« [No.201-2]特等席 | トップページ | [No.202-1]第一印象 »

ホタル通信 No.040

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.148 初恋
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

ラストの友人との会話以外は、ほぼ実話になります。時々あります
よね?一度聞いただけなのに、気になって仕方がない歌・・・。

電気街を歩いていた時でした。店頭からは売り込みの声やそれこそ
BGMなのか、有線なのか・・・とにかく色んな音が溢れていました。
その間を縫うかのように、この歌が私の耳に届いたのです。
断片的にしか聞こえて来なかったのですが、それだけでも私の心が
震えたのを覚えています。

それにしても自分の執念が凄いのか、ネット社会の成せる技なのか
とにかく、案外簡単にその歌を突き止めることができました。
小説に書いた通り、歌詞検索する以前に、直感的にそう感じる曲名
とアーティストを見つけました。
それから、それを確かめるように歌詞を探して、断片的に覚えている
メロディと重ね合わせました。

この歌は失恋ソングなんでしょうか・・・?
数ある失恋ソングとは、全く違うところがありますよね。こんなに歌詞
に共感できることも初めてでした。
関係に白黒を付けたり、未練を残している・・・そんな失恋ソングが多
い中、「友達でもいいから関係を続けたい」という歌詞です。
でも、それは自分がそう思っているだけ、そう自分に言い聞かせてい
るだけなんですよね。シンプルな言葉とシーンだからこそ、せつない
思いが伝わってきます。
A0001_000153_2
web拍手 by FC2

| |

« [No.201-2]特等席 | トップページ | [No.202-1]第一印象 »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.040:

« [No.201-2]特等席 | トップページ | [No.202-1]第一印象 »