« [No.227-2]いたずら | トップページ | [No.228-1]塩おにぎり »

ホタル通信 No.053

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.077 ヒーローの格言 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性 

自分でも、上手くオチを付けられたと思っていますが、冬のホタ
ル的にはまとまり過ぎで逆に不満な所があります。

冬のホタルでは、格言がテーマになっている話がいくつかあり
ます。・・・とは言え、格言から話を作るのではなく、事実から話
を作った時、たまたま格言に辿り着く・・・ようなものです。
ただ、この話においては、格言を目にする所から物語が始まり
ます
システム手帳、1ページに1つの格言・・・これらは事実で、今で
も愛用しています。システム手帳のバインダーは、かつて職場
の仲間から贈られた物で、とても思い出深い一品でもあります。

さて、話を進めましょう
話の展開はいつもの通り何も考えず、格言に励まされる・・・と
言う設定のみ頭の中に入れて、後はひたすらキーボードを叩い
た結果です。
話によっては、何度も書き直したり、時には陽の目を見ないこと
もありますが、この話は非常にスムースに書けました。
ただ、冒頭の通り、クセがない話だけに、普通っぽく仕上がって
いるのは、冬のホタルらしからぬ・・・ですね。

友子流の格言「ヒーローってね、守る人がいないと力が出ない
のよ」は、オリジナルで考えたものです。
・・・が、ホタル通信を書くにあたって、ちょっと気になったので、
検索してみた結果、合致するものはありませんでした。
でも、世の中広し・・・です。
私よりも先に、このセリフを使った方々・・・決してパクリではご
ざいませんので、ご了承ください。

最後に今でも手帳に目を向ける度、格言が飛び込んで来ます。
さて、さて今日の格言は・・・

    『まず、熟慮し、それから勇気をだしなさい』
                     ヘルムート・フォン・モルトケ
web拍手 by FC2

|

« [No.227-2]いたずら | トップページ | [No.228-1]塩おにぎり »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.053:

« [No.227-2]いたずら | トップページ | [No.228-1]塩おにぎり »