« [No.195-2]二度目の出逢い | トップページ | [No.196-1]学習効果 »

ホタル通信 No.037

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.153 その先にあるもの
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

真意を伝えにくい小説のひとつです。ラスト近くの「ただ、その感覚
を言葉で伝えるのは難しい」のくだりは作者の本音です。

例えば、毎月同じ人と19時に逢っているとします。
夏であれば空も明るく「さぁ、これから!」と妙に元気にもなりますし
冬だともう真っ暗で「1日終ったかぁ・・・」と気落ちすると言うより何と
なく、しっとり落ち着く感があります。
そんな雰囲気の中で定期的に同じ人と逢う。ただ、それだけなのに
強烈に季節の移り変わりを意識します。

想い出は場所や物などを通じて、心に刻まれることが多いと思いま
す。私の場合、単にそれらだけではなく、まさしく“背景”の影響力が
強いのです。
これでもまだ意味がよく理解できないと思います。自分でも、うまく
説明できませんが、そう言うことなんです

『どこ行く?何しようか?』

それは真っ暗な空の下や昼間とも思える空の下で交わされた会話
です。
その会話に具体的な答えは出なくても、想い出と言う名のページに
はしっかり刻まれて行きました。
本来はもっと分かりやすい話に作り変えるつもりでしたが、前述した
通り、自分でもうまく説明できない、そんな気持ちも込めて素直に作
ってみました
  A0001_001802
web拍手 by FC2

| |

« [No.195-2]二度目の出逢い | トップページ | [No.196-1]学習効果 »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.037:

« [No.195-2]二度目の出逢い | トップページ | [No.196-1]学習効果 »