« [No.223-2]ブラジル | トップページ | [No.224-1]落としたメモリー »

ホタル通信 No.051

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.09 リグレット
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:女性 

初期の作品に見られがちな「明らかに何かを狙っている」作りで
あり、今振り返れば群を抜いて読みにくい話です。

読みにくさの原因は数名の登場自分が一人称で書かれている
ことです。加えて、場所や時間などの背景の描写をしていない
ために、読みにくさが倍増しています・・・すみません。
ただ、今でも背景の描写は積極的ではありません。話のテーマ
や進行に影響しない限り、書かないことがほとんどです。

さて、話を小説の内容に戻しましょう。時間と場所を順を追って
説明します
まず、そもそもこの歌詞は、ラストに登場する「私の言葉が、まだ
生きているのね」とつぶやいた人が作ったものです。それが、露
天商の手に渡り、その後、ミュージシャンへ渡る・・・。それを、女
性が耳にする所から話はスタートします。

その女性はその歌詞がきっかけで、絵本作家として成功し、例
のミュージシャンも同様です。
その絵本を、何となく手にした誰かさんが「なんだろう・・・この感
覚・・・」と心を揺らす。そして、その歌詞を考えた人も、その絵本
を手にして「私の言葉が、まだ生きているのね」と・・・。

実話度は限りなくゼロに等しいのですが、歌詞にこめられた想い
は、当時の私の心境そのものなんです
悲しい出来事から立ち直ろうとしている自分が、まさにその歌詞
の通りでした。歌詞の意味は想像していただくとしても、決して、
暗い意味ではありませんよ。
A0001_013087
web拍手 by FC2

|

« [No.223-2]ブラジル | トップページ | [No.224-1]落としたメモリー »

(102)通信No.051~075」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.051:

« [No.223-2]ブラジル | トップページ | [No.224-1]落としたメモリー »