« [No.204-2]背中越しの告白 | トップページ | [No.205-2]特別な関係 »

[No.205-1]特別な関係

No.205-1

登場人物
=牽引役(男性 ) =相手(女性)  =相手(女性)
-----------------------------------------------
悪口は例え、他人のことであっても余り良い気はしない。
けど、場合により例外もある。

「ほんまに、最悪な男やで」

美菜(みな)がこの後も、延々悪口を言い続けた。
悪口を聞くのは、好きじゃない。
聞かされる苦痛より、悪口を言う人の格が下がるように思うからだ。

「そうなんだ、ひどいな・・・それで?」

いつもなら、途中で会話を遮ることもある。
でも、今回は逆に積極的に話しに乗ってしまう。

「そう思うやろ・・・ほかにもな・・・」

悪口の相手は美菜の彼氏だ。
考えようによっては、一種のノロケともとれる。

「そんなに嫌なら別れれば?」

間を飛ばして結論を言った。

「それもええな」

美菜の表情を見る限り、言葉に嘘はないと思う。
悪口自体も本気だろう。
この瞬間、あることが頭を過ぎる。

(彼氏に勝った・・・)

別に彼氏をライバル視しているわけではない。
それに、僕と美菜との関係は特別なものではない。
でも、悪口や愚痴を聞ける立場はある意味、特別なんだ。

(No.205-2へ続く)

|

« [No.204-2]背中越しの告白 | トップページ | [No.205-2]特別な関係 »

(009)小説No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.205-1]特別な関係:

« [No.204-2]背中越しの告白 | トップページ | [No.205-2]特別な関係 »