« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

[No.220-2]苦しい言い訳

No.220-2

「理由?・・・それで見つかったん?」
「あぁ・・・だから、こうしてぶら下げてるんだけど」

・・・とは言っても大した理由ではない。
とにかく、自分が納得できればそれで良かった。

「この流れなら、理由を聞かんわけにはいけへんな」
「厄年って知ってる・・・よな?」
「目の前の人が、まさにそうやろ?」

(あれ?・・・俺、しゃべったことあったっけ?)

確かに俺は厄年だ。
それも後厄で、人によっては本厄より怖いと言う人もいる。

「せいじゅうろうと厄年か・・・関係が全然想像でけへん」

つまり、せいじゅうろうを厄除けに使った。

「お札代わり?」
「そうだよ」
「効き目なさそうやん!」

効き目以前に・・・あのダラダラぶりはまるで説得力もない。

「でも、理由をよく思い付いたやん」

実はその苦しい理由に、更に理由がある。
ほとんど言い訳に近いが・・・。

「“厄除けに効果がある物”をネットで調べたら・・・」
「自分の場合、リラックマ・・・だったという設定なんだ」

ある意味、“仕方なく付けている”感をアピールしている。
でも、別の意味では随分救われもした。
そう考えれば、厄除けの効果はあったのだろう。
Dscf1464
(No.220完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.220-1]苦しい言い訳

No.220-1 [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性) =相手(女性)
-------------------------------
ケータイにぶら下がる、せいじゅうろう・・・。
こいつをストラップにするには、実は大きな勇気が必要だった。

それは菜緒と出逢って間もない頃だった。

「俺も買おうかな」

早速、有言実行のため、ロフトのリラックマ売り場へ向かった。

(さて・・・どうしたものか・・・)

購入する時は贈り物だとか、適当に理由は付けられる。
ただ、それをぶら下げるとなると・・・。

「なに、ぼやっとしてんねん」

菜緒の声で我に返る。

「せいじゅうろうを見てたんやろ?」
「あ、ごめん・・・ちょっと昔のこと思い出してたんだ」

別に隠すことでもないし、そのことを話した。
大の大人が、それも男がリラックマをぶら下げる。
同性はもちろん、異性にだってどう思われるか分からない。

「一言で言えば、キモくない?」
「うちは、今でもええと思ってるよ」

言葉通り、菜緒さえ喜んでくれればそれで良かった。
だから、逢う時だけ、ぶら下げるという手もあった。

「それだと家に忘れたりするし、それに気持ちの上でも・・・な」
「気持ちの上?」
「菜緒と同じように、いつもぶら下げていたいし」

とにかく、何か理由が必要だった。
ぶら下げても、それが当然のような理由が・・・。

(No.220-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.049

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.111 ヒカリとカゲ 
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性 

「冬のホタル」の数ある小説の中でも、際立って人物設定が他
の話とは異なっています。

一言で言えば、タレントとマネージャーとのワンシーンを切り取っ
ています。
この話には、モデルになる人が居ます。だからと言って、世間で
知られているようなメジャーなタレントではありません。これを踏
まえて、実話度20%です
いわゆる、アキバ系とかローカル系とか・・・そんな感じをイメージ
して頂ければ幸いです。
はっきり言えば、「せいじゅうろう」シリーズに登場する“菜緒”が
モデルになっていますし、実際、彼女がそうなんです。

その彼女が、自分の活動状況を話してくれたことがありました。
これが小説を書くヒントにはなりましたが、実話度が示している
通り、話自体はほぼ創作です。
ただ「カゲのように生きてきた」のセリフを代表として、やや暗め
の雰囲気は、実話に近いものがあります。

この話を書こう!・・・と、考えた瞬間に、ラストシーンもほぼ決ま
りました
ここで、小説的なヒネリを少しだけ入れて・・・影ではなく、あえて
陰としました。物理的な影ではなく心情的な陰が消えた・・・。
また、スポットライトも物理的な光と共に、世間の光も兼ねている
んですよ。

影と陰・・・。
これをタイトルや話の途中で意識させないように、カタカナで表記
しています。
前述した「カゲのように生きてきた」と言うセリフ。作者がわざとカ
タカタにしたのですが、彼女自身もまた、影でも陰でもない・・・そ
んな気持が込められています
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.219-2]雲が赤い

No.219-2

それにしても夕焼け空は、何とも心が落ち着く。
その空の下では、誰もが詩人でもある。

「詩人?でも、今、語り出したらなぐるわよ」
「元気を出してくれるなら、構わないぞ」

どれくらいだろうか、沈黙が続いた。
でも、僕からそれを破ろうとはしなかった。

「・・・ありがとう・・・もう大丈夫だよ」
「次、頑張れはいいさ」

いい雰囲気で話が進む。

(夕焼けの効果かもしれないな)

これが雨空や、まして雷雨なら僕も立ち直れないかもしれない。

「夕焼け空って、ほんと不思議ね・・・だって・・・」

彼女が僕と同じようなことをしゃべり始めた。

「あなたが言う通り、詩人になれそうね」
「なってみたら?」

半分冗談で、半分本気だ。

「じゃ、詩人風に・・・茜色に染まるうろこ雲を見ていると想い出す」

(・・・で、なにを?)

「確か、そんな感じのスイーツが美味しい店を」

彼女が完全に立ち直ったのは、その店を出た後だった。
A0006_002542
(No.219完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.219-1]雲が赤い

No.219-1

登場人物
=牽引役(男性) =相手(女性)
-------------------------------
高速道路を運転中にあることに気付いた。

「ほら、アレ見て?」
「わぁー!大きなパン工場」

見覚えがあるパンメーカーの看板と巨大施設が目に入る。

「・・・じゃなくて!空だよ、そ・ら!」

空が茜色に染まっている。

「あなたの顔も真っ赤よ」
「それは君もだろ・・・って!話が進まないんだけど」

夕焼け空なんて、もう何度も見ている。
だからといって、見飽きたわけではない。
逆に今になって、あることに気付いた。

「綺麗な夕焼け空じゃない」
「よく見てみろよ」

空が染まっていると言うより、雲が染まっている。
途切れ途切れのうろこ状の雲がなんとも幻想的だ。

「ほんとだ・・・雲が染まってる」

普段の夕焼けがどうなっているのか・・・そんなことは抜きだ。
とにかく、余り目にしたことがない情景が広がっている。

「ロマンティックね・・・」
「そうだろ?」
「仕事帰りじゃなくて、それに隣があなたじゃなければね」

契約が取れず、落胆していたムードには丁度いい会話だ。

(No.219-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.218-2]願いが叶ったら

No.218-2

「あんた、そんなとこあるよね?」

言われる通り、そんなところがある。
だからどうした・・・朝の出来事も他人から見たらそんな程度だ。

「でもさぁ、何か良いことありそうじゃない?」
「そう?ほら、ホールインワンは逆に・・・」

クラスメートが縁起でもない話をする。

「運を使い果たした!って言いたいわけ?」

私の問い掛けに、クラスメート達がノッて来ない。

(あれ?)

なにやら嫌な予感がする。

(ホールインワン・・・ホールインワン・・・!?)

ゴルフに詳しくなくても、聞いたことがある。
そうだ・・・ホールインワンを出したら・・・。

「ようやく気付いたようね・・・まっ、冗談だけど」
「でも、願いが叶ったら、何かしようと企んでたんでしょ?」

「それは・・・」

つい、口ごもってしまった。
確かに言われた通り、心に決めていたことがある。

「もし・・・信号に引っ掛からずに学校に来れたらね」
「告白しようと思ってたの」
「もしかして、あいつ?・・・なら、あなたの隣にいるじゃない」
「えっ!?」

今日の出来事は、ホールインワンとは違ってたようだ。
運を使い果たしていない結果が待っていたからだ。

(No.218完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.218-1]願いが叶ったら

No.218-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)
-------------------------------
「随分、ご機嫌じゃない?」

クラスメートが興味有りげに声を掛けてきた。

「へへぇ・・・今日ね」

朝の出来事を話した。
駅から学校に向かう通学路にいくつか信号がある。

「そりゃ、あるでしょ?」

話の区切りが悪く、妙な疑問を抱かせた。

「・・・じゃなくて、信号にひとつも引っ掛からなかったんだよぉ!」

何となく“どうでもいい”感が一面に漂う。

「だからなに?って感じなんだけど・・・」

どうでもいいと言うより、やや怒っているように感じる。

「松本人志風に言えば、ラッキーな話?」
「ちょっと違うかな~」
「ハイ、解散!」

しびれを切らして、クラスメート達がその場を去ろうとする。
少しもったいぶったせいかもしれない。

「ごめん、ごめん!ちゃんと話すから!」

ここから一気に話した。
学校までにひとつ、ふたつ・・・全部でななつ、信号機がある。
今日、赤信号で止まることなく全て通過できた。

「それって、珍しいことなの?」
「約2年半・・・帰りも含めて、今日が初めてなんだよ!」

長年の願いが叶った瞬間だった。

(No.218-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.048

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.42 わたしの説明書 
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

小説を書いた当時、血液型別などによる“自分の説明書”が少し
流行していました。

話の前半に書いてある、好きなもの、嫌いなものは、全て事実で
すが、その他の部分は対照的に創作です。
従って、彼が説明書を作り、私に贈ってくれた部分は創作になり
ます。

話のタイトルにもなるわたしの説明書
実は話の途中で、流行の説明書風に仕上げることを思いつきま
した。
小説の通り、今までの会話の中で出てきた好き嫌いを一挙に書
いていたところ、説明書のことを思い出して、そのような話の構成
することに決めました。
タイトルはそのままストレートに付けましたが、ちょっとだけ思い入
れがあり、“私”ではなく、あえて“わたし”にしています。
私(さと美)の設定は、少なくともバリバリに洗礼された都会人で
はありません。“わたし“とすることで、良い意味でどこにでも居る
普通の女の子を演出したつもりです。

この話は比較的、書き易かった小説でした。
割と創作に向いているテーマでもあり、ラストもほぼ悩まずに書き
あげることができました。
冬のホタルでは、ラストや書き始めに悩むことが少なく、中盤あた
りが最も悩むところです。

この好き嫌いが全て当てはまる人が、この世にひとりだけ居ます。
もちろん、それは私(さと美)なのですが、それは小説上だけの設
定であり、実在する人物は他に居ます
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.217-2]変えない理由

No.217-2

「昔の彼氏とか?」

いきなり直球が来た。

「・・・じゃ、ないんだ」
「友達?なら、つまんないぃ」

どうやら昔の彼氏とのアレコレを期待していたらしい。

(そりゃ・・・私だって・・・色々あったけど)

来るはずのないメールと言うより、来るかもしれないメール。
それを待っている。
だから、メアドを変えられない。

「こっちから連絡すれば済むことでしょ?」
「それが出来ないから、困ってるの」

その相手とは訳あって、疎遠になってしまった。

「疎遠って言っても、別れたとかケンカしたとかじゃないからね」

別れ際に私が言ったセリフに、どうしてもこだわっている。

「セリフ?」
「うん・・・“落ち着いて気が向いたらメールして”と言ったの」
「・・・だから、自分からは送れない・・・と?」

意地や見栄ではないけど、彼の本心を確かめるチャンスでもある。
このまま疎遠になるか、繋がっていられるか・・・。

「メアド変更を口実にメールしたい気持ちはあるけど・・・」
「まぁ・・・分からなくもない・・・か!」

疎遠になった人に、変更を告げるにはある意味、勇気がいる。

『あなたになんかメールしないわよ!』

受け取った時に、そんなことを思われるのが怖いからだ。

「まずは、メアド変える前に、気持ちを変えないとダメね!」

(No.217完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.217-1]変えない理由

No.217-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)
-------------------------------
「さっきからメール、多くない?」

一応、マナーモードにはしている。
でも、テーブルの上では振動音が結構すごい。

「彼氏から?」
「もぉ!彼が居ないこと知ってて言うんだから」

誰から来たのか確認しなくても検討は付いている。
彼氏でもなく、友達でもない。

「両親?」
「迷惑メールよ・・・文字通り迷惑なメール」

いつの頃からか迷惑メールが来るようになった。
最近は特にひどい。

「メールフィルターとかは?」

それなりに対応はしている。
けど、きりがないのも事実だ。

「じゃ、メアドを変更すれば?」
「うん・・・そうしたいんだけど・・・」

メアドを変えてしまえば、それこそスッキリ解決する。

「そう出来ない理由がありそうね」
「そんなとこはよく気付くわね」

友人の言う通り、変えられない理由がある。

「皆に連絡するのが面倒だから?」
「それもあるかもしれな・・・」

言い終わる前に、友人の目がキラリと光る。

「はは~ん・・・」
「な、なによ・・・」
「来るはずのないメールを待つためでしょ?」

微妙に違う。
どちらかと言えば、来るかもしれないメールを待ってる。

(No.217-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.216-2]見返り美人

No.216-2

プレゼントとかなら、まだマシなのかもしれない。
私はいつしか“心”の見返りを求めていた。

「何につけても、反応が欲しくなったの」

そう思うようになってからは、自然なままではいられなくなった。
それどころか、おかしな考えさえ、生まれてきた。

「おかしな考え?」
「・・・どうして私の想いに応えてくれないの!・・・ってね」

電話やメールの内容も変わって行った。

「でも、恋愛なんてそんなものじゃない?」

助け舟・・・と言う感じではない。
友人の顔を見えれば分かる。

「私も・・・と言うより、多少あるんじゃない・・・そんなところ」

何がどうあるのか、肝心な部分には言及していない。
でも、その掴みどころがない表現が、今は妙にしっくりくる。

「それでね、自分が嫌になっちゃって」

そうなると、素直に彼とは逢えない。
自分の行動に自信がないからだ。

「逢えば逢うほど、迷惑を掛けそうで・・・」
「それだけ、想いが強いってこと!・・・それでいいじゃない」
「見返り美人になればいいのよ」

なんとなく、分かったようで、わからない表現だ。

「それって、見返りは求めるの?」

素直に聞いてしまった。

「もちろんよ!でも、返せばいい・・・彼より多くの愛情を」

(No.216完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.216-1]見返り美人

No.216-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)
-------------------------------
いつしか彼と素直に逢えなくなった。
そんな自分が嫌になっていた。

「見返りブス?」

友人がキョトンとした顔をする。
無理もない・・・私もしゃべっている最中の思い付きだ。

「私には劣るけど、あなたもそこそこイケてるわよ」

図々しいにもほどがある。

(少なくても、あ・な・たよりはマシよ!)

話をややこしくするだけなので、心の声として叫んだ。

「私は言ったのは単なるブサイクじゃなくて」
「じゃ、複雑なの?」

他人からは、漫才のネタ合わせのように見えるかもしれない。
ノリが良すぎるのも考えものだ。

「・・・もう!最初から話すから」

彼と付き合い始めた頃、彼からプレゼントを貰った。
誕生日でもなく、記念日でもなかった。

「詳しい話は省略するけど・・・お礼の意味があったみたい」

彼の予期せぬ行動に正直、驚いた。
見返りなんて全く考えてもみなかったからだ。

「まぁ・・・いい話じゃない?」
「最初はね」
「最初・・・?」

それから、そんなことが、何度か続いた。
けど、彼が何かを狙った行動でないことは分かっていた。
それは私だって、見返りなんて・・・。

「それがね・・・いつしか・・・見返りを求め始めたの」

(No.216-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.047

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.181 雨男
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性 

なんとか持ちこたえていた空から雨がポツリ、ポツリ・・・。
これが何度も続けば、自分を雨男、雨女と思わない人は少ない
でしょう。

小説のように晴れを雨に変える力はありません。もともと降り出し
そうな空が前提ですから、全くの偶然と言えば偶然です。
私が外に出た瞬間に、雨が降り出したとしても、同じようにどこか
の誰かが外に出てるわけですから・・・。
このような考えが、小説を生み出すきっかけとなりました。従って
実話度は低めです。

雨は風、夕焼け、星空などと共に、冬のホタルでも度々扱う自然
現象のテーマです。ただ、何度かお話しているように、テーマから
話を作ることはありません。
今回の話は雨女だと思いこんでいた(実際そうなのかもしれない
が)女性と行動を共にすることが多かった男性が実は雨男だった
と言うお話です。
手前味噌ですが、有り触れたテーマであったにも係わらず、上手
く、まとめられたと思っています

この話は雨そのものではありませんが、前述した通り、雨は多く
の話のタネを運んでくれます。
差し出される傘、雨宿り・・・人との出逢いを演出してくれますし、
雨に降られて流される悲しみもあるでしょう。

雨男、雨女の皆さん・・・。
もしかしたら皆さんはそんな素敵な演出家なのかもしれません。
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.215-2]予言なんてそんなもの

No.215-2

「あはは・・・」
「もぉ!笑わなくてもいいじゃないの!」
「ごめん、ごめん!」

予言のことを話すと、大笑いされた。

「考えすぎよ、そんなの」

ある時から、彼の自転車が隣に並ばなくなった。
見慣れない自転車が私達の間に、割り込むようになったからだ。

「ドラマならライバル登場!って感じね」

誰かは分からないけど、その行為に別に意味はないと思う。

「この頃から自転車が離れて並ぶようになったの」

気付いてみれば、心にも距離ができていたような気がする。
そこに来て、彼の転勤だ。
お互いの自転車の距離は、彼が居なくなる予言だったんだ。

「バカね!そんなのこじつけよ」
「だって!現実に彼は・・・」
「予言なんて昔からずっとそんなもの・・・だってね・・・」

過去を振り返って、予言に近い内容を見つけ出す。
元が抽象的だから、どうとでも取れる・・・友人が語ってくれた。

「そうなのかな・・・」
「そうなの!」

友人の言葉が力強く聞こえる。

「でも、電話してみたら?転勤先は分かるんだし」

そうなんだ・・・予言とかどうとか・・・関係ない。
自分に都合の良い言い訳をしていただけなんだ。

「後でこじつけてみたら?彼と上手く行ったわけを」
A1160_000002_2

(No.215完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.215-1]予言なんてそんなもの

No.215-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)
-------------------------------
(やっぱり・・・そうだったのね・・・)

「・・・なに、納得した顔をしてるのよ?」
「どうして分かるの?」

意識して声は出さなかったつもりだった。

「そんなリアクションでうなづいてたら、誰でも分かるわよ」
「で、何を納得したわけ?」

会社の駐輪場での出来事だった。
私の自転車と、ある男性の自転車はいつも隣同士になる。
もちろん、最初からそうなるように狙ったわけではない。

「じゃ、相手の人が狙ってたとか?」

それはそれでないと思う・・・たまたま隣であっただけだろう。
それでも毎日並ぶと、妙に親近感が出る。
逆に自転車がない時は心配になるほどだ。

「あはは・・・分かる、分かる!」

学生の頃に経験した“同じ電車”・・・と、同じシチュエーションだ。
但し、世間では一方的な思い込みの方が多い。

「そのうちね、どちらからともなく、話すようになったんだ」

自転車が結んだ縁・・・と、でも言おうか。
隣同士に並ぶ自転車のように、心の距離も近付いた。

「その割には、浮かない顔じゃない?」
「彼、転勤したの」

仲は良かったが、恋人ではなかった。

「・・・そう・・・それは残念ね・・・」
「でね、それを予言するかのようなことがあったの」
「予言?」

私が納得したのは、この予言のことだった。

(No.215-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.214-2]ワン切り

No.214-2

「あら?お帰り、早かったのね」

まだ、勘違いしたままらしい。

「あ・・・うん」

否定するには、理由を言う必要もある。
それはそれで面倒だ。

「帰りは随分と冷静になったじゃないの」
「そんなに、行く前はひどかった?」
「そりゃもう!なにかあったんでしょ?ト・イ・レじゃないことが」

友人は気付いていたようだ。
私がトイレを口実にこの場を離れたことを。

「それで、解決したの?」
「どうして分かるのよ!」
「言ったでしょ?行く前と随分違うって」

今までのいきさつを話した。
ある人・・・元彼と連絡が取れなくなった。
“現在、使われておりません・・・”
致命的と思えるメッセージしか聞くことができなくなっていた。
それでも、電話番号は残していた。

「なるほど・・・そりゃ、驚くわね」
「でも、よく考えたらね・・・1年ぐらい経過したんだし」

彼とは違う誰かに番号が与えられた結果だと思う。
そう考えるのが自然だ。
いまさら、何かを期待しようとかは思わない。

「それで冷静に戻れた・・・ってことね」
「・・・で、どうするの?」
「なんだが、ふっきれた感じがする」

夢見たことが現実になったお陰で、逆に長い夢から冷めた気分だ。

「誰だが分かんないけど感謝しなきゃね、電話の相手に」

(No.214完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.214-1]ワン切り

No.214-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)
-------------------------------
「・・・うそぉ!」
「急になにさぁ!ビックリするじゃない」

友人以上に私自身が驚いた。
決して大袈裟ではなく、一瞬、心臓が止まりそうなほどだった。
会話が途切れ、ケータイをいじりだした途端のワンシーンだ。

「ごめん・・・ちょっと・・・トイレに行ってくる」

大急ぎで店内のトイレへ向かった。

「ちょっと~漏らさないでよぉ」

背後から友人の声がした。
少なくとも心配しているような声ではない。
行く場所が場所だけに、当然、勘違いされている。
でも、今はそんなことは気にしていられない。

(いやだぁ・・・ドキドキが止まらない・・・)

とにかく、なぜか人目に付かない場所に行きたかった。
トイレに駆け込み、もう一度ケータイの画面を眺めた。

ある人への発信履歴が残っている。
相手を呼び出す音も聞こえた。

「今まで、ずっと繋がらなかったのに・・・」

1年前・・・ぐらいからだろうか。
ある人と連絡が取れなくなった。
呼び出しても聞こえてくるのは、機械的なアナウンスだけだった。

「なによ・・・いまさら!」

誰に対しての怒りか分からない。
全く予期せぬ出来事に、パニックになりそうだった。

(あっ!)

ある事に気付いた。
その瞬間から、一気にパニックもドキドキ感も冷めて行った。

(No.214-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.046

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.70 素顔のままで
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性
 

会話のひとつひとつには、事実と多少異なる部分はありますが、
ほぼ100%実話です。但し、100%のお決まりで、語り手はあくま
でも話の牽引役(今回は男性)になります。

この話をホタル通信で取り上げようと思ったのには、理由がありま
す。最近、「悪夢のエレベーター」という映画をDVDで見た時、ある
登場人物が、小説に出てくる“知美”に雰囲気が非常に近かった
からです。
特に、化粧の仕方が「白っぽい」のはそっくりでした。こんなことが
あって、フッとこの小説を思い出したのです。

知美が化粧らしい化粧をしたことがあるのを見たのは、この小説
の舞台となった時と写真の中だけでした。
もともと色黒のせいか、普通に化粧してもその対比で白っぽく見え
るのでしょうか。とにかく、自分自身でも不慣れな化粧に落ち着か
ない仕草がなんとも微笑ましくもありました。

この小説はコミカルな感じを表に出しています。

でも、少しだけ心に引っ掛かるものがあります。僕と素顔で逢うこ
とは、気兼ねなく逢える間柄だからなのか、それとも逆にどうでも
いいと考えているのか・・・。
仕事が仕事だけにさすがに化粧をしない訳にはいかず、たまたま
その瞬間に居合わせたのが、話のきっかけです。

ラストは小説っぽく、それらしくまとめていますが、実際の彼女も
心を着飾ることなく純粋でそれこそ“素顔のままで”なんです。

   A0001_001877
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.213-2]ORION

No.213-2

♪泣いたのは・・・見せないことが・・・
  強い訳・・・君が・・・言っていたからだよ・・・♪

「へぇ~以外に上手いじゃん!」

説明するより先に、その部分を歌ってみせた。

「そうじゃなくて、歌詞に注目してよ」

何となく分かっているような感覚で聴いていた。
歌詞を目の間にしても、そうだった。

「ホントだ・・・聴いたあとに、あれ?って思う」

確かにそんな感じなんだ。
状況も歌詞も、言葉としては理解している。
でも、なんだかスッキリしない。

「先に結果を言ってから、さかのぼるように理由を話してる」

友人らしからぬ分析だった。
なるほど・・・そうかもしれない。
それに、その理由にさらに理由がある・・・そんな構成だ。

「考えている以上に、すごい歌詞かもしれないね」
「ねぇ、時間を巻き戻してみない?」

歌詞を逆から考えれば、はっきり見えてくるのかもしれない。

「そうね!」
「じゃ、始めるね」

朝、理解した内容を改めて口にしてみた。

『君が以前、言ってたよね
 “弱さを見せないからといっても強い訳じゃない”・・・と
 だから、僕は素直に泣いたんだ』

「・・・どうかな?」
「うん、いい線、行ってる・・・と、思うけど」
「・・・けど?」
「どうして、“僕”は泣いたのかな?」

学校帰りのカラオケBOXで、何度もオリオンを歌うはめになった。
A0050_000370

(No.213完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.213-1]ORION

No.213-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)
-------------------------------
(・・・あっ!)

思わず学校へ向かう足を止めた。

「わっ!」

友人の驚いた声と共に、背中に衝撃が走る。

「ちょっとぉ!・・・急に立ち止まらないでよ!」
「ご、ごめん!」

突然、あることを思い出した。
単に思い出したのではなく、“理解した”と言った方が正しい。

「急にどうしたの!?」
「歌詞の内容」

しゃべった私も友人も、なぜか放心状態に近い表情だ。
自分でも急な展開に、状況が上手く飲み込めていない。

「えっ!・・・なに?・・・お菓子が無いの?」

朝、混雑する駅のホームでの会話だ。
雑踏にまぎれて、ハッキリ聞き取れない。

「まずは、学校に行くよ!」

友人の手を引いて大急ぎで駅のホームを駆け抜けた。
私が原因で友人共々、遅刻するわけには行かない。

ようやく、雑踏から抜け出し後、改めて聞かれた。

「・・・で、美味しいスイーツの店ってどこ?」

短時間で、随分話がグレードアップしている。

「歌詞よ・・・歌詞!う・た・の・か・し!」

最近、ある歌を耳にしてから、繰り返し何度も聞いている。
その歌詞の一部に、引っ掛かる部分がある。

「その部分の前に、誰の、なんて歌なの?」
中島美嘉のORION(オリオン)よ」
「ん!?オニオン?」

どうしても食べ物に結び付けたいらしい。

(No.213-2へ続く)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.212-2]片付かないもの

No.212-2

「・・・以外に片付いてるじゃん」

彼の話とは裏腹に、荷造りがほとんど済んでいた。

「は・は~ん・・・」
「何だよ・・・」

これだから男は素直じゃない。
荷造りを口実に、私を家に呼んだのだろう。

「素直に言えばいいじゃない」

お互い、そんな性格だから発展しそうな関係も発展しない。

「素直に言ったよ、荷物の整理が大変って」
「うそ!片付いてるじゃないの」

ほとんどの物はダンボール箱に入れられている。

「ここだよ、ここ!」

彼が自分の胸を指差した。

「・・・胸・・・?・・・“心”って言うこと?」
「そうだよ、心の整理はまだなんだ」

彼の表情がいつになく真剣だった。
永遠の別れではないにせよ、頻繁には逢えなくなる。
その心の整理がついていないと言う。

「ありがとう・・・嬉しいけど・・・」
「けど?」
「私って、荷物なの?」

ある意味正解とも言える表現に、ふたりして大笑いした。

(No.212完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »