« [No.191-1]彼女の友達 | トップページ | ホタル通信 No.035 »

[No.191-2]彼女の友達

No.191-2

僕と彼女、そしてその友達とやがて付き合うことになる。
それに至るまでの過程が当時の流行歌と同じになった。
僕を友達に会わせたことを彼女が悔やむ・・・そんな歌詞だ。

「結局、全てダメになったけどね」
「当然でしょ」

ただ、関係がバレたとか、いわゆる修羅場はなかった。
結果的に僕が“普通”に振られた。

「まぁ、それなら・・・自慢話とは言い難くなるね」

二人に好意を持たれたけど、その二人に振られた。
だから、自慢話にしないんじゃない。

「本当はね、女友達のことがずっと好きだったんだ」
「・・・中学の?」

二股の二人と上手く行くはずがない。
彼女達は仲良し三人組で、そのひとりが女友達だ。

「本命とは付き合えなかった・・・・か」
「青春とはそんなもんさ」

こんな時、青春と言う言葉はありがたい。
色々な想いを一言で包み込んでくれる。

「本命とは進展なしだったの?」
「何もなかった・・・ってことが武勇伝さ」

結局、気持ちは伝えなかった。
いや・・・伝えない方が良かったんだ。

「自慢話よ、やっぱり」
「でも、その勇気は武勇伝に値するわね」

(No.191完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.191-1]彼女の友達 | トップページ | ホタル通信 No.035 »

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.191-2]彼女の友達:

« [No.191-1]彼女の友達 | トップページ | ホタル通信 No.035 »