« [No.219-2]雲が赤い | トップページ | [No.220-1]苦しい言い訳 »

ホタル通信 No.049

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.111 ヒカリとカゲ 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性 

「冬のホタル」の数ある小説の中でも、際立って人物設定が他
の話とは異なっています。

一言で言えば、タレントとマネージャーとのワンシーンを切り取っ
ています。
この話には、モデルになる人が居ます。だからと言って、世間で
知られているようなメジャーなタレントではありません。これを踏
まえて、実話度20%です
いわゆる、アキバ系とかローカル系とか・・・そんな感じをイメージ
して頂ければ幸いです。
はっきり言えば、「せいじゅうろう」シリーズに登場する“菜緒”が
モデルになっていますし、実際、彼女がそうなんです。

その彼女が、自分の活動状況を話してくれたことがありました。
これが小説を書くヒントにはなりましたが、実話度が示している
通り、話自体はほぼ創作です。
ただ「カゲのように生きてきた」のセリフを代表として、やや暗め
の雰囲気は、実話に近いものがあります。

この話を書こう!・・・と、考えた瞬間に、ラストシーンもほぼ決ま
りました
ここで、小説的なヒネリを少しだけ入れて・・・影ではなく、あえて
陰としました。物理的な影ではなく心情的な陰が消えた・・・。
また、スポットライトも物理的な光と共に、世間の光も兼ねている
んですよ。

影と陰・・・。
これをタイトルや話の途中で意識させないように、カタカナで表記
しています。
前述した「カゲのように生きてきた」と言うセリフ。作者がわざとカ
タカタにしたのですが、彼女自身もまた、影でも陰でもない・・・そ
んな気持が込められています
web拍手 by FC2

| |

« [No.219-2]雲が赤い | トップページ | [No.220-1]苦しい言い訳 »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.049:

« [No.219-2]雲が赤い | トップページ | [No.220-1]苦しい言い訳 »