« [No.199-2]環境が人を変える | トップページ | [No.200-1]ホタルノヒカリ »

ホタル通信 No.039

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.165 望郷の影
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

登場人物の設定、後半は事実とは大きく異なりますが、前半及び
全体的な雰囲気は実話です。

冬のホタルは心をテーマにしていることに加えて、超短編なもので
すから、場所の描写を殆どしていないのも特長です。
この小説も、“どこの場所であるか”は、あえて描写していません。
色々とヒントは書いてありますから、当ててみてくださいね。

この話を書くきっかけは、とある場所へ行った時、初めて見るはず
なのに、見慣れた風景がそこに広がっていました。これはいわゆる
デジャブではありません。
 『赤レンガ・・・道庁ぉー!』
このふたりの声で分かるように、札幌の旧道庁や大通り公園周辺
を連想させるには十分でした。
札幌を離れてから、すでに3年が経過していますが、タイムトラベル
ならぬ“瞬間移動”したような気分になりました。

それぞれの街のシンボルでもあるテレビ塔は、ますます結び付きを
強くするものがありました。ただ、都合よく、夕陽で赤く染まってはく
れませんでしたが、そう思わせてくれるほど、心の中は望郷の想い
出一杯でした。
A1070_000054
web拍手 by FC2

| |

« [No.199-2]環境が人を変える | トップページ | [No.200-1]ホタルノヒカリ »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.039:

« [No.199-2]環境が人を変える | トップページ | [No.200-1]ホタルノヒカリ »