« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

[No.203-1]夕焼けの秘密

No.203-1

登場人物
=牽引役(女性 ) =相手(女性)
-------------------------------
「聞いてくれる?」

夏海(なつみ)がおもむろに問い掛けてきた。
なにやら、手にしたカタログらしき冊子が怪しい。

「何も買わないわよ」
「違うって!」

私の一言にすぐに気付き、その冊子らしきものを広げて見せた。

「エコに興味があったんだぁ」

どうやらそれはソーラー発電のカタログらしい。
確かに、今注目を浴びている。

「えっ?あっ、違うの!」
「自分から広げて見せておいて、それはないでしょ?」
「ごめん、興味あるのは間違いないけど」

どうも言ってることのつじつまが合わない。
でも、こちらから色々と質問するのもめんどうだ。
それに、そもそも夏海から問い掛けてきたこともある。

「そんなに、にらまないでよぉ・・・」

言葉ではなく、“表情”で今の心情を伝えた。

「説明するからさぁ」

予想通り、この方が話が進展する。

「ソーラーのこと、調べてたらね・・・」

夏海が説明を始めた。
ソーラーパネル・・・発電効率・・・日照時間・・・。
エコとは縁遠い私には、難解な言葉が続いた。

「・・・でね、夕焼け空なんだけど」

急に聞きなれた言葉が飛び込んできた。

(No.203-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.202-2]第一印象

No.202-2

「覚悟はいい?」
「おっ、おどかすなよ・・・」

僕の緊張が無意味に思えるほど、大歓迎を受けた。
それからも、和やかな時間が過ぎた。

「あぁ・・・良かった」

千夏(ちか)の家を後にした瞬間、無意識に口に出た。

「ほんとね!珍しいくらい歓迎されたわよ」
「珍しい?」
「以前ね・・・」

家に入る前に聞かなくて良かった話が続く。

「『また来てね!』って言ってたわよ」
「ほんと?」
「表情を見れば分かるわよ」

直接聞いた訳でもないが、確かにそんな雰囲気は感じた。
最後は名残惜しいのか、見送りまでしてくれた。

「気に入られた証拠よ」
「そうかなぁ・・・」

大喜びしたい気持ちを隠して冷静に返事をした。
なにせ、一番気に入られたい相手に気に入られたからだ。

「そうね、見た目じゃなくて、中身を見てるだろうしね!」

善人を気取るわけじゃないけど、少なくともそう判断してくれた。
だからこそ、素直に嬉しい。

「でも、じゃれつかれたせいで、毛だらけだよ」

(No.202完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.202-1]第一印象

No.202-1

登場人物
=牽引役(男性) =相手(女性)
-------------------------------
何はともあれ、まずは第一印象が肝心だ。

(いや・・・“まず”ではなく・・・)

多分、これで全てが決まると言っても過言ではない。

「ドキドキするな・・・」
「そんなに緊張しなくても大丈夫だよ」

そう言われても、千夏(ちか)の家に初めてお邪魔する。

「受け入れてもらえるかな・・・」
「そんなに、おっかなくないよ」

以前、初対面の人とは馬が合わないと千夏から聞かされた。
自分では第一印象は悪くないと思っている。
事実、今までは上手く行っていた。

「今までは?そうなんだぁ・・・」

千夏がニヤリと笑う。

「そりゃ・・・過去には・・・あるだろ?」
「大丈夫よ、別に責めてないから」

まずは、怪しい雰囲気を出さないようにしたい。
そんな“独特の匂い”を嗅ぎ付けられる恐れがある。
人を見る目は、言うまでもなく確かだろう。
今までの会話からでも容易にそれを想像できる。

「とにかく、誠意を見せたらいいんじゃない?」
「でも、上っ面だけだと、見破られるわよ」

そうこう話しているうちに、千夏の家に到着した。
そして恐る恐る玄関の扉を開けた。

(No.202-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.040

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.148 初恋
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

ラストの友人との会話以外は、ほぼ実話になります。時々あります
よね?一度聞いただけなのに、気になって仕方がない歌・・・。

電気街を歩いていた時でした。店頭からは売り込みの声やそれこそ
BGMなのか、有線なのか・・・とにかく色んな音が溢れていました。
その間を縫うかのように、この歌が私の耳に届いたのです。
断片的にしか聞こえて来なかったのですが、それだけでも私の心が
震えたのを覚えています。

それにしても自分の執念が凄いのか、ネット社会の成せる技なのか
とにかく、案外簡単にその歌を突き止めることができました。
小説に書いた通り、歌詞検索する以前に、直感的にそう感じる曲名
とアーティストを見つけました。
それから、それを確かめるように歌詞を探して、断片的に覚えている
メロディと重ね合わせました。

この歌は失恋ソングなんでしょうか・・・?
数ある失恋ソングとは、全く違うところがありますよね。こんなに歌詞
に共感できることも初めてでした。
関係に白黒を付けたり、未練を残している・・・そんな失恋ソングが多
い中、「友達でもいいから関係を続けたい」という歌詞です。
でも、それは自分がそう思っているだけ、そう自分に言い聞かせてい
るだけなんですよね。シンプルな言葉とシーンだからこそ、せつない
思いが伝わってきます。
A0001_000153_2
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.201-2]特等席

No.201-2

「来年こそは!・・・と言い続けて早・・・何年?」
「4年よ!よ・ね・ん」

別の意味で会話が弾む。
これが仕事中に見る花火でなければ、もちろん素直に見れる。
けど、今はどうしてもそんな気持ちになれない。

「来年もまたこのコンビだったらどうする?」
「その前に、寿退社してやるわよ!」

これにはあえて突っ込みを入れなかった。
寿退社には、相手が必要だと言うことを分かっていない。

「ちょっと窓、開けてくれる?」

夜になればさすがに暑さも引いているだろう。
せめて、外と同じ空気を吸ってみたい。

「匂いはする?」
「匂い?うん、焼き鳥の匂いがするよ」
「・・・じゃなくて!」

花火の火薬の匂いのことを言ったつもりだった。
打ち上げ場所から近くても、さすがに匂いは届かないのだろうか?
確かに開けた窓からは、香ばしい匂いしか届かない。

「分かってるわよ、火薬の匂いでしょ?」
「あっ!」
「きゅ、急に何よ・・・」

4年目にして初めて気付いたことがあった。

「いつも私が運転手じゃないの!」
「そうだった?・・・いいじゃない、何か問題でも?」

助手席は、気楽な特等席でもある。

(No.201完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.201-1]特等席

No.201-1

登場人物
=牽引役(女性) =相手(女性)
-------------------------------
「また、あなたと一緒だね」

車中から見える花火を、昨年と同じ人と見ることになった。

「そうだね」

何とも幸せな時間が続く・・・はずもない!

「なに雰囲気出してんのよ!気持ち悪い」
「あなたものって来たでしょ!」

打合せもなく、幸せそうなカップルをお互い演じた。
それも女同士で・・・。

「また、今年も仕事中に見てるよね」

誰かに対する・・・と言うわけではないが、皮肉が入っている。
花火のシーズンになると、営業の応援で駆り出される。
加えて、なぜか茉希(まき)とペアになる。

「まさか、指名してるんじゃないよね?」
「それはこっちのセリフよ!」

別に仲が悪い訳ではない。
車外では空に花火、地上にカップルが花を咲かせている。
それに浴衣姿の女性達が何とも涼しげだ。
それらが妙に私たちをイライラさせる。

「それに引き換え・・・ねぇ・・・」

黒いスーツが何とも暑苦しく見える。
見えるだけでなく、実際、暑苦しい。

「それもあるけど、まずは目の前の渋滞、なんとかしてよ!」

花火渋滞が更にイライラ度を増して行く。

(No.201-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.200-2]ホタルノヒカリ

No.200-2

「スイッチ?」
「うん、この前は深呼吸しようと思ったら・・・」

息を吸い込もうとした瞬間、フライング気味に変な音が出たと言う。

「でも、スイッチとどんな関係があるの?」
「上手く説明できないけど・・・」

気持ちを切り替えようとしたタイミングで音が出る、と友人は言った。
偶然と言えばそれまでだが、確かにそんな気もする。

(なるほど・・・自分を切り替えるスイッチか・・・)

「スイッチって表現、いいよ、それ!」

タメ息にせよ、深呼吸や気合も分岐点を知らせてくれる合図なんだ。
そして変な音が、気持ちを切り替えてくれる。

「あんな音が出たら、笑うしかないもんね」
「悩み事も吹っ飛んじゃうくらいよ」

それから、私達はその変な音を、こう呼ぶようになった。
“自分スイッチ”と・・・。
それに、メールや合うたびの合言葉のようにもなった。

『最近、自分スイッチ入ってる?』

裏を返せば、何か気持ちを切り替えるような出来事を聞いている。
直接的ではない表現の方が、逆に素直に聞きやすい。

「仕事も順調よ!プロジェクトチームの一員に選らばれたくらい」
「多分、輝いてるからよ」

意識して発言したつもりはなかった。
けど、ふたりして気付いたことがあった。

「スイッチの先には電球が付いてるのかもね!」

(No.200完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.200-1]ホタルノヒカリ

No.200-1

登場人物
=牽引役(女性) =相手(女性)
-------------------------------
“ピュゥゥ~♪”

「やだぁ・・・変な音」

それはトイレの便座に座った時だった。
スラックスし過ぎたせいだろうか、鼻歌ならず鼻音が出てしまった。
口笛に似た音だったが、一言で言えば“なさけない音”だった。

「ピュゥゥ~って、なんなのよ!」

自分で自分にツッコミを入れた。
そう言えば、たまに似たようなことが起きる。
タメ息のつもりが、なんとも気の抜けた音が出たことがあった。
今回もそれに負けずとも劣らない変な音だ。

(・・・そういえば)

もうひとつ思い出したことがあった。

「ねぇ、ねぇ、聞いてくれる?」

翌日、友達と逢ったときに、あの話をした。

「ある、ある!それ私もあるぅ!」

予想に反して、友人が話にのって来た。
しかも、経験があると言う・・・。

「気合を入れた時に、出たこともあったよ」
「でも、なんだろうね」
「そうだよね!自分で自分を笑っちゃうような・・・」

人に笑われるのではなく、自分で自分を笑わしている感じだ。
それだけなのに、気持ちが明るくなる。

「この音って、スイッチみたい」

(No.200-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.039

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.165 望郷の影
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

登場人物の設定、後半は事実とは大きく異なりますが、前半及び
全体的な雰囲気は実話です。

冬のホタルは心をテーマにしていることに加えて、超短編なもので
すから、場所の描写を殆どしていないのも特長です。
この小説も、“どこの場所であるか”は、あえて描写していません。
色々とヒントは書いてありますから、当ててみてくださいね。

この話を書くきっかけは、とある場所へ行った時、初めて見るはず
なのに、見慣れた風景がそこに広がっていました。これはいわゆる
デジャブではありません。
 『赤レンガ・・・道庁ぉー!』
このふたりの声で分かるように、札幌の旧道庁や大通り公園周辺
を連想させるには十分でした。
札幌を離れてから、すでに3年が経過していますが、タイムトラベル
ならぬ“瞬間移動”したような気分になりました。

それぞれの街のシンボルでもあるテレビ塔は、ますます結び付きを
強くするものがありました。ただ、都合よく、夕陽で赤く染まってはく
れませんでしたが、そう思わせてくれるほど、心の中は望郷の想い
出一杯でした。
A1070_000054
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.199-2]環境が人を変える

No.199-2

今でもその気持ちに変わりはない。
でも、実際に仕事が変わって初めて気付いたこともあった。

「例えば、仕事を押し付けられたり・・・」

その部署では“新人”扱いされ、軽い洗礼を受けた。
逆に、それが様々な仕事を覚えるきっかけにもなった。
今までにしたことがない仕事。
仕事を変わらなければ、出逢うことがなかった経験だ。

「今までになく、視野が広がったわ」
「それが“井の中の蛙”・・・ってわけね」

くどいようだけど、今でも自信はある。
けどそれは、自分の目の届く範囲での話になる。
仕事が変わり環境が変わると、見たこともない世界に気付く。
それが結果的に、自分を変えてくれる。

「今の自分があるのは、井戸から飛び出したのではなくて・・・」
「井戸が無くなったため・・・とでも言ったらいいのかな?」

千恵美が私の変わりに答えた。
確かに当たっている。
実は仕事が変わること自体は消極的であった。

「そうね、環境が私を井戸から連れ出したとも言える」

いずれにせよ、自力で井戸から這い出たわけではない。

「大海を知った気分はどう?」
「悪くないわね」
「そう言えば、そのことわざの続き知ってる?」
「・・・続き・・・?続きがあるの!?」

千恵美がその続きをしゃべった。

「ひとつの場所にとどまることも、またひとつの生き方よ」
「・・・かもね」

人の生き方なんて、それこそ無限にある。

(No.199完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.199-1]環境が人を変える

No.199-1

『井の中の蛙、大海を知らず』
今思えば、まさしくこのことわざの通りだろう。

「今でも結構自信があるんだけどね」

最近、仕事の担当が変わった。
会社からは自身のスキルアップのためだと聞いた。
それ自体に嘘はないと思う。

「自信があるって、前に担当してた仕事のこと?」
「うーん・・・そうとも言えるけど、ちょっと違うかな」

前の仕事は結構長く担当した。
それもあり、その仕事に自信を持っているのは確かだ。

「それなら、何に自信があるの?」

同僚の千恵美が言うことも、もっともだ。

「モチベーションを保てる自信よ」
「・・・余計に分からなくなったかも・・・」

一から千恵子に話すことにした。
一般的に長く仕事を続けると、大抵の人はその仕事にたけてくる。
でもその反面、ある危険性と隣り合せだ。

「危険性?」
「そう・・・マンネリ化と言うか、落ち着いちゃうと言うか・・・」

現状に満足して、新しいことへチャレンジする姿勢が薄れる。
私はそんな人を大勢見てきた。

「そんなの、自分の気持ち次第で何とかなる・・・って思ってるの」
「じゃ、自信があるのは・・・」

千恵子が話をまとめた。

「・・・そう言うこと」

どんなにマンネリ化した状況でも、私自信はマンネリ化しない。
そんな自信があった。

(No.199-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.198-2]せいじゅうろうを探せ!

No.198-2

「なぁ・・・さっきから、話が噛み合ってないけど・・・」

話の出だしは、せいじゅうろうの存在についてだ。
後半になると、加えて“皿うどん”がおかしなことになっている。

「ほら、ここに居るだろ?」

あえて写真の一部を指差す。
もちろん、言い逃れできないように、せいじゅうろうを・・・だ。

「・・・あれ?ほんまや」
「ほ、ほんとに知らんかったん!?」

余りの驚きに、大阪弁がうつる。

「・・・ちゃんぽん写す時に、置いたの忘れとったわ」
「ちょ、ちょっと待って!」

置いたのを忘れたまま写真を撮影したのは理解できる。
それに、色が色だけに周囲に溶け込んでいるのも分かる。
それを差し引いても、引っ掛かる部分がある。

「確認していい?」
「ん?・・・ええよ、なんやろ」

俺の考えが間違っていなければ、菜緒は勘違いしている。

「せいじゅうろうはさぁ・・・何と一緒に写っているの?」
「なにって、この食べ物のこと?」

今度は菜緒が、その食べ物を指差す。

「そう!それ」

菜緒が皿うどんを指差した。

「ちゃんぽんやろ?それがどないしたん?」

(No.198完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.198-1]せいじゅうろうを探せ!

No.198-1 [No.07-1]せいじゅうろう

「美味しそうだな」

あえて、あることに気付かない振りをしてみた。
白々しいと言えば、非常に白々しいが・・・。
 090507_201401
「せやろ!作りもんやけど」
「・・・あ、うん・・・」

予想していた反応と違うことに、少し戸惑う。

「どないしたん?」
「いやぁ・・・その前になんだ・・・その・・・」

冗談ではなく、本当に気付いていないのだろうか。
こうもはっきり写っていれば、逆に無視することが難しい。

「せいじゅうろうは皿うどんが好きなんだ?」
「なんでなん?」
「だって、写・・・」

途中で言うのを止めた。
菜緒にからかわれているだけかもしれない。
もちろん、悪意はないことは承知している。

(一旦、話題を変えてみようか・・・)

「・・・で、菜緒は食べたんだろ?」
「なにを?」
「何を・・・って、皿うどんだよ」

答えを聞くまでもなく、“食べていない”顔をしている。
どうも、さっきから会話がしっくりこない。
でも、嘘を付いているとか、からかってるとか、とも違う気がする。

「パリパリしてたり、しっとりしてたり、美味しかったわぁ」

それを世間では“皿うどん”と言うのだが・・・。

(No.198-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.038

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.22 感性
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この小説の主軸を成すもの・・・分かりますか?初期の作品であり、
まだまだ上手に伝える力がありません

話の流れでは、涼子の好きなタイプ→なかなか説明しづらい感性
を持つ人→それを花見の席で発見!と言う流れがあります。その
説明しづらい感性が話の主軸になっています。

性別に関係なく、相手に花を贈る。多くの人たちは「綺麗ですね」と
見た目の華やかさや色について、コメントするはずです
ただ時より「良い香りがしますね」など、見た目以外の五感を使った
コメントをする人がいらっしゃいます。でも人と違うコメントをしたから
その人が特別・・・と言うことではありません。
花の匂いに気付き、それを最初に口にしてくれる男性は「もしかした
ら、私の内面の良い所に気付いてくれるんじゃないかしら?」と勝手
に妄想しているだけです。
見た目の華やかさだけに目を奪われるだけでなく、ちゃんと内面も
見てくれる・・・そんな期待を持っています。

小説的には単純に、花をプレゼントする話でも良かったのですが、
少しコミカルな話に仕上げたかったこともあり、楽しげな花見の席を
利用させてもらいました。従って、話の大部分は創作になります。

超短編を売りにしている、冬のホタルにおいても短めの話ですが、
前半と後半の間で時間が経過し、会話する場所も変わっています。
一瞬とは言え、男性社員やその感性を持つ見ず知らずの人が登場
するなど、結構忙しい話に仕上がっています。
A0990_001020
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.197-2]スケジュール帳

No.197-2

「教えてくれないなら、いじわるな質問しちゃおうかな?」

同僚が何か気付いたような顔をしている。

「懐かしい・・・ってことは、過去形だよね?」

どうでもいいようなことには、めっぽう鼻がきく。
確かに過去形だ。
現に、その二文字はもう1年ほど書いてはいない。

「まぁ・・・そういうことだけど」
「多分、場所の名前でしょ?」
「どうして分かったの?・・・あっ!」

誘導尋問に引っ掛かったようになった。
それにしても、なぜ場所の名前と分かったんだろう。

(まぁ・・・そんなに選択肢もないしね)

小さなスペースに書き込む。
人の名前、時間、場所・・・内容は限られてくる。

「・・・もぉ!・・・悔しいけど、認めるわ・・・でも」
「どうして分かったかって?」
「時間なら懐かしめないでしょ?それに私なら名前を書くわ」

同僚は恋人を含めて、男友達との交友関係も広い。

「あなたは好きになったら一途でしょ?」

なるほど・・・相手が一人なら待ち合わせ場所でこと足りる・・・か。

(No.197完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.197-1]スケジュール帳

No.197-1

「懐かしいな・・・」
「・・・なに想い出にふけっているのよ・・・」

気付かない内に、口にしていたらしい。
同僚から言われて、現実に戻る。

「あっ!何でもない、何でも・・・」
「スケジュール帳を見て、懐かしめるなんて、どうなの?」

しっかり聞かれていたらしい。
愛用のシステム手帳を定期的にメンテナンスする。
過ぎたスケジュールは、リファイルして保存するのが習慣だ。

「以前のスケジュールを見てたのよ」
「それだけで懐かしめるの?ある意味羨ましいけど・・・」

スケジュール帳は仕事用だ。
併せて言うなら、プライベートでは手帳は使わない。
ただ、まれにスケジュール帳に私的な内容を書く時がある。

「何が書いてあるわけ?人の名前とか?」
「それは秘密・・・」

それ自体、教えた所で何も問題はない。
スケジュール帳の所々に青い文字で、あることが書かれている。
でも、その書き込みはある時を境に途絶えている。

(京橋・・・か・・・)

今度は口にしないように、意識して心の中でつぶやいた。
主に火曜日に、その文字が書かれていた。

(No.197-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.196-2]学習効果

No.196-2

「そうね、大人な言い方をすれば“体”はそうかもしれない」

仮に体を自由に出来たとしても、心までもそうとは限らない。

「最初はそれでも構わない・・・ただ・・・」
「いずれ、そのギャップに悩まされることになる・・・でしょ?」

例の彼女に悪意はなく、信頼できる相手に相談しただけだろう。
それを男性は“選ばれた人=好意を持たれている”と勘違いする。
それが、体の関係まで進めば尚更だろう。

「それを何度か繰り返せば・・・」
「それが学習効果になる・・・わけね」
「お陰様で、随分と学習させてもらったよ」

尚哉(なおや)がおどけた顔をして笑った。
話が振り出しに戻った時点で、静かなバーはより静けさを増した。

「じゃ、あえてもう一度聞くけど学習効果って?」

私から静寂を破ってみた。

「勘違いしないことなんだけど・・・」

尚哉が一呼吸置くようにして、続きを話した。

「・・・心が繋がるまでは勘違いしないってことさ」
「あら、慎重ね!」

確かに悪いことではない。
でも、今は困る。

「あーあ・・・なんか、相談しずらくなったんだけど・・・」
「心配ないさ、君の場合は前から好きだから」

(No.196完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.196-1]学習効果

No.196-1

「学習効果?」

お酒の席で、ちょっとした恋愛談義が始まった。
静かなバーに合わせるかのように大人な内容になった。

「あぁ・・・勘違いしなくなったってことさ」
「勘違い?」

尚哉(なおや)が振り返るように話し始めた。

「以前、ある女性から悩み事の相談を受けたんだ」

尚哉が言うには、プライベートな悩みだったようだ。
同性にも話せないような内容でもあったらしい。

「相談に乗ってるうちに好きになるって、パターン?」
「それ以前に、好意を持ってるから相談してきたと思った」

彼女の真意は私にも分からない。
ただ、男性を勘違いさせるにはそれで十分かもしれない。

「恋への進展は?」
「仮にだよ・・・彼女と大人な関係を持ったとしたら、どう思う?」
「それは・・・」

私も女性だから分かる。
悪い意味ではなく、心と体は別々の意思を持っている。
好きではない男性とも一夜を過ごせる場合もある。

「男性はその瞬間、自分の物になったと勘違いする」

尚哉の言うことは間違ってはいない。
だから、男性はここから苦悩するのも事実だろう。

(No.196-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.037

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.153 その先にあるもの
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

真意を伝えにくい小説のひとつです。ラスト近くの「ただ、その感覚
を言葉で伝えるのは難しい」のくだりは作者の本音です。

例えば、毎月同じ人と19時に逢っているとします。
夏であれば空も明るく「さぁ、これから!」と妙に元気にもなりますし
冬だともう真っ暗で「1日終ったかぁ・・・」と気落ちすると言うより何と
なく、しっとり落ち着く感があります。
そんな雰囲気の中で定期的に同じ人と逢う。ただ、それだけなのに
強烈に季節の移り変わりを意識します。

想い出は場所や物などを通じて、心に刻まれることが多いと思いま
す。私の場合、単にそれらだけではなく、まさしく“背景”の影響力が
強いのです。
これでもまだ意味がよく理解できないと思います。自分でも、うまく
説明できませんが、そう言うことなんです

『どこ行く?何しようか?』

それは真っ暗な空の下や昼間とも思える空の下で交わされた会話
です。
その会話に具体的な答えは出なくても、想い出と言う名のページに
はしっかり刻まれて行きました。
本来はもっと分かりやすい話に作り変えるつもりでしたが、前述した
通り、自分でもうまく説明できない、そんな気持ちも込めて素直に作
ってみました
  A0001_001802
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.195-2]二度目の出逢い

No.195-2

自分の中では、これは二度目の出逢いだ。

「じゃあ、何だろう・・・」
「答えゆっていい?」

実は答えはもう言ってある。
なのに、どうして気付かないのだろうか・・・。

「あっ!そうか」

気付いたのは僕の方だった。
彼女が気付かない理由を僕が気付いた。

「自分にとっては普通のことだもんな」

僕には特別に聞こえても、彼女はいつもと変わらない。

「あぁ!」

彼女もようやく気付いたようだ。

「・・・だろ?」
「うん、“ゆう”って言葉ね」

彼女は“言う”を“ゆう”と表現する。
それが何とも心地よく聞こえる。

「二度目の出逢いなんだよ」
「・・・とゆうことは、最初に出逢った言葉もあるんだよね?」
「ゆって欲しい?」
「ゆって!ゆって!」

ちょっとした、“ゆって合戦”になった。

「ラジャー!」

(No.195完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »