« [No.183-2]ベルサイユのばら | トップページ | [No.184-1]怒るって難しい »

ホタル通信 No.031

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.89 遠い喫茶店
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

この話は先に後半を書いた後に、前半を書き上げました。これに
はいくつかの理由があります。

後半は概ね実話です。
自分の中にある“遠い喫茶店”を、表現するのは難しいものがあり
ました
人目を避ける行動は、人目が多い喫茶店を敷居の高いものに変え
た・・・と言うことになります。簡単に言えば距離ではなく、願いが叶
えられる可能性の低さを“遠い”と表現しました。
ただ、これだと少し堅苦しい雰囲気があり、説明っぽくなってしまい
ます。

タイトルは早い段階でできており、やや謎めいた感じになりました。
これもあって、前半は夢を用いて“遠い喫茶店”を不思議調で説明
することにしました。
これによって、掛け湯のごとく“遠い喫茶店”の受け入れ態勢を整え
て頂けたと思います

話は変わりますが、夢を用いた話は他にも書いています。
ただ結果的に「全て夢だった」で終るような話はありませんし、これ
からも多分書きません。
もちろん、夢とかSFっぽい話を書けば幅広く、それこそ無限に作る
ことが可能ですが、そうなれば話を作るためのアイデアを考えること
に終始しそうな気がしてなりません。
あくまでも実話や実話からのヒントと言う骨があり、そこに肉付けし
て行くのが冬のホタルなんです。

最後にブルーメの丘ってご存知ですか?
いまだ行ったことはありませんが、私にとっては一生の想い出にな
りそうな、そんな場所なんですよ
近々、これを題材に話を作ってみようと考えています。
A0001_002395
web拍手 by FC2

| |

« [No.183-2]ベルサイユのばら | トップページ | [No.184-1]怒るって難しい »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.031:

« [No.183-2]ベルサイユのばら | トップページ | [No.184-1]怒るって難しい »