« [No.185-2]忘れ物 | トップページ | [No.186-1]花火 »

ホタル通信 No.032

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.131 最も危険な一言
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:男性

現実にも良くある話なのですが、特にこれと言った小説のヒントと
なるものがなかったため、実話度はゼロとしています。

手前味噌ですが、ありがちなテーマに上手くオチが付いたと考え
ています
この話は「私(女性)の変化に何か気付かない?」との問い掛けに
対して、あやふやな答えをする男性とのやりとりを描いたものです。

どうにでも取れる返事を繰り返すことで、何とか危機を脱したと思っ
たら・・・それでも笑って許してくれた彼女に感謝ですね。
小説では直接触れていませんが、彼女の変化は何だと思われま
すか?
とくにひねっていませんので、答えは“コンタクト”になります。
この手の話は、日頃から耳に入ってきていたので、ピンポイントで
きっかけになるようなエピソードはありませんでした。
多分、トリガーになるものはあったと思いますが、残念ながら記憶
していません。

最後にタイトルなのですが、結構気に入ってます。
あまりタイトルには拘りはなく、よほど狙いが無い限り、悪く言えば
適当に付けています。
今回も適当だったのですが、その割にはいい線行ったかな?と。

最も危険な一言・・・。
それが発せられたら、実はもう手遅れなのかもしれませんよ。そう
ならないように、世の男性方、先に気付いてあげましょう
A0782_000270

web拍手 by FC2

| |

« [No.185-2]忘れ物 | トップページ | [No.186-1]花火 »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.032:

« [No.185-2]忘れ物 | トップページ | [No.186-1]花火 »