« ホタル通信 No.049 | トップページ | [No.220-2]苦しい言い訳 »

[No.220-1]苦しい言い訳

No.220-1 [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性) =相手(女性)
-------------------------------
ケータイにぶら下がる、せいじゅうろう・・・。
こいつをストラップにするには、実は大きな勇気が必要だった。

それは菜緒と出逢って間もない頃だった。

「俺も買おうかな」

早速、有言実行のため、ロフトのリラックマ売り場へ向かった。

(さて・・・どうしたものか・・・)

購入する時は贈り物だとか、適当に理由は付けられる。
ただ、それをぶら下げるとなると・・・。

「なに、ぼやっとしてんねん」

菜緒の声で我に返る。

「せいじゅうろうを見てたんやろ?」
「あ、ごめん・・・ちょっと昔のこと思い出してたんだ」

別に隠すことでもないし、そのことを話した。
大の大人が、それも男がリラックマをぶら下げる。
同性はもちろん、異性にだってどう思われるか分からない。

「一言で言えば、キモくない?」
「うちは、今でもええと思ってるよ」

言葉通り、菜緒さえ喜んでくれればそれで良かった。
だから、逢う時だけ、ぶら下げるという手もあった。

「それだと家に忘れたりするし、それに気持ちの上でも・・・な」
「気持ちの上?」
「菜緒と同じように、いつもぶら下げていたいし」

とにかく、何か理由が必要だった。
ぶら下げても、それが当然のような理由が・・・。

(No.220-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.049 | トップページ | [No.220-2]苦しい言い訳 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(009)小説No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.220-1]苦しい言い訳:

« ホタル通信 No.049 | トップページ | [No.220-2]苦しい言い訳 »