」

私の気持ちとは裏腹に、恨めしそうな目でこっちを見ている。
何となく、その理由は分かる。

「理由?・・・猫から聞いたの?」
「・・・な、わけないでしょ!」

昨日の出来事を友人に話した。

「かごの中で、寝てたと思うの」
「それがあなたに起こされた、と・・・・そんな展開ね」

自転車を止めた時、何となく、隣のかごの中に目がいった。
そして、そこで丸まっている何かを見つけた。

「・・・で、その瞬間、飛び出してきたわけよ!」
「向こうも相当、驚いたんじゃない?」

確かにそれは言える。
尋常ではないスピードで、かごから飛び出したからだ。
けど、そのままどこかへ逃げて行くことはなかった。

「よぽど、お気に入りの場所じゃないの?」
「うん、多分そうなんだろうけど・・・」

でも、あれ以来、その猫の姿を見ていない。

(No.237-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.236-2]朝靄のユーロスター

No.236-2

その時の心境は夢から覚めても残っている。
不安だけではなく、何らかの期待感も持ち合わせている。

「期待感?」
「様々な窓の景色、乗り合わせる乗客・・・かな?」

夢が続いていたら、どんなドラマが待っていたのだろう。
夢だけに、夢が広がる。

「言い換えれば、新生活、人との出逢い・・・とか」
「イケメンと、いい雰囲気になってたりして!」

それにしてもこの夢は何を暗示しているのだろうか。
確かに、今の心境・・・そう思える部分もある。
何でもありだったはずの夢を必死に分析する。

「思うんだ・・・どこに行きたいのかを見つける前に」
「自分がどこにいるのか分かってる必要がある」

そんな暗示のような気がしてならない。

「だから目が覚めたのではなくて・・・」
「そう・・・多分、続きが無かったのだと思う」

(何に迷ってるのかな?私・・・)

「いつか、列車に乗り込む夢を見られるよ」
「うん、何とかしてみる」

とにかく、思い当たる迷いと対決しなきゃいけない。

「ところで、そのユーロスターって、東京発なの?」
No236
(No.236完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.236-1]朝靄のユーロスター

No.236-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
大きな鞄を手に、駅のホームに立つ。
乗り換えのため待つのは、山吹色が眩しいユーロスターだ。

(でも、私はどこに行こうとしているのだろうか?)

それ以前に、どうしてここに居るのかさえ分からない。

『・・・行きは、2番線に到着致します』

頭の中では、日本語として理解している。
でも、スピーカーからは聞いたことが無い言葉が流れている。

(少し前まで誰かと居たような気がする・・・)

なぜだか、とても大切なことを思い出せない。

「ねぇ、どう考える?」
「いきなり、意味深な夢ね」

初夢の内容を友人に聞いてもらった。
言葉通り、新年早々、意味深な夢を見た。

「夢って、今の心境を代弁するじゃない?」
「・・・だから?」
「今の心境が、その夢って、ことかな」

夢は何でもありの世界で、平気で理不尽なことが起こる。
その割に今回の夢は、ストーリー仕立てになっている。

「雰囲気的に、これから旅立ち!って、感じよね」
「・・・で、続きを聞かせてよ」

残念ながら駅で待っている時に目が覚めた。

(No.236-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.057

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.122 謎の計算式 
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性
   

推理小説の謎解きのような出だしかもしれません。数学的でも
あり科学的でも有り・・・です。

この小説に出てくる数値は実話です。
数値を実話と言うのも変ですが、ある事実を数値的に計算して
おり、ある事実は後半に説明している通りです。
結論を言えば、彼と過ごした時間を小説しているのですが、単
純に過ぎた時間を計算しているのではなく、二人の間だけに流
れた時間を切り取り、それを小説のテーマとしました。

テーマは先に述べたような理由で決めましたが、書こうと思った
きっかけは別のところにあります。
ラストに書いた「私の人生を変えてくれたんだ」の部分を言わば
計算で証明しようとしたものです。
友達や恋人というような決まった型のお付き合いではなく、彼と
は、パートナー的な関係でした。
ドライな言い回しをすれば利害関係で成立していた関係だと言
えます。それもあって逢える時間が有限であることが話の主軸
になりました。

人生80年として、たった0.003%の人が本当に私の人生を変え
てくれました
とても苦しい思いもしましたが、彼と出逢えてとても感謝してい
ます。
No057
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.235-2]真珠のような女

No.235-2

「昨日、積極的だったじゃん!」

友人が飲み会の一部始終を見ていたらしい。
そういうところは目ざとい。

「それで、結果は?」
「結果が良好なら、こんな顔してないわよ」

別に告白して振られたわけではない。
でも、未遂のまま振られたような感じがする。
その結果、2次会で荒れた。

「だって、私と全く逆のタイプが好きなんだもん!」
「何て言われたの?」

飲み会の会話を再現して見せた。

「真珠・・・のような人?」
「そう、その瞬間、終わったと思った」
「ふ~ん・・・」

友人が急にニヤニヤ、私を見る。
言葉は悪いが、どこか薄ら笑いしているようにも見える。

「な、なんなのよ」
「告白してみたら?」
「だから、タイプが違うって!」

結局、友人の強引さに負けて告白することになった。
そして、彼とつきあうようになった。

「ねぇ、真珠のような人って?」
「人は傷つくからこそ美しくなれる・・・そう思わない?」

(No.235完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.235-1]真珠のような女

No.235-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)=相手(女性)
---------------------------------------
「好きなタイプか?」

職場に気になる彼がいる。
思い切って、飲み会の席で好きな女性のタイプを聞いた。

「特にこだわりはないけどな」
「なにか、ひとつぐらいあるでしょ!」

つい、食い下がってしまう。
突破口を開くには、ひとつでも情報が欲しい。

「そ、そうだな・・・」

彼が引いているのが分かる。
逆効果と思えるほどの私の気迫に押されたせいだろう。
けど、何も発展しないよりは、ずっとましだ。

「ねっ!あるでしょ」

なかば強引に結論に迫る。

「あると言えばあるかな」

(だから、早く結論を言ってよ!)

「で、なに?」
「真珠のような人」
「真珠って、パールのこと?」

ピュア、清純・・・そんな言葉が似合う。
他とは違う、自己主張しない、控えめな宝石と言える。
つまり、私とは正反対の宝石なんだ。

(No.235-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.234-2]ハズレの景品

No.234-2

「あれ?まだ枯れてない」

毎日、目にしていたはずなのに、改めて気づいた。
鮮やかな赤が、一向に衰える気配がない。

「2週間は経過したよな?」
「そうね・・・あの日からだと、それくらいよね」

花をもらっても、すぐに枯れるイメージがある。
だから、もらっても仕方がない・・・というのが持論だ。

「でも、何でだろう?」

確かに余っていた花の栄養剤を与えた。
でも、そうとも言えない雰囲気がある。

「知ってる?植物ってね、話しかけると・・・」

聞いたことはある。

「・・・で、話しかけてたの?」
「そうよ、悪い?」
「いや、そうじゃなくて」

朋子(ともこ)の意外な一面を見た。
全く、そんなタイプではないからだ。

「僕もそうしてみるよ」

その日から、僕も積極的に話しかけるようにした。
その赤い花とそして彼女に・・・。
No234
(No.234完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.234-1]ハズレの景品

No.234-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-------------------------------
正直、僕は嬉しくない。

「えっ!一等なの?」

僕の気持ちとは裏腹に、朋子(ともこ)がはしゃぐ。
引きの強さが今回だけは僕に災いした。

「そんなに好きじゃないだろ?」
「そう?時と場合によるけど」

朋子がくじ引きで一等を引いた。
くじ引きと言っても、商店街の気持ち程度のものだった。

「クリスマスにはお似合いでしょ」

景品として、鉢植えの花を当てた。
鮮やかな赤が印象的だけども・・・。

(これなら2等以下のほうが・・・)

自分的に好みの景品が並ぶ。
安物だと分かっていても、もらえるとなると別だ。

「なに、ボケっとしてるのよ」

僕に鉢植えを押し付けて、歩き出した。

「これ、どうするんだよ」
「どうするって、育てるに決まってるでしょ!」

それから2週間が経過した。

(No.234-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.056

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.161 生命の足音 
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性
 

この話は、読者の人からテーマを頂いて作った話です。話の
相手である女性をその読者として設定しています。
但し、現実の読者が男性であるのか女性であるのかは伏せ
させていただきます

話の軸になるのは、(小説中の)女性の不思議な体験です。
気持ちが通い合う人たちの間で起こる俗に言う“虫の知らせ”
の経験談を、冬のホタル風に仕上げてみました。
前半は経験談を会話調に変更し、後半はほとんど創作して
います。
多少なりとも人の死について触れた話であることから、良い
意味で、笑って終われるラストに仕上げました。

実は小説中の私(男性)が、疑問に思いながらも話を発展さ
せなかった部分があります。
前半の「それにもう一つ、亡くなった相手が誰かと言うことだ」
がそれであり、これに対する明確な答えを書いていません。
後半に“虫の知らせは親しい間柄に起きる”と入れたことを、
遠回しにその答えとしました。

小説中の私(男性)が、その答えを聞くことをためらっていたか
らなんですが、現実の作者である私もためらっていました。
でも、それを察してくれたのでしょうか・・・こちらから聞かずとも
読者の人がその人との関係を話してくれました

最後になりますが、この話には続きがあります。
決して暗い話ではなく、むしろとてもさわやかな話なのですが
その人だけに続編のような形式で、コメントを贈らせて頂きま
した。
No056
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.233-2]360円の思い出

No.233-2

「母からね、特別におこづかいを貰えたの」

年に何度も出掛ける場所ではない。
それもあってのことだろう。

「で、いくらほど?」
「そこがポイントなんだ」

その思い出は、どちらかと言えば、ほろ苦い。
決して悲しくはないにせよ、楽しくもない。

「360円の人形買うんだから・・・」
「でも、1つ・・・ってこともないか」

そう・・・おこづかいの額と人形の数が問題だ。
そして、そこに複雑な思いが存在した。

「3つなら、いくらになる?」
「・・・1080円だよね」
「でね、おこづかいは、1000円なの」

別に人形を3つ欲しかったわけじゃない。
ただ、もう80円あれば・・・そんな思いを持っていた。

「言い出せなかった?」
「まぁ、子供なりに気を使ったのかもね」

お陰で、欲しいものを絞り込む目が養われた。

「へぇ・・・原点はここにあったんだ」
「どう言う意味よ?」
「合コンのあなたの目利きは大したものよ」

(No.233完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.233-1]360円の思い出

No.233-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-------------------------------
「360円の思い出?」

子供の頃の話になった。

「それって、安っぽい話?」
「失礼ね!」

・・・とは言うものの、話の出だしが悪かった。
見方を変えればそうとも言えなくもない。

「当時、女の子向けの人形を売ってて」

有名どころの人形ではなかった。
それでも、そこそこの種類が発売されていた。

「あっ!それ、私も知ってる」

一年に2回ほど、デパートに連れられて行った。
今ほど気軽に行ける場所ではなかったことを覚えている。

「まぁ・・・そうよね」
「子供心に特別な場所だったわ」

そんな特別な場所であったから、その思い出も深い。

「その人形が360円だったんだ?」
「そうよ、でもそこから先が思い出だけどね」
「なんだろう・・・」

多分、誰も予想することはできないだろう。
人形そのものよりも、値段に秘密がある。
だから、360円の思い出なんだ。

(No.233-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.232-2]空のつながり

No.232-2

「空ってね、いろんなドラマを運んでくれるのよ」

今までとは打って変わって、ロマンチストになっている。

「例えば?」

あえて今での嘘や態度を責めなかった。
それより、今は素直に早百合(さゆり)の話を聞くことにした。

「白ワインがね、夕焼けでロゼに変わるのよ」
「あんた、夕方から飲んでるの?」
「そこ突っ込むぅ!!」

アンニュイでもロマンチストでもない、いつもの早百合に戻った。

「何もない空間なのに、どこかで繋がっている気がするの」

それは私もそう感じことがある。
同じ空の下・・・どこにいても、繋がっている。
それは空を通じて、心が繋がっているということと等しい。

「そうね・・・だけど」
「だけど?」
「まずは、飲みに行かない?白ワインを」

奇しくも、空が茜色に染まっている。

「その、ドラマってやつを聴かせてもらおうじゃない!」

ふたりで、グラスを傾けに向かった。

「ねっ!いい雰囲気でしょ?」

確かに白ワインが茜色に染まり、何ともいい雰囲気だ。
ただ、ひとつここに来て分かったことがある。
ドラマは空が運んで来るのではない。
空は舞台であり、主役は私たちなんだと。

(No.232完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.232-1]空のつながり

No.232-1

登場人物
=牽引役(女性) =相手(女性)
-------------------------------
「空って、本当は無いのにね」

早百合(さゆり)が、意味ありげな一言を言い放った。
なんとも、アンニュイな雰囲気をかもし出している。

「それって、クリスマスに彼氏不在だったことが関係してる?」
「言わないの!」

残念ながら、違うらしい。

「その言葉通りよ」
「・・・空が無いってこと?」
「私は、てっきり・・・」

サンタがどこからやってくるのか、正確には知らない。
けど、少なくとも、空を駆け巡っているイメージが強い。
だから、時期的に空・・・サンタ・・・クリスマスと連想した。

実際、クリスマス直前に彼氏と別れている。

「てっきり、クリスマスの恨み節かと思った」
「ふん!それはそれで、もう十分泣いたわ」

目の腫れには、そんな意味があったらしい。
先に聞かなくて正解だった。

「話を戻すけど、空が無いってどういうこと?」
「建物なら屋根があるけど・・・なんて言えばいいのかな・・・」
「空は空間だけ・・・と、でも言えばいいのかしら?」

空と呼ばれる部分は、単に空間でしかない。
暗い宇宙に繋がる途中が、青く見えているだけだ。

「なんでそんなに否定的なの?」
「ひとりで、クリスマスを過ごしたらそうなる・・・あっ!」

やっぱり、恨み節は続いていたらしい。
相変わらず、嘘が下手だ。

(No.232-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.055

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.193 石ころ 
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性   

優等生的な発言をすれば、誰も見ていなくても自分で決めた
ことはやり遂げる・・・そんなとこでしょうか。

何気なく石ころを蹴る。
最初の頃は、すぐにどこかへ飛んで行ってしまい、それが長
くは続かない。でも、ある日、家まで蹴り続けることができま
した。その時、子供心に達成感があったことを記憶しています。
そこにルールを作ったのは、途中で投げ出さないための自分
なりの考えだったと思います。
  “家まで石ころを蹴り続けなければ、悪いことが起こる”
こんなバカげたことを、子供は真剣に考えるものです。実際に
オカルトめいたことが起こるわけでもなく、モチベーションとか
プレッシャーに通じるものなんでしょうね。

話の構成はほぼ事実で、何度が田んぼに石ころは落ちはし
ましたが、私自身が落ちて泥まみれになったことはありません。
冒頭、多少興味深いエピソードが必要と考え、創作してみま
したが、これによって思いのほか話がスムースに進行したよ
うに思えます。

それから・・・○×年が経過しました。
今の私は、その頃と少しも変わっていないのかもしれません。
こうやってブログを続けているのも、石ころと同じ理由なのか
も知れません。
長い長い帰り道ですから、いつか、田んぼに落ちてしまうこと
もあるでしょう。その時、そのまま家路についてしまうか、泥
まみれなるのかは、正直分かりません。

なんだが急に、道端の石ころを蹴ってみたくなりました。
No055
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.231-2]季節外れの運動会

No.231-2

怒涛のごとく、競技が進んで行く。

「もうすぐ、クライマックスや!」

(菜緒やせいじゅうろう達は、そりゃ楽しいだろ!)

どうでも良かったことに不満を言い出す始末だ。
案外、自分って小さい男だと感じ始めた。

(そう言えば、さっきから・・・)

菜緒が時々、メモらしき紙を手にする。

「それ、何だよ?」
「これ?競技の順番・・・ほら、見てええよ」

確かに、タイムスケジュールが書かれてある。
運動会風に言えば、式次第だろうか。

「えっと・・・最後は・・・組み体操?」

あることが頭をよぎる。
そうなんだ・・・こいつらは、どう考えても組めない。
なんせ、フニャフニャなぬいぐるみだからだ。

「もう一度、聞くけど組み体操だよな?」
「そうやけど、ほら!時間、時間!」

答えを聞けぬまま、組み体操の時間になった。
まぁ、いい・・・どうせ、もうすぐ答えが分かる。

「最後は、せいじゅうろう達による組み体操です」
「演目は、ひ・・・り、です」

夏の陽射しを受けて、さんさんと輝く、あの花が咲いた。
   No231
(No.231完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.231-1]季節外れの運動会

No.231-1 [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性) =相手(女性)
-------------------------------
菜緒がせいじゅうろう達と遊び始めた。
ただ、明らかにいつもと違うところがある。

「・・・なんだよ、このBGM?」
「知らんの?」
「いや、そうじゃなくて」

逆に誰もが一度は聞いたと思われるBGMだ。

「いつもBGMなんかないだろ?」
「せやかて、運動会にはこの音楽やろ」

多分そうとは思っていたが、どうやら考えていた通りらしい。
ただ、かなり季節外れと言っていい。

「世間の運動会はそやけどな」
「うちらは、今が旬!」

少し、気になる言葉が含まれている。

「うちら・・・って、せいじゅうろう達のことだよな?」
「もちろん!それにうちとあんたも入ってるで」

それから、しばらく菜緒たちの運動会に付き合うことになった。
巧に彼らを操り、競技をこなして行く。

「みんな同着1位や!」

明らかに不正の匂いがする、1メートル走だった。

「ほら!みんなを誘導せな、あかんやろ!」

そう言うと、俺に彼らを押し付ける。
なぜか俺は参加者でなく、いわばスタッフらしい。
しぶしぶ、彼らを手作りの1位の旗に並ばせた。

(No.231-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.230-2]多くても少なくても

No.230-2

そろそろキーワードを整理しないとマズい。

彼の話を上の空で聞いていたのが原因だ。
つい、ケータイのゲームに夢中になっていたからだ。

「佳代子(かよこ)は、どっちだろうな?」
「私・・・?自分じゃ、よく分からないよ」
「それもそうだな」

何とか会話が成立している。
今の所は・・・。

「佳代子は若干、多い方かな?」
「じゃ、あなたは?」
「俺は、少ない方だろ?」

返事に困る。
素直に「そうね」と言えば良いのか、否定すれば良いのか・・・。

「そんなことないよ」

曖昧だけど、この瞬間はベストと思える返事だろう。
これなら、否定しながらも、強く肯定もしていない。

「まぁ、難しいよな」
「そうね」

予想に反して、テーマが分からないまま話が終了ムードだ。

(ふぅ~・・・なんとか切り抜けたようね)

緊張の時間が過ぎ、反動で気が抜けて口数が減った。

「いつもと違って静かじゃない?」
「そう?そんな時もあるのよ、私だって」

嘘っぽいことを、もっともらしく、しゃべった。

「でも、言ったろ?多くても少なくてもダメだと」
「“一言”は多くても、少なくてもダメ」

(No.230完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.230-1]多くても少なくても

No.230-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-------------------------------
「・・・う、ううん・・・」

自分でも分かるくらい、気の無い返事をしている。
彼の話に興味がないからではない。

「なっ!佳代子(かよこ)も、そう思うだろ?」
「思う!思う!」

さっきとは正反対に、今度はノリノリで応えた。

(こうなったら、最後まで話を合わせるか・・・)

正直、何の話をしているのか、分かっていない。
話のきっかけを聞き逃したからだ。
でも、その原因は私にある・・・だから、聞き返せない。

「なんてゆうか、微妙なんだよな」

彼は彼で、曖昧な表現を繰り返す。
それもあって、なかなか話のテーマが見えない。

「そうね・・・微妙よね」

相手の言葉を繰り返していれば、多少、何とかなる。
けど、話の核心に迫られると問題だ。
何となく・・・その時期が近付いて来ているように感じる。

「やっぱり、バランスが大事だろうな」
「そ、そうね・・・それが健康の秘訣よね」

バランスという言葉を聞いて、食事・・・健康と連想した。
それで、つい口に出てしまった。

「健康・・・?」

(ま、まずい!)

「・・・面白い表現だな・・・でも、そうだよな」

全くのハズレではないらしい。

「確かに、多くてもダメ、少なくてもダメ、だよな!」

(No.230-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.054

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.010 二人の足跡 
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:女性 

ストーリー的な実話度は、全くの0%と言えるでしょう。従って、
場所や登場人物の設定は作り物です。

実話度0%であっても、話を作るきっかけは必ず、存在します。
冒頭の「幼い頃の個性は成長するにつれ、単に“気の強い女”
と片付けられるようになった」の部分・・・実はこれがこの話の
きっかけになっています
これは、小説上の私(女性)のことではなく、別人がモデルに
なっています。

自分で言うのもなんですが、初期の作品の割に比較的、雰囲
気を持っていますし、改めて読んでみると現在の作風と違った
印象があります。
現在はあえて場所の描写を避けていますが、当時はそんなに
拘りを持っていませんでした。加えて、タイトルにあるように「二
人の足跡」がポイントになるため、海辺の描写がそこそこ書
かれています。

この話も回想シーンが挿入されているため、話の展開が分かり
にくいと思いますので、ちょっと整理してみます。
1話目は現在進行形で、足にケガを負い、「少し休もう」と砂浜に
腰を下ろすところから、回想シーンの2話目へと続きます。
そして、回想シーンが始まり、ラスト2行で再び現在へ戻ります。

当時、モデルとなった女性への応援歌的に作った話です。
自分自身としては精一杯、海辺のワンシーンを切り取ったつもり
で、お気に入りの作品のひとつです。
このような話は、映像が共にあれば良いですね。冬のホタルも
もうすぐ3年目に突入しますので、新コーナーを立ち上げてみよう
かとも考えています。
A0001_010312
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.229-2]止まった時間

No.229-2

倒れたのは夕食の仕度中だったらしい。
そのまま、病院で帰らぬ人となってしまった。

「そこだけ時間が止まったように見えたよ」

温かみのある空間が、無機質な空間に一変する。
そんなことを言いたげな表情だった。

「煮物が下ごしらえしてあって、それでね、それでね・・・」

そのまま何かを堪えるように、黙ってしまった。
心の準備ができていたなら良い・・・とは言わない。
けど、少なくとも、今ほど傷は深くないだろう。

「涙は痛みを和らげてくれるよ」

今はそんなことしか言えなかった。

「うん・・・じゃあ、泣くから」

まるで予告するかのようなセリフの後、今度は泣き崩れた。
それから、1年の時が過ぎた。

「もうすぐ1年だな」

彼女に電話した時、自然とあの話になった。

「そうだね・・・まだ、信じられないけどね」

あの事と関係なく、彼女は転勤で実家に戻った。

「あっ!そうだ。今度、電池を送るから」
「電池・・・?」

数日後、彼女からメールが来た。
どうやら、止まっていた時間が動き出したようだった。A0960_000660
(No.229完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »