« [No.209-2]身近なケンタウルス | トップページ | [No.210-1]記事を読む理由 »

ホタル通信 No.044

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.192 想い出はうつらない
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性 

この話は、買い替えをしたケータイのデータが一部移動しなかった
事実が主軸になっています。

ケータイのネタだけに、“うつらない”と漢字を用いないことで、写ら
ない・・・写真や写メのイメージを先行させるようにしました。
そうすることで前半は「?」マークが飛び交う内容になっています。

小説に書いたように、随分買い替えなかったのは、こんなことを予
想していたからです。気付いてみれば、7年間は使っていたと思い
ます
7年経過している割りには、バッテリーの持ちも良く、動作も良好で
した。贅沢言わなければそれでも十分でした。それでも買い替えよ
うと思ったのは書いたように、ひとつの区切りを付けたかったからか
もしれません。

実はこの話に裏でリンクしている話が複数あります。
その中でも特に「No.25 受信フォルダ8」と「No.62 かくれんぼ」に関
係が深い話になっています
受信フォルダ8に振り分けられるメール、ケータイに貼り付けられた
せいじゅうろう(リラックマ)のシール・・・。
小説上、それぞれの登場人物は異なりますが、紛れも無く使ってい
るケータイは買い替える前の機種です。
受信フォルダ8に振り分けられるメールこそ移動して欲しかったもの
であり、貼り付けられたシールを剥がすことに抵抗があったから・・・
買い替えを渋っていたのが本音です
  A0001_008149
web拍手 by FC2

| |

« [No.209-2]身近なケンタウルス | トップページ | [No.210-1]記事を読む理由 »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.044:

« [No.209-2]身近なケンタウルス | トップページ | [No.210-1]記事を読む理由 »