« [No.205-2]特別な関係 | トップページ | [No.206-1]いくつもの顔を持つ女 »

ホタル通信 No.042

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.19 天使の輪
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性 

この話を書くきっかけはすごく単純でした。寒い時期の会社帰り、実
際に眼鏡が曇ってしまったことがありました。

いわゆる結露なので、本来なら時間の経過と共に曇りも治まって行
くのですが、マスクをしていたせいか、息をする度に曇ったり晴れた
りの繰り返しでした。そんな時、信号機を見ると赤い光を取り囲むよ
うに、光の輪が見えました
光の輪を見た時のシチュエーションは小説の通りですが、そこまで
に至る過程は創作です。

冬のホタルは心をテーマにしていますが、この話はあまりテーマら
しいものは想定していませんでした。前述通り、光の輪が印象的
だったことが話を書くきっかけだったからです。
ラストの“その光は赤から緑へ変わり、黄色に変わった”の意味は
分かりますか?当時は単に時間の経過を、信号機の色の変化で
表したつもりでした。
ところが、いざホタル通信を書き進めて行くと、心の変化も表して
いるのかもしれない・・・と考えるようになりました。
そうなると黄色で終るのは冬のホタルらしくないので、ラストを以下
に追加しておきますね。


その光は赤から緑へ変わり、黄色に変わった。

すると意味も無く元気が出てきた。
ずっと光を見てきたせいだろうか・・・光は時より心を癒してくれる。

「さぁ!行こう」

私は歩き始めた。
黄色の信号を横目に、目の前の緑の信号を・・・。
  A0001_000587
web拍手 by FC2

| |

« [No.205-2]特別な関係 | トップページ | [No.206-1]いくつもの顔を持つ女 »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.042:

« [No.205-2]特別な関係 | トップページ | [No.206-1]いくつもの顔を持つ女 »