« [No.217-2]変えない理由 | トップページ | [No.218-1]願いが叶ったら »

ホタル通信 No.048

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.42 わたしの説明書 
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

小説を書いた当時、血液型別などによる“自分の説明書”が少し
流行していました。

話の前半に書いてある、好きなもの、嫌いなものは、全て事実で
すが、その他の部分は対照的に創作です。
従って、彼が説明書を作り、私に贈ってくれた部分は創作になり
ます。

話のタイトルにもなるわたしの説明書
実は話の途中で、流行の説明書風に仕上げることを思いつきま
した。
小説の通り、今までの会話の中で出てきた好き嫌いを一挙に書
いていたところ、説明書のことを思い出して、そのような話の構成
することに決めました。
タイトルはそのままストレートに付けましたが、ちょっとだけ思い入
れがあり、“私”ではなく、あえて“わたし”にしています。
私(さと美)の設定は、少なくともバリバリに洗礼された都会人で
はありません。“わたし“とすることで、良い意味でどこにでも居る
普通の女の子を演出したつもりです。

この話は比較的、書き易かった小説でした。
割と創作に向いているテーマでもあり、ラストもほぼ悩まずに書き
あげることができました。
冬のホタルでは、ラストや書き始めに悩むことが少なく、中盤あた
りが最も悩むところです。

この好き嫌いが全て当てはまる人が、この世にひとりだけ居ます。
もちろん、それは私(さと美)なのですが、それは小説上だけの設
定であり、実在する人物は他に居ます
web拍手 by FC2

| |

« [No.217-2]変えない理由 | トップページ | [No.218-1]願いが叶ったら »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.048:

« [No.217-2]変えない理由 | トップページ | [No.218-1]願いが叶ったら »