« [No.213-2]ORION | トップページ | [No.214-1]ワン切り »

ホタル通信 No.046

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.70 素顔のままで
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性
 

会話のひとつひとつには、事実と多少異なる部分はありますが、
ほぼ100%実話です。但し、100%のお決まりで、語り手はあくま
でも話の牽引役(今回は男性)になります。

この話をホタル通信で取り上げようと思ったのには、理由がありま
す。最近、「悪夢のエレベーター」という映画をDVDで見た時、ある
登場人物が、小説に出てくる“知美”に雰囲気が非常に近かった
からです。
特に、化粧の仕方が「白っぽい」のはそっくりでした。こんなことが
あって、フッとこの小説を思い出したのです。

知美が化粧らしい化粧をしたことがあるのを見たのは、この小説
の舞台となった時と写真の中だけでした。
もともと色黒のせいか、普通に化粧してもその対比で白っぽく見え
るのでしょうか。とにかく、自分自身でも不慣れな化粧に落ち着か
ない仕草がなんとも微笑ましくもありました。

この小説はコミカルな感じを表に出しています。

でも、少しだけ心に引っ掛かるものがあります。僕と素顔で逢うこ
とは、気兼ねなく逢える間柄だからなのか、それとも逆にどうでも
いいと考えているのか・・・。
仕事が仕事だけにさすがに化粧をしない訳にはいかず、たまたま
その瞬間に居合わせたのが、話のきっかけです。

ラストは小説っぽく、それらしくまとめていますが、実際の彼女も
心を着飾ることなく純粋でそれこそ“素顔のままで”なんです。

   A0001_001877
web拍手 by FC2

| |

« [No.213-2]ORION | トップページ | [No.214-1]ワン切り »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.046:

« [No.213-2]ORION | トップページ | [No.214-1]ワン切り »