« [No.207-2]長靴の想い出 | トップページ | [No.208-1]宇宙の果て »

ホタル通信 No.043

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.171 りゅうとりゅうた
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性 

ストーリー的には実話度100%なのですが、高校生、10年・・・など
時間の経過を表現する部分は、あえて手を入れています。

“りゅう”が家に来た理由は覚えていません。もともと、猫好きだった
わけでもありません
でも、不思議なものですよね。猫の生態が分かってくると、悪く言え
ばあの身勝手な行動が逆に愛らしく思えて来ました。気を遣ってい
るようで、いないような、いるような・・・。

“りゅう”が病気で天国に行った後、“りゅうた”が家に来ました。
“りゅうた”の場合は、なぜ家にやって来たのかはよく覚えています。
ある天災が発生した時に、姉が拾って来たそうです。そうです・・・と
他人事のような表現になっているのは、その時、私は違う地域で生
活をしていたからです。

小説に書いたように、気性は荒い方だったにもかかわらず、初対面
でも、じゃれ付かれたほどでした。
たまに実家に戻ると、絶妙なタイミングで家に戻ってくる。でも、顔を
見せて、軽くじゃれ付いた後、また出て行く。犬と違い、突っ込み所
満載の猫を好きにならずにはいられませんよね

そんな彼らの影響を受けている場所や習慣。それがラストシーンを
飾ります。
戸やドアを少し開け、彼らの通り道を作っている・・・そんな習慣が抜
けていない家族に笑っちゃうようで、少し胸が熱くなります。
web拍手 by FC2

| |

« [No.207-2]長靴の想い出 | トップページ | [No.208-1]宇宙の果て »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.043:

« [No.207-2]長靴の想い出 | トップページ | [No.208-1]宇宙の果て »