« [No.203-1]夕焼けの秘密 | トップページ | ホタル通信 No.041 »

[No.203-2]夕焼けの秘密

No.203-2

ソーラーと夕焼け・・・関連が全くないとは思えない。
ただ、どんな関係があると言うのだろうか。

「夕焼けって、なんで赤いか知ってる?」
「太陽があか・・・」

言いかけて気付いた。
感じ方は人それぞれあるだろうが、太陽はいつでも赤い。

「今、“赤い”って言いかけた?」

夏海(なつみ)が痛いところを突いてくる。

「ち、違うわよ」

ムキになるようなことでもないのに、思わず否定してしまった。
太陽がいつも赤いなら、昼間だって夕焼け空でもおかしくない。

「自分で矛盾に気付いたの!」
「まぁまぁ・・・でね、こういうことなの・・・」

夏海が解説し始めた。

「七色を・・・でね・・・空が・・・引き剥がす感じね」

夏海にしては分かりやすい話だ。
虹でもわかるように、太陽の光は正確には七色だ。
その七色の内、夕焼けは赤色が私達の目に届いていると言う。

「難しいことは抜きに空気と言うか・・・空が他の色をベリッ!と・・・」
「剥がしてるんでしょ?」

確かに、朝夕は昼間よりも通過する空気の層が長い。

「だから昼間だけは赤くならないんだ!」
「じゃあ、どうして空が青いか知ってる?」

この話の流れなら、なんとなく推測できる。

「それなら、ブルーな気持ちと同じような理由なのかな?」

(No.203完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.203-1]夕焼けの秘密 | トップページ | ホタル通信 No.041 »

(009)小説No.201~225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.203-2]夕焼けの秘密:

« [No.203-1]夕焼けの秘密 | トップページ | ホタル通信 No.041 »