« [No.215-2]予言なんてそんなもの | トップページ | [No.216-1]見返り美人 »

ホタル通信 No.047

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.181 雨男
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性 

なんとか持ちこたえていた空から雨がポツリ、ポツリ・・・。
これが何度も続けば、自分を雨男、雨女と思わない人は少ない
でしょう。

小説のように晴れを雨に変える力はありません。もともと降り出し
そうな空が前提ですから、全くの偶然と言えば偶然です。
私が外に出た瞬間に、雨が降り出したとしても、同じようにどこか
の誰かが外に出てるわけですから・・・。
このような考えが、小説を生み出すきっかけとなりました。従って
実話度は低めです。

雨は風、夕焼け、星空などと共に、冬のホタルでも度々扱う自然
現象のテーマです。ただ、何度かお話しているように、テーマから
話を作ることはありません。
今回の話は雨女だと思いこんでいた(実際そうなのかもしれない
が)女性と行動を共にすることが多かった男性が実は雨男だった
と言うお話です。
手前味噌ですが、有り触れたテーマであったにも係わらず、上手
く、まとめられたと思っています

この話は雨そのものではありませんが、前述した通り、雨は多く
の話のタネを運んでくれます。
差し出される傘、雨宿り・・・人との出逢いを演出してくれますし、
雨に降られて流される悲しみもあるでしょう。

雨男、雨女の皆さん・・・。
もしかしたら皆さんはそんな素敵な演出家なのかもしれません。
web拍手 by FC2

| |

« [No.215-2]予言なんてそんなもの | トップページ | [No.216-1]見返り美人 »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.047:

« [No.215-2]予言なんてそんなもの | トップページ | [No.216-1]見返り美人 »