« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

[No.195-1]二度目の出逢い

No.195-1

出逢いは必ずしも、人と人とだけとは限らない。

「犬?それともネコかな?」

ふざけているわけではない。
それが彼女の持ち味だからだ。

「そ、そんな時もあるかな・・・」

とりあえず勢いにのまれておこう。
彼女は不思議な魅力を持つブロガーだ。
単なる不思議ちゃんではなく、独特の感性を持っている。

「最近、ブログでお気に入りの言葉を見つけたんだ」
「えー、なになに!」

彼女が興味津々で応えてくれる。
自分の記事のことだ・・・多分、すぐに気付いてくれるだろう。

「ゆってもいい?」
「早くぅ、ゆってよ・・・もしかして」

彼女はすぐに気付いたようだった。

「そう!それだよ」
「なんだ・・・ポクポクだったんだ!」
「それ違うし!」

以前、彼女の記事にコメントしたことがある。
その記事には木魚を叩く音を“ポクポク”と表現していた。
ピッタリな擬音に、コメントを書かずにはいられなかった。

「違うの?」
「うん、それはそれで大好きなんだけど・・・」

(No.195-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.194-2]通り過ぎる人

No.194-2

「・・・何が居るって?」

一言多かったのかもしれない。
美和がその一言にすかさず突っ込んできた。

「他にも特徴的な人が居るんだよ」

赤いメガネがおしゃれな大学生風の女性。
かなりのスピードを出して自転車で疾走している。

「どうせ、“おしゃれメガネちゃん”って呼んでるんでしょ?」
「よく分かったな、でも・・・」
「はいはい、心の中で思ってるだけ、って言いたいんでしょ?」

彼女もまた清清しい朝だと言うのに、真剣な顔だ。
まぁ、あのスピードだ・・・何となく理由も想像できる。

「そうだよ、声掛けるわけないだろ?」

自分で言ってから、ある矛盾に気付いた。
それは美和も同じだったようだ。

「じゃ、私は何て呼ばれてたわけ?」
「それは・・・」

美和の場合はすれ違うのではなく、方向が同じだった。
歩くのが早い彼女は、いつも僕を抜いて行った。

「特に名前なんて付けてないよ」

嘘じゃない。
サラサラの髪が風になびいていたのが印象的だった。

「私は付けてたわよ」
A0001_002650
(No.194完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.194-1]通り過ぎる人

No.194-1

「怒られるわよ、そんなこと言ったら」

人間観察するつもりがなくても、そうなってしまうことがある。
朝、駅に向かうために歩く10分程度の距離。
この間に多くの顔見知りとすれ違う。

「それって、顔見知りって言わないでしょ?」
「暗黙の了解だよ」
「向こうはいい迷惑よ、きっと」

言葉を交わしたこともなければ、会釈したこともない。
ほぼ毎日、決まった時間にすれ違うだけの人達だ。

「だ・か・らぁ、女子高生にそんなこと言ったら怒られるよ」

美和に通勤途中に出逢う人について話した。
その中に特徴的な人が居るからだ。

「しかめっ面・・・ってダメか?」
「ダメに決まってるでしょ!女性に向かって失礼よ」

別に悪意を持って発言しているつもりはない。
その女子高生とは自転車ですれ違う。
意味もない笑顔もどうかと思うが、明らかにしかめっ面をしている。

「それが逆にかわいく見えるんだよ」
「それはそれで問題発言よ」
「おい、おい・・・そんなんじゃなくて」

彼女に好意を持っているとか、そんなんじゃない。
女子高生としかめっ面の組み合わせが何とも微笑ましい。

「とにかく、自然に通り過ぎるのよ」
「分かってるよ、他にも居るから」

(No.194-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.036

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.129 時間に掛けるもの
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

冬のホタルに度々、登場して頂いている方とのメールのやり取りの
事実を小説化しています。実話度100%のお決まりで、語り手の男
性が作者とは限りません。

この話の相手は“メールの文字”であり、私の言葉は口にしたもの、
心の中で思ったことを含めて、基本はつぶやきになります。

『時間に何を掛けますか?』

彼女らしい問い掛けでした。
そこから続く計算式も小説の通り「フンフン」とうなづけるものでした。
時間というものは不思議な存在で、それが加わると平面だったもの
に奥行きを与えて立体化します。
また、“時間×実践=経験”が表しているように、実践と言う一枚の
静止画は時間を掛けることにより動画になる。それはやがてひとつ
の映画になるぐらい積み重ねられていく。もちろん、その映画のタイ
トルは“経験”です
それに、みずみずしかった果物も、時が来れば朽ち果ててしまう。
時間には誰にも止められない、脅威の力も持っています。

『時間に何を掛けますか?』

この答えは悩みました。
ユーモアのある、気の利いた答えを模索しましたが、フッと気付くも
のがありました。“大喜利”をやってるんじゃない・・・と

『時間×自分=時間』

数学的な話は小説の通りですが、数学だけでは表せないのが現実
です。もし“自分”に色が付いていたら、時間もその色に染まって行く
ように思えます。
web拍手 by FC2

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.193-2]石ころ

No.193-2

「田んぼに石ころが落ちたんだ?」

途中で蹴り損ねて、石ころが田んぼに落ちた。
夏だと言うこともあり、田んぼは十分過ぎるほど水で潤っていた。

「拾いに行ったら・・・そうなっちゃって」

泥まみれになるつもりはなかったけど、ぬかるみに足を取られた。

「そこまでして、ルールを守らなくても・・・」

確かにそうだと思う。
誰も見ていないし、ルールの存在だって知らない。

「誰も見てないし、ルールだって・・・」

私と同じことを言った。
他人から見ればバカバカしいことを真剣にやっている。

「自分で決めたことは守りたいだけ」
「頑固と言うか・・・」
「自分でも嫌になるよ」

とにかく、こんなことが良くある。
それに仕事ではこんな性格があだになる場合が多い。
こだわりは、単にわがままとしか見られない。

「そんなことないよ」
「そんなことあるわよ」

泥だらけになった時も母に怒られただけだった。
もちろん、理由なんて話す意味がない。

「でも、石ころを見つけた瞬間が目に浮かぶわよ」

そこから見つけだしたのは、私の信念だったのかもしれない。

(No.193完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.193-1]石ころ

No.193-1

私の性格は今に始まったことではない。

そんな時、いつも思い出すエピソードがある。

「へぇ~、初耳だね」
「そりゃそうよ!初めて他人に話すからね」

小学生の時、通学路にある田んぼで泥まみれになったことがある。
自分の意志に反してではなく、自分の意志で・・・。

「何か理由があるんだよね?」
「いくら、やんちゃな私でも、ちゃんと理由はあるわよ」

私は一度決めたら、自分を曲げずにやり通そうとする。
それがどんなにつまらないことでもだ。
その時は石ころを蹴っていた。

「石ころ?それがどうして泥まみれに変わるのよ?」

石ころを蹴る・・・蹴り続ける。
するといつの間にか、そこに自分のルールを作ってしまう。

「ルール?」
「そう、自分ルールをね」

蹴り続けなきゃいけない。
家まで石ころ蹴り続けなければ、悪いことが起こる。

「悪いこと?」
「単なる自分に科するバツみたいなものね」

別に具体的なバツを考えていたわけじゃない。
とにかく蹴り続けなければそうなる・・・と言うことだ。

「もしかして、泥まみれの原因って・・・」
「そうね、石ころはちゃんと家まで蹴って帰ったわよ」

だからこそ、泥まみれになった。

(No.193-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.192-2]想い出はうつらない

No.192-2

「写し損ねた?」

未由(みゆ)が不思議そうな顔をした。

「ごめん、適当なこと言っちゃって」
「ある意味、正解かもしれない・・・字は違うけど」

未由がケータイを操作し始めた。
さすがスマートフォンだ、操作のスピード感が違う。

「これ見て・・・意味分かんないと思うけど」
「メールフォルダ・・・だよね?」

受信フォルダのひとつを表示した。
ただし、データは入っていない。
“選択フォルダにメールはありません”と表示されているからだ。

「・・・移らなかった・・・んだ?」

ここまで出掛かっている答えを探るように聞いた。

「買い替えした時、データが移動しなかったんだ」

その言葉を聞いた瞬間、全てが繋がった。
想い出とはメールのひとつひとつのことだ。
それが誰とのメールであるかは聞くまでもない。

「随分、買い替えしなかったからね」

買い替えなかったのも、こんなことを予想していたからだろう。
ただ、移し替える手段と言うか、やりようはあるはずだ。

「ひとつの区切りにしたつもりなんだ」
「そうね・・・良い機会になったかもしれない」

想い出は移らなかった。
けど、大切に保存されている・・・前のケータイに。
A0027_001695
(No.192完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.192-1]想い出はうつらない

No.192-1

「おもいではうつらなかったのよね」

未由(みゆ)が、わずかに聞き取れる声量で話した。

「えっ!おもいでは・・・うつらないって?」
「ううん、こっちのこと」

夏の暑さを避けるために、カフェに入った。
未由がケータイをいじり出した途端の一言だった。
気付けば、世間で話題のスマートフォンだ。

「いつ買い替えたの?」
「昨日」
「・・・嬉しそうじゃない・・・みたいだけど」

言われなくても自分から見せびらかすタイプだ。
それがどうだろう・・・いつものテンションを感じない。

「そうかな」
「使い勝手はどう?」
「良いんじゃない?」

質問したつもりなのに、質問で返されたようだった。

「そう言えば、さっきうつらないとか何とか・・・」

未由のテンションの低さは、さっきの一言が無関係ではないだろう。
それに、しきりにケータイを見つめている。

「想い出はうつらなかった」

今度ははっきり聞こえた。
でも“うつらない”とは・・・写らない?それとも、移らない?

「写真でも写し損ねたの?」

間の抜けた問い掛けかもしれない。
だけど、聞かなきゃ始まらない・・・そんな雰囲気だった。

(No.192-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.035

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.12 卒業
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

時期的に卒業シーズンであったことから、高校中退と言う事実を
それを元に切り取ってみました。
語り手である女性の私は、イコール作者とは限りません。

小説では高校を中退したのは経済的理由であっても、結果的に
綺麗な想い出として残っているように感じられると思います。
かつてのクラスメート達の行動からでも、それを伺い知ることがで
きます。
経済的な理由は事実なのですが、想い出の部分は真逆になりま
す。実際は想い出にすらしたくない、辛いことばかりでした
もしかしたら「こうだったら良いのになぁ」と、空想の世界を描いた
のかもしれません。惜しまれて学校を去る・・・そして何年経っても
私達はクラスメートなのよ・・・と。

そんな想いを胸に小説を書きました

でも、冬のホタルですから悲しい涙の話は書きません。卒業でき
なかった事実があるなら、小説の中だけでも卒業しようと考えまし
た。加えて「卒業=数々の卒業ソング」が頭にあったので、それを
主軸にした話に仕立てました。

この小説も初期の作品であり、何とも恥ずかしい出来栄えですが
ラストに何らかのメッセージをしっかり残しています。
直接的には卒業ソングをつなぎ合わせて・・・なのですが、裏には
別の想いがあります。
バラバラだった私の“想い出”と言う名のピース。
それがひとつになり、卒業を迎える。でも、卒業したのは私?それ
とも辛かった想い出なんだろうか・・・
皆さんにこのラストシーンはどのように見えていらっしゃいますか?
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.191-2]彼女の友達

No.191-2

僕と彼女、そしてその友達とやがて付き合うことになる。
それに至るまでの過程が当時の流行歌と同じになった。
僕を友達に会わせたことを彼女が悔やむ・・・そんな歌詞だ。

「結局、全てダメになったけどね」
「当然でしょ」

ただ、関係がバレたとか、いわゆる修羅場はなかった。
結果的に僕が“普通”に振られた。

「まぁ、それなら・・・自慢話とは言い難くなるね」

二人に好意を持たれたけど、その二人に振られた。
だから、自慢話にしないんじゃない。

「本当はね、女友達のことがずっと好きだったんだ」
「・・・中学の?」

二股の二人と上手く行くはずがない。
彼女達は仲良し三人組で、そのひとりが女友達だ。

「本命とは付き合えなかった・・・・か」
「青春とはそんなもんさ」

こんな時、青春と言う言葉はありがたい。
色々な想いを一言で包み込んでくれる。

「本命とは進展なしだったの?」
「何もなかった・・・ってことが武勇伝さ」

結局、気持ちは伝えなかった。
いや・・・伝えない方が良かったんだ。

「自慢話よ、やっぱり」
「でも、その勇気は武勇伝に値するわね」

(No.191完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.191-1]彼女の友達

No.191-1

流行歌の歌詞と同じになった。
当時はそんな感覚しか持ち合わせていなかった。

「もてたこと、自慢したいわけ?」
「そんなんじゃないけど・・・」

高校の時、中学時代の女友達からひとりの女の子を紹介された。
通学途中に見かけ、好意を持ってくれたらしい。
特に断る理由もなく、僕たちは付き合い始めた。

「良く言えば二股できるほど、もてたってことよね?」

さとみとの会話中、つい口がすべった。
・・・・とは言え、たかが学生時代の恋の話だ。

「だから、違うって!」

羽振りの良い話に聞こえる。
でも、自慢話のつもりで話したんじゃない。

「じゃあ、何が違うのよ?」
「武勇伝だよ」
「武勇伝?ひどいわね、二股を武勇伝にするなんて!」

確かにひどい話だ。
僕は付き合い始めた彼女の友達とも付き合いだした。
正確に言えばその友達も僕に好意を持ってくれていた。

「・・・武勇伝だって色々あるだろ?」

言葉の使い方は間違っているのかもしれない。
けど、本当に自慢するための武勇伝ではない。

「だったら最後まで話したらどう?」

(No.191-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.190-2]恋は経験

No.190-2

確かに佳織(かおり)の言う通りだ。
思うことと、実行することは違う。
私の場合は、もっと酷いのかもしれない。

「そうね・・・私なんか“思う”よりも、“思ってる”って感じ」
「強い意志で“思う”んじゃなくて、軽く“思ってる”ってだけ」

もともとは佳織のため息から始まった話だった。
それがいつしか、私がペラペラしゃべりだした。

「ご、ごめん・・・私のことばかり」
「いいよ、私も同じだから」

似た者同士だからこそ、悩みも打ち明けられるのかもしれない。
お互いがお互いの気持ちを代弁する。

「・・・で、話を戻していい?」
「あぁ、そうね・・・私のため息ね」

佳織の話は結局、恋人に最近振られた話だった。

「なんだ、よくある話じゃない」

急に肩の荷が降りたような気分だった。

「でも、ちょっと待って・・・」

佳織が急に真剣な表情になった。
何か重要なことに気付いたような、そんな感じに見える。

「何か悟ったの?」

あえて高貴な表現を使った。

「うん、悟った」
「何を?」
「私達、振られてばかりいるってことよね?」

役に立たない経験は、人以上にしてるのかもしれない。
A0001_000050
(No.190完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.190-1]恋は経験

No.190-1

「ふぅぅ・・・」
「珍しいわね、ため息付くなんて」

佳織(かおり)にいつもの覇気が見えない。
何事にも前向きで、ため息のイメージには程遠い。

「仕事?恋愛?それとも衣食住?」
「最後の衣食住ってのは何なのよ」

私の冗談に多少、笑みがこぼれる。

「実際はどっちなの?」
「私が仕事で悩むと思う?」
「それもそうね・・・」
「そこで、納得しないのぉ!」

偉そうだけど、これはこれで私なりの気遣いだ。
一人悩んでも始まらない。
今までも、悩み事は打ち明け合っていた。

「恋愛に経験って役に立たないよね」

とっさには判断できない内容だ。
一般的には経験自体、役に立たないわけではない。
だが、相手は“恋愛”だ。

「そ、そうね・・・どうだろう?」

誰に問い掛けたか分からない曖昧な返事をした。

「でも、次からこんな恋はしない・・・って思うじゃない?」

結局、自分に問い掛けてそれに答えた格好になった。
少なくとも自分はそうしてきた。
辛い恋を経験したら、次はきっと・・・と。

「思うことと、実行することは違うよ」

佳織の言ったことは、私にも当てはまる。

(No.190-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.034

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.136 太陽とクシャミ
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

クシャミとトイレに行きたくなる体質、これらによって繰り広げられる
話はほぼ実話です。

太陽を見ると鼻がムズムズしてクシャミが出る。小さい頃はそれが
特異体質だと真剣に思っていました。
小説では、クシャミの話が先で、後からトイレの話が出てきますが、
実際はトイレのことを調べたのが先でした。
その時、世の中に大勢同じような人が居ることが分かり「もしかした
ら、クシャミも・・・」と調べたのが、小説を書くきっかけです。
加えて偶然、この話をした人が同じような体質であったこともそれを
後押ししました。

通常、小説には何らかのメッセージ性を持たせていることが多いの
ですが、この話は特に何も含ませてはいません。
唯一、後半に登場する「特異体質は、“得意”体質でもある」の部分
に、やや隠されているかな・・・と。

話を戻すと、実はクシャミはもう出ません。
小学生の頃は面白がってワザとクシャミをしていたのですが、今は
太陽を見ても何も起こりません。ですが、トイレは未だに本屋に行く
としたくなるので長居はできません。

そう考えると、最後に綺麗にまとめるなら、大人になると失われるも
の、大人になると手に入れるもの・・・それは決して精神的なものだ
けではないですよね。
消えてしまった“得意”体質・・・少し、寂しい想いもあります
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.189-2]小さな勇気

No.189-2

次の日、ケータイにメールが届いた。

それまでは社内メールだった。
お互いケータイのアドレスを知らなかったからだ。
知らない・・・と言うより、知る必要も教える必要も無かった。

『昨日はありがとう。久しぶりに北海道の話ができたよ』
『確かに!方言丸出しで、なんかスキッリした』

転勤先が関西と言うこともあり、今ではすっかり関西弁だ。
久しぶりに、北海道弁で話した気がする。

このメールが始まりになった。

始まりと言っても、別に恋仲が始まったわけではない。
単にメールのやり取りが始まっただけだ。

それから更に1年後が過ぎた。

「なぁ、メールするきっかけって覚えてる?」

何気なく聞いてみた。
特別な答えを期待することもなく、ただ何となく・・・。

「私が遅れた飲み会の次の日でしょ?」

まさかメールが届くとは考えてもみなかった。
そのことを正直に話した。

「そうね、あえてアドレスを教え合うのも不自然だしね」
「自然な流れ・・・だったんじゃない?」

彼女の言葉にためらいを覚えた。
自然な流れとは言い難い所があるからだ。
念のために・・・と教えたのは親切心があったからではない。

「本当は・・・」
「あなたの勇気に応えてみたんだけど、ダメだった?」

だからと言って、ふたりが恋仲に発展はしなかった。
小さな勇気とは、そんな関係を続けられることにある。

(No.189完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.189-1]小さな勇気

No.189-1

ことの始まりは今でも鮮明に覚えている。
もしかしたら、僕の小さな勇気だったのかもしれない。

『念のため、メールアドレスと電話番号教えておくよ』

同郷の女子社員と飲みに行く約束をした。

彼女とは、お互いが転勤した後に再び出逢うことになった。
単なる偶然で、運命的なものは感じていない。
それに、もともと仲が良かったわけでもない。

『もしもし・・・ごめん、ちょっと遅れる』
『分かった、あせらずどうぞ』

彼女からの電話だった。
今、電車の中に居るらしい。
実はメールアドレスを教えたのは、こんな時のためだ。
電車の中では電話しにくいだろうから。

(電話か・・・)

もちろん、非通知ではないけど、あることが頭をよぎる。

「アドレス・・・教えたくないのかな・・・」

深く考え過ぎかもしれない。
電話の方が伝達は楽だし、それに誠意も伝わる。
理由はどうであれ、遅刻している。
逆にメールでは失礼だと判断したのかもしれない。

「ごめなさい・・・遅れちゃって・・・」
「そ、そうだなぁ・・・」
「ん?どうしたの・・・?」

遅刻のことより、会社とは違う雰囲気の彼女に驚いた。
良い意味で少し気後れした。

(へぇ・・・別人のようだな)

「まぁ・・・とりあえず、乾杯!」
「うん、それじゃ、再会を祝って乾杯!」

(再会か・・・)

再会してから、約1年後の飲み会開催だった。

(No.189-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.188-2]ブルーメの丘

No.188-2

「メロンパンも作れるみたいだよ」

後日、彼女と会った時に話の続きをした。
ホームページから詳しい情報を手に入れた上でだ。

「ほんまや!知らんかった」

彼女の表情が前よりも一層輝いている。
それから、話はドンドンと膨らんでいった。

「僕の車で行こうか?」
「うん、お昼ご飯は途中で食べて行こか」

本当なら、ブルーメの丘で食事したいところだ。
けど、そうできない理由がある。

「そうだね・・・出発時間から考えると・・・そうなるね」

彼女が外出できる時間が限られている。
だからこそ、スケジュールを細かく決める。
着いたらどんなことをしようか、どこを見て回ろうか。

「アイスクリームも作るのだ!」
「賛成!」

ふたりの話は尽きることがなかった。
それからも具体的に話は進んだ・・・あるひとつのことを除いて。

「めっちゃ楽しみや!」

お互い分かっている。
いくら具体的に話が進んでも、これが実現しないことを。
だから「今度」が、ふたりの前に訪れることはない。

「マグカップの絵付け体験もふたりでせえへんか?」

人生において最も想い出に残る場所になりそうだ。
ふたりとも一度も行ったことがないのに。

(No.188完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »