« ホタル通信 No.044 | トップページ | [No.210-2]記事を読む理由 »

[No.210-1]記事を読む理由

No.210-1

登場人物
=牽引役(男性 ) =相手(女性)
-------------------------------
今まで、ひとりだけに話したことがある。
なぜ、僕が新聞の市内記事を熱心に読み続けているかを・・・。

「やさしいのね」
「ありがとう・・・でも、そう思われたいからじゃない」

そう・・・やさしいとか、人から評価されたいわけじゃない。
単に気掛かりなだけだ。

「気を悪くしないでね」

晴菜(はるな)が気遣いながら、聞いてきた。

「分かってるよ、記事があったか、なかったか、だろ?」
「あっ・・・うん・・・聞くのもどうかと思ったんだけど・・・」

晴菜が興味本位で聞いていないことは分かっている。
それに、聞かれたくないなら、僕から理由を話したりしない。

「・・・記事はないよ、今は」

今はそうかもしれない。
でも、明日には記事が出ているかもしれない。

「毎日、心配でしょ?」
「そうとも言えるし、違うとも言える」

毎朝、市内記事を見るのが怖い。
けど、見終わった後、ホッとする。

「心配した後、記事がなければ安心できるからね」
「毎日、大変ね」
「それに関しては、当ってるな」

決して明るい話題ではないのに、場の空気は穏やかだった。

(No.210-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.044 | トップページ | [No.210-2]記事を読む理由 »

(009)小説No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.210-1]記事を読む理由:

« ホタル通信 No.044 | トップページ | [No.210-2]記事を読む理由 »