« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

[No.212-1]片付かないもの

No.212-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(男性)
-------------------------------
彼が進学のため、引っ越すことが決まった。

「いよいよ来週だね・・・」

彼とは恋愛関係にはなかった。
とは言え、友達と呼ぶことには少し違和感を感じる。
友達以上恋人未満・・・そんな表現があてはまる。

「まぁ・・・ね」
「元気ないわね」

その理由が私と別れ別れになることであって欲しい。
それが今の素直な心境だ。

「荷造りが大変でさぁ」

(なんだ・・・そうなんだ)

「・・・それに、美沙(みさ)と頻繁に逢えなくなるだろ?」
「私はどうせ、荷造りのオマケですよぉ!」

嬉しかったけど、わざとすねて見せた。
これでお相子だと思いたい。
彼だって、照れ隠しの意味で私のことをオマケにしたのだと・・・。

「そう怒るなよ、実際、荷物の整理は大変なんだぞ」
「じゃ、手伝いに行くよ・・・時給はいくら?」

それからも、相手をからかうような会話が続いた。
お互い、湿ったムードにならないための精一杯の努力だった。

(No.212-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.045

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.04 パンドラの箱
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:女性 

第4作目の小説であり、実話度が示す通り、現在の作品作りとは
大きく仕上がりが異なっています。

特にこの頃は“実話ベースの話を作る”と言うコンセプトが確立され
ていなかったため、初期の作品に見られるファンタジー的な要素が
やや見られます
前半は、私(今日子)の心の声と占い師の会話が中心です。どうに
でも取れる結果にウンザリしている私の心情を描いています。

占いの話でありがちな「占い師に言われたことが現実に起きる」の
パターンなのですが、少しだけ工夫を凝らしました。
登場する男性も私と同じように「占いなんて・・・」と思っていた所に
現実にそれらが起きてしまう。そして、大急ぎで占い師のもとへ駆
けつけ、私と出逢う
たった数行で、これらのことを読んでくださる方に伝えるには、まだ
まだ未熟でした。

この小説はまだマシな方ですが、一人称かつ超ショートストリーを
テーマにする冬のホタルでは“時間の経過”を扱うのが苦手です。
それでも今思えば“-あれから3年が経過した-”のような一人称
であるからこその、ストーリーテラー的なセリフを入れた方が良か
ったと思います
ラストの5行では、それまでからある程度、時間が経過しています。
それに私のそばに居る男性は、あの時の男性です。

最後に“パンドラの箱”をタイトルにした理由、お分かり頂けますか?

私も彼も悪いことが続いたものの、最後に出逢いがあり、幸せにな
れた・・・それをパンドラの箱に残されていた“希望”に引っ掛けてみ
ました。

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.211-2]あの空の向こうに

No.211-2

この地で、様々な出逢いがあり、別れもあった。
彼女との出逢いも別れもそのひとつだ。

「へぇ~、ひとつひとつ、深~く、聞きたいけど」
「また今度にしておくわ」

わざと言ってるのか、それとも気付いてないだけだろうか。
妙に冷静に考えている自分に気付く。

「出逢って得るものより、別れて失うほうが多いね」

さっきよりも、余計考えさせられる言葉だ。

(失う・・・僕を失う?ってこと)

うぬぼれた考えであることは分かっている。
でも、今はそう思いたい。

「じゃ・・・失ったものって、なに?」
「あたな・・・」

期待していた答えだったが、ストレートに言われるとたじろぐ。

「・・・じゃないことは確か!本気にした?」
「こらぁ!からかうなよぉ・・・」

湿った雰囲気より、よっぽど良い展開になってきた。

「僕は弱さを失った代わりに、強さを手に入れたな」
「・・・綺麗にまとめ過ぎじゃない?」

別れる度、何だか強くなっている。
それ自体は自信をもって言えることだ。

「根本的に、間違ってるよ」
「根本からぁ?」

思わず声が裏返る。

「私達ただの同僚でしょ?失うものは最初からないじゃない!」
「じゃ、また今度!」

まるで会社帰りと同じ感覚で、出発ゲートに消えて行った。
A0007_000434
(No.211完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.211-1]あの空の向こうに

No.211-1

登場人物
=牽引役(男性 ) =相手(女性)
-------------------------------
目の前を飛行機が遠ざかって行く。
目指すは北の大地だ。
小さくなる飛行機を見上げながら、数時間前の会話を思い出した。

「今日はありがとう」
「うん・・・」

いつになく短い会話の後、沈黙が続いた。
ただ幸いなことに、ロビーは雑踏の王道を行く、ザワ付き感がある。

「私達って、どんな風に見えるのかな?」
「少なくとも、バカンスに行くようには見えないだろうな」

雑踏の中で、妙なスポットライトが当っている気分だ。
ふたりだけ別世界にいるような、そんな気分でもある。

「恋人同士に見えるかな?」
「見えて欲しい?」
「全然!」

ようやくいつもの会話のノリが戻ってきた。
このまま、このノリで乗り切りたい。

「恋人同士ではな・い・け・どぉ・・・」

やたら言葉を強調する。

「先に行って待ってるから」

同郷の同僚が、転勤で地元に戻ることになった。
僕も以前、そこに居たことがある。

「今度、逢える時、お互い、いい歳だろうな」
「かもね!」

会社勤めをしている限り、転勤先を自分で決めることはできない。
同じ職場で働けることは奇跡にも近い。

「奇跡?それなら一回使ったから、もう逢えないね」

場を盛り上げようと、わざと悪態を付いているのが分かる。
でも、確かにそうなんだ。
この地で再び出逢ったことが、その奇跡だったからだ。

(No.211-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.210-2]記事を読む理由

No.210-2

僕が記事を読み続けている理由には、ふたつ前提がある。

ひとつは記事に出るであろう人とコンタクトできないこと。
もうひとつは・・・。

「その人は、本気なのかな?」

無理もない。
口にする人ほど実行はしない・・・と言う人もいる。

「それなら、僕も記事を見ないさ」
「そっか・・・これからも載らないことを祈るばかりね」
「ありがとう」

僕がお礼を言うのも変とは感じる。

「羨ましいなぁ・・・」
「おいおい・・・できればこんな想いはしたくないよ」

そうなんだ。
全く浮かれた話ではない。

「ごめん!そこまで思われてる彼女が羨ましい・・・かな、って」

僕がこの話をしたのは、晴菜(はるな)が最初で最後だ。

「なぜ、私だけに話してくれたの?」

正直、今でもその理由は分からない。

「私の時も心配してくれた?」

晴菜とも一時期、連絡が途絶えた時があった。
こうして再び出逢えたことが、話すきっかけになったかもしれない。

(No.210完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.210-1]記事を読む理由

No.210-1

登場人物
=牽引役(男性 ) =相手(女性)
-------------------------------
今まで、ひとりだけに話したことがある。
なぜ、僕が新聞の市内記事を熱心に読み続けているかを・・・。

「やさしいのね」
「ありがとう・・・でも、そう思われたいからじゃない」

そう・・・やさしいとか、人から評価されたいわけじゃない。
単に気掛かりなだけだ。

「気を悪くしないでね」

晴菜(はるな)が気遣いながら、聞いてきた。

「分かってるよ、記事があったか、なかったか、だろ?」
「あっ・・・うん・・・聞くのもどうかと思ったんだけど・・・」

晴菜が興味本位で聞いていないことは分かっている。
それに、聞かれたくないなら、僕から理由を話したりしない。

「・・・記事はないよ、今は」

今はそうかもしれない。
でも、明日には記事が出ているかもしれない。

「毎日、心配でしょ?」
「そうとも言えるし、違うとも言える」

毎朝、市内記事を見るのが怖い。
けど、見終わった後、ホッとする。

「心配した後、記事がなければ安心できるからね」
「毎日、大変ね」
「それに関しては、当ってるな」

決して明るい話題ではないのに、場の空気は穏やかだった。

(No.210-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.044

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.192 想い出はうつらない
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性 

この話は、買い替えをしたケータイのデータが一部移動しなかった
事実が主軸になっています。

ケータイのネタだけに、“うつらない”と漢字を用いないことで、写ら
ない・・・写真や写メのイメージを先行させるようにしました。
そうすることで前半は「?」マークが飛び交う内容になっています。

小説に書いたように、随分買い替えなかったのは、こんなことを予
想していたからです。気付いてみれば、7年間は使っていたと思い
ます
7年経過している割りには、バッテリーの持ちも良く、動作も良好で
した。贅沢言わなければそれでも十分でした。それでも買い替えよ
うと思ったのは書いたように、ひとつの区切りを付けたかったからか
もしれません。

実はこの話に裏でリンクしている話が複数あります。
その中でも特に「No.25 受信フォルダ8」と「No.62 かくれんぼ」に関
係が深い話になっています
受信フォルダ8に振り分けられるメール、ケータイに貼り付けられた
せいじゅうろう(リラックマ)のシール・・・。
小説上、それぞれの登場人物は異なりますが、紛れも無く使ってい
るケータイは買い替える前の機種です。
受信フォルダ8に振り分けられるメールこそ移動して欲しかったもの
であり、貼り付けられたシールを剥がすことに抵抗があったから・・・
買い替えを渋っていたのが本音です
  A0001_008149
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.209-2]身近なケンタウルス

No.209-2

「ソファーにおった!って・・・ぬいぐるみだろ?」

この手の話には、かならず“あいつ”が関係している。

「さすがやね!」
「だろ?」

(・・・待てよ)

せいじゅうろう・・・つまりリラックマだ。
確かにぬいぐるみで、かぶりもののシリーズもある。
ついに、ケンタウルスシリーズでも発売されたのだろうか?

「それなら上がせいじゅうろうで、下はウマか?」

せいじゅうろうをクマとすれば、上がクマ、下はウマになる。
違和感がないようで、あるような気もしないことはない。

「えへへ、それが違うねん!」
「まさか、上がウマで下がせいじゅうろうとか?」
「それ、想像したないわぁ!」

ツッコミを褒められることを期待したが、気持ちわるがられた。

「じゃ、なにが違うんだよ」
「下が違うんよ」

下がウマじゃない・・・ってことになる。
そうなると、もはやケンタウルスでも何物でもない。

「じゃ、下は何だよ・・・現代風にバイクとか?」

似たような雰囲気でウマの4脚を、バイクの2輪にしてみた。

「そこそこ、おもしろいけど、現実はもっとおもしろいで」

菜緒がケータイを取り出して、写メを見せる。

「上はせいじゅうろう、下は紙袋やねん」
   090512_173101
(No.209完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.209-1]身近なケンタウルス

No.209-1 [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性 ) =相手(女性)
-------------------------------
「久しぶりじゃない?こんな話するの」

出逢った当初は、よく星の話をしていた。
菜緒(なお)が好きだったこともあり、話を合わせていた。
お互いのことをよく知らない内は好きなことの話題が無難だった。

「ほんまや!久しぶりやね」
「それにしても、急にどうしたの?」

今の時期、特に星にまつわる話題はない。

「ケンタウルスって知ってる?」
「ギリシャ神話に出てくるアレだろ?」

一応、怪物の部類なんだろうか・・・でも、あまり悪い印象はない。

「うん!上半身が馬で下半身は人間」
「・・・」

(なんか微妙に違うような・・・)

「今、ツッコむ、とこやろ!」
「わぁ!ごめん」

菜緒の勢いに押されて、つい謝ってしまった。
とにかく、この流れなら、ケンタウルス座・・・っていう展開だろう。

「で、ケンタウルス座がどうしたって?」
「・・・そんなとこは、よお気付くんやね」

いやみのようで・・・やっぱりいやみだ。
ただ、腹が立たないのは、菜緒に言われたからこそだ。

「話はそれるけど、ケンタウルスを見たんや」
「写真で?」

ネットで検索すればいくらでも出てくる。

「違うねん!ソファーにおったんや」

突っ込むべきか、その先を読むべきか・・・悩む。

(No.209-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.208-2]宇宙の果て

No.208-2

「じゃぁ、さぁ・・・果ての先には何があるのよ」

恭子(きょうこ)が私の理由も聞かずに、その先を質問してきた。
確かに理由よりも、その先が気になるだろうけど。
他のメンバーもそんな雰囲気だ。

「適当に答えた?」

恭子がいつになく、疑いの目を向ける。

「そうじゃないけど・・・」

果てがない方が、ロマンティックなのかもしれない。
有限に囲まれて暮らす私達にとっては、それこそ無限は魅力だ。

「それなら説明してよ」

適当に答えた訳ではないけど、明確な答えも持ってはいない。

(科学者じゃないんだから・・・)

それに、その分野に興味があり、知識があるわけでもない。

「・・・ないの・・・」
「えっ!聞こえないよ」
「ないの・・その先には何もない」

果てがあると言っただけで、その先に何かあるとは言ってない。

「そりゃ・・・果ての先のことは、私が言い出したことだけどぉ」
「何もないけど、今ならあるかもしれない」

きっと私を含めて、果てのことやその先まで想像したことだろう。

「今なら、みんな夢があるでしょ?」

(No.208完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.208-1]宇宙の果て

No.208-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)  =相手(女性)
-----------------------------------------------
話の発端は、思い出せないことが多い。
気付けばそんな話になっている。

「・・・でさぁ、宇宙に果てはあるのかな?」

昼間から正面切って言われると、引いてしまう話題だ。
けど、飲み会の席なら、大丈夫なことが多い。

「私は、無いと思うな」

正面に座る恭子(きょうこ)が、真っ先に口を開く。
お酒の席では、熱い話やロマンティックな話が案外似合う。

「美穂(みほ)は?」
「わ、わたし?」

正直、考えたことがなかった。
逆に、普段そんなことを考えている方が、どうにかしている。

「別に・・・どっちでも・・・」
「もう!あんたみたいな人が居るから、地球が・・・」

恭子が地球環境のことについて、熱く語り始めた。
アルコールの勢いを借りて・・・とは、まさにこのことだろう。
それに、話が脱線するのも酒の席の特長かもしれない。

「わ、わかったから・・・果ては有ると思うよ」
「えー、以外ぃ」

何が以外なのか、さっぱり検討が付かない。
それよりも、宇宙に果てがあると考えるのには理由がある。

「宇宙人にさらわれて、果てを見せられたとか!?」
「あのねぇ・・・」

どちらかと言えば、恭子の方がさらわれた後っぽい。

(No.208-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.043

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.171 りゅうとりゅうた
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性 

ストーリー的には実話度100%なのですが、高校生、10年・・・など
時間の経過を表現する部分は、あえて手を入れています。

“りゅう”が家に来た理由は覚えていません。もともと、猫好きだった
わけでもありません
でも、不思議なものですよね。猫の生態が分かってくると、悪く言え
ばあの身勝手な行動が逆に愛らしく思えて来ました。気を遣ってい
るようで、いないような、いるような・・・。

“りゅう”が病気で天国に行った後、“りゅうた”が家に来ました。
“りゅうた”の場合は、なぜ家にやって来たのかはよく覚えています。
ある天災が発生した時に、姉が拾って来たそうです。そうです・・・と
他人事のような表現になっているのは、その時、私は違う地域で生
活をしていたからです。

小説に書いたように、気性は荒い方だったにもかかわらず、初対面
でも、じゃれ付かれたほどでした。
たまに実家に戻ると、絶妙なタイミングで家に戻ってくる。でも、顔を
見せて、軽くじゃれ付いた後、また出て行く。犬と違い、突っ込み所
満載の猫を好きにならずにはいられませんよね

そんな彼らの影響を受けている場所や習慣。それがラストシーンを
飾ります。
戸やドアを少し開け、彼らの通り道を作っている・・・そんな習慣が抜
けていない家族に笑っちゃうようで、少し胸が熱くなります。
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.207-2]長靴の想い出

No.207-2

想い出はないこともない。
ただ、想い出は決して楽しいことばかりじゃない。

「へぇー・・・・それは、可愛そう」

水たまりを車が勢いよく通り過ぎた時だった。

「雨なら濡れてもいいけど、水たまりだろ?」
「何だが、コントみたい」

現実はコント以上に、悲惨だった。

「私もあるわよ」
「おっ!泥水コンビ結成か?」
「そっちじゃなくて!」

景子(けいこ)にも、水たまりの想い出があると言う。
新しい長靴を買った時のワンシーンらしい。

「それって、わざと水たまりに入りたい!ってやつ?」

(長靴を買った・・・雨が待ち遠しい・・・か)

「そう!それ!」

アニメとかで、出てきそうなシーンだ。
真新しい長靴を履いて、水たまりの中ではしゃぐ子供達。

「・・・でね、今もそんな気分なんだ」
「水たまりに入りたい?」
「バカ!違うわよ」

晴れ間が見え始めた空を見上げ、景子がこっち向いて言った。

「雨が待ち遠しいな・・・そしたら、また話せるかもしれないね」

(No.207完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.207-1]長靴の想い出

No.207-1

登場人物
=牽引役(男性) =相手(女性)
-------------------------------
「あれ?何してるの」
「見ての通りだよ」

会社帰り、駐輪場で同僚の景子(けいこ)とバッタリ会った。

「雨が止むのを待ってるの?」
「正解・・・だけど、ちょっと無理そうだな」

夕方から降り出した雨は、衰える所か勢いを増している。
無駄だと思いながらも、多少期待をせずには居られない。

「こんな雨じゃ、傘も役に立たないし」

いっそのこと、雨の中、自転車を飛ばした方が良いかもしれない。
どうせ、歩こうが走ろうが、ずぶ濡れ決定だ。

「待てばいいじゃない」
「それとも、私じゃ役不足?」

景子と積極的に会話することはない。
同僚と言えども、働いているフロアは異なる。
それでも、年齢が近かったり、何かと接点は多い。

「まとまって話すの、前の飲み会以来じゃない?」
「そうだっけ?」

あえて、覚えていない振りをした。

「仕事は順調?」
「ちょっと!仕事の話は無しにしない?」

珍しく景子が強い口調になった。

「それより、雨にまつわる想い出ってある?」

想い出と言う言葉に合わせるかのように、雨は弱まり始めた。A0006_000479
(No.207-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.206-2]いくつもの顔を持つ女

No.206-2

事情は薄々知っていたつもりだった。

幼い頃の話、中学の話・・・時代時代で、名前が異なっていた。
多分、意識はしていなかったと思う。
それを無意識に使い分けていた。

「今は、なんて呼べばいい?」

菜帆美(なおみ)をもじって、“ナオちゃん”としか呼んでいなかった。

「今?母親の姓でええよ、だから、北・・・でええよ」
「再婚してたりして」
「ほんまや!でも、えんどくさいから、もうええわ」

家を飛び出してからは、一度も戻っていないと聞いた。

「しんどかったやろ?今まで・・・」
「・・・楽ではなかったね」

なぜだか、なまりが逆転してしまった。
こんな時、大阪弁は温かい。

「なぁ・・・」
「言わんといて!」

菜帆美が会話を遮る。

「まだ、何も言ってな・・・」

今度は僕自身が話すことを止めた。
僕の言いたかったことを、どうやら菜帆美は気付いたようだ。

「ありがとう・・・でも、今は考えたくないんや」

そうだ・・・流れに任せて軽々しく言うことじゃない。

「もう、二度と名前は変わりたくないねん」
「次を最後に」

(No.206完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.206-1]いくつもの顔を持つ女

No.206-1

登場人物
=牽引役(男性 ) 
=相手(女性)
-------------------------------
何となく理由は分かっていたが、あえて聞かなかった。

「昔からの友達から手紙が届いたんよ、綾瀬(あやせ)宛てに」

たったこれだけの言葉なのに、驚くことがふたつある。
ひとつは手紙が届いたと言うこと。
今の時代、新年の挨拶さえ、メールで済ませている。

「今時、珍しいね」
「うちらも、そんな時あるねん」

そこにどんなことが書かれてあったのかは、知ろうとは思わない。
興味の先は宛名にある。

「・・・言ってなかったけどなぁ」

僕の興味顔が菜帆美(なおみ)には、困惑顔に見えたらしい。
それを察してか、彼女の方からもうひとつの“驚き”を話し始めた。

「とにかく、3回名前が変わったんよ」
「あぁ・・・うん・・・初めて聞く名前だったので」

彼女の昔話になると、色々な姓が交錯する。
それは全て彼女のことだ。
もちろん、彼女の責任ではなく、両親の離婚と再婚の結果だ。

「最初が松・・・やろ、でもすぐ離婚して母親の姓に戻ってん」
「それから再婚して綾瀬になった後、また離婚してん」

(なるほど・・・)

これなら昔話の時期によって出てくる名前が違う。
初めて聞く名前であってもうなづける。

「最後の離婚の後は?」

勢いに任せてつい聞いてしまった。

「離婚した後、家を飛び出したから、知らん」

(No.206-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.042

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.19 天使の輪
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性 

この話を書くきっかけはすごく単純でした。寒い時期の会社帰り、実
際に眼鏡が曇ってしまったことがありました。

いわゆる結露なので、本来なら時間の経過と共に曇りも治まって行
くのですが、マスクをしていたせいか、息をする度に曇ったり晴れた
りの繰り返しでした。そんな時、信号機を見ると赤い光を取り囲むよ
うに、光の輪が見えました
光の輪を見た時のシチュエーションは小説の通りですが、そこまで
に至る過程は創作です。

冬のホタルは心をテーマにしていますが、この話はあまりテーマら
しいものは想定していませんでした。前述通り、光の輪が印象的
だったことが話を書くきっかけだったからです。
ラストの“その光は赤から緑へ変わり、黄色に変わった”の意味は
分かりますか?当時は単に時間の経過を、信号機の色の変化で
表したつもりでした。
ところが、いざホタル通信を書き進めて行くと、心の変化も表して
いるのかもしれない・・・と考えるようになりました。
そうなると黄色で終るのは冬のホタルらしくないので、ラストを以下
に追加しておきますね。


その光は赤から緑へ変わり、黄色に変わった。

すると意味も無く元気が出てきた。
ずっと光を見てきたせいだろうか・・・光は時より心を癒してくれる。

「さぁ!行こう」

私は歩き始めた。
黄色の信号を横目に、目の前の緑の信号を・・・。
  A0001_000587
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.205-2]特別な関係

No.205-2

「バカね」

女友達から一蹴された。

「そんなの良くあるし、それにねぇ・・・」
「なんだ!よぉ・・・」

強がっては見たものの、語尾に力がない。
言われなくても答えは分かっている。

「まぁ、勘違いさせるつもりはないんだけどね」

まるで、自分のことのように話す。
同じ感性を持つからか・・・それとも・・・・。

「・・・女はみんなそうよ」
「男だって!・・・そうだよ」

男はそれを特別な存在と勘違いする。
彼氏に対して本気で悪口を言ったとしても、それはそれなんだ。

「それで、その人は彼氏と別れたの?」
「聞かなくても分かってるだろ」

美菜(みな)はそれからも彼氏と別れることはなかった。
逆に、僕との関係が遠のいて行った。
その時、初めて自分の思い込みに気付いた。

「余裕というか・・・特別風を吹かせていたのかもしれない」
「でもね、相談する人は選んだと思うわよ」

女性にとって特別ではなくても、男性にとっては特別な場合もある。

(No.205完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.205-1]特別な関係

No.205-1

登場人物
=牽引役(男性 ) =相手(女性)  =相手(女性)
-----------------------------------------------
悪口は例え、他人のことであっても余り良い気はしない。
けど、場合により例外もある。

「ほんまに、最悪な男やで」

美菜(みな)がこの後も、延々悪口を言い続けた。
悪口を聞くのは、好きじゃない。
聞かされる苦痛より、悪口を言う人の格が下がるように思うからだ。

「そうなんだ、ひどいな・・・それで?」

いつもなら、途中で会話を遮ることもある。
でも、今回は逆に積極的に話しに乗ってしまう。

「そう思うやろ・・・ほかにもな・・・」

悪口の相手は美菜の彼氏だ。
考えようによっては、一種のノロケともとれる。

「そんなに嫌なら別れれば?」

間を飛ばして結論を言った。

「それもええな」

美菜の表情を見る限り、言葉に嘘はないと思う。
悪口自体も本気だろう。
この瞬間、あることが頭を過ぎる。

(彼氏に勝った・・・)

別に彼氏をライバル視しているわけではない。
それに、僕と美菜との関係は特別なものではない。
でも、悪口や愚痴を聞ける立場はある意味、特別なんだ。

(No.205-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.204-2]背中越しの告白

No.204-2

「意識してたんじゃない?」
「ど、どうかなぁ・・・」
「嬉しいくせに!」

単に女子を乗せたからなのか、私だからなのかは分からない。
でも、確かにドキドキ音を感じた。
漫画やアニメの擬音として出てきそうなくらいの音だった。

「好きなんだから、ラッキーだと思わなきゃ!」

そうなんだ。
気分が悪くなったことは、言うまでもなくアンラッキーだ。
ただ、結果的にそれがキューピット役になった。

「キューピット?もう、そこまで妄想してるわけ?」
「いいじゃない!本当にそうなるかもしれないし」

言われるまでもなく、矢が放たれたわけではない。
まだ、何も始まってもいない・・・。
いや、何も始めなかった・・・と言うのが正しいのかもしれない。

「チャンスだったのにね」
「気分も悪かったし、それどころじゃ・・・」
「そんなの言い訳よ、私ならふたりでどこかへ逃避行ぉ!」

残念会のような後にもかかわらず、あいつと付き合うことになった。
あいついわく、あの時がきっかけだと言う。

「彼も好きだったんじゃないの・・・ドキドキ音を感じたでしょ?」
「そうかもしれないけど・・・」

実は、後から考えて心当たりがある。

「彼以上にドキドキしてたの私・・・」

私が鼓動で告白し、それを彼は鼓動で返してくれたんだ。

(No.204完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.204-1]背中越しの告白

No.204-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)
-------------------------------
「へぇ~それはラッキーだったよね?」
「結果的に・・・だけどね」

通学途中で気分が悪くなった。
連日の猛暑の影響もあるし、夜更かしも原因のひとつだ。

「あいつに感謝ね!」
「そうね、神々しく見えたぐらい」

道端に座り込んでいたら、クラスメートが声を掛けてくれた。
いつも私は始業ギリギリに学校に来る。
だから、通学路には人影が見えない。
それが、今日に限って、あいつも遅刻寸前だった。

「でも、上手く利用されたのかも」
「そんなこと言ったら、悪いよ」

自転車通学の彼は私を後ろに乗せて、学校まで運んでくれた。
私を介抱していたので、遅刻してしまった・・・。
あいつに対する職員室の雰囲気はそんな感じだった。

「あなたは?」
「わたし?・・・決まってるじゃない」

あなたのせいで、あいつが遅刻してしまった・・・。
職員室はそんな雰囲気でもあった。

「でも、自転車に乗せてもらえて良かったじゃん!」
「まぁね、それに・・・」

後ろに乗せてもらった時、あいつの背中にしがみついた。
その時、だった。

「あいつのね・・・鼓動が聞こえたの」

背中越しに鼓動が聞こえた。
自転車を漕いでいるせいかもしれないが、鼓動が早く感じた。

(No.204-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.041

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.60 もてポイント
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

話のキーワードとなる“もてポイント”と前半は実話で、後半になるに
つれて創作の要素が強くなって行きます。

実は“もてポイント”の“ポイント”とは、箇条書き的なポイント(1つ目、
2つ目など)ではなく、メンバーズカードのようなポイントのことです。
つまり、言い換えれば点数になります。
身長が高いこと10点、高学歴であること15点・・・この点数を付けさ
れたものを、もてポイントと名付けたようでした。

この話を書くきっかけは、この“もてポイント”と言う言葉が非常に印
象的であったことに他なりません。
造語や新語のレベルまでは達してはいませんが、うまく言葉を組合
せ、1文字だけですが略語にもなっています。女性っぽい・・・と言う
よりも、女の子っぽい表現であると感じました。
美咲の名誉のために言っておけば、ポイント付けして男性を品定め
する意味合いではなく、単純に「それ、ポイントゲット!」のようなノリ
で、もてるであろう条件に、ただポイントを付けているだけです。

後半は、もてポイントを男女逆転させ、話を展開させました。
実話は都合よく“オチ”が付きませんので、実話度が上がれば上が
るほど、締め括りが難しくなります。
この話も根本となるものは実話度が高いため、どのような結末を用
意できるのか、いつもの通り“書きながら考えて”いました。
どちかと言えば、無理に結末を考えるタイプではなく「会話を重ねて
行けば、こんな流れになるかもしれない」的な発想です。

会話を重ねて行けば、おのずと結末が完成する・・・と言えば良いの
でしょうか?冬のホタルは、ほぼそんな感じで作っています。
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.203-2]夕焼けの秘密

No.203-2

ソーラーと夕焼け・・・関連が全くないとは思えない。
ただ、どんな関係があると言うのだろうか。

「夕焼けって、なんで赤いか知ってる?」
「太陽があか・・・」

言いかけて気付いた。
感じ方は人それぞれあるだろうが、太陽はいつでも赤い。

「今、“赤い”って言いかけた?」

夏海(なつみ)が痛いところを突いてくる。

「ち、違うわよ」

ムキになるようなことでもないのに、思わず否定してしまった。
太陽がいつも赤いなら、昼間だって夕焼け空でもおかしくない。

「自分で矛盾に気付いたの!」
「まぁまぁ・・・でね、こういうことなの・・・」

夏海が解説し始めた。

「七色を・・・でね・・・空が・・・引き剥がす感じね」

夏海にしては分かりやすい話だ。
虹でもわかるように、太陽の光は正確には七色だ。
その七色の内、夕焼けは赤色が私達の目に届いていると言う。

「難しいことは抜きに空気と言うか・・・空が他の色をベリッ!と・・・」
「剥がしてるんでしょ?」

確かに、朝夕は昼間よりも通過する空気の層が長い。

「だから昼間だけは赤くならないんだ!」
「じゃあ、どうして空が青いか知ってる?」

この話の流れなら、なんとなく推測できる。

「それなら、ブルーな気持ちと同じような理由なのかな?」

(No.203完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »