« [No.181-2]雨男 | トップページ | [No.182-1]汚れた世界 »

ホタル通信 No.030

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.55 豆電球ネックレス
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

この手の話は、さすがに実話をベースにしなければ思い付かない
ほど変わった話です。

話の前半はほぼ実話で、実際に豆電球ネックレスは存在していま
す。他にも、IC(集積回路)を昆虫風に仕上げている作品を見せて
もらいました
なんでも、電気パーツ屋に通って、作品の元になりそうな品を探し
ていると言う、熱の入れようでした。

後半は前半とは逆に創作です。
前半がやや、エレクトリックな話で進んだため、後半もその流れを
継承しました。
いつもそうですが、オチは全く考えておらず、ただただ変わったタイ
プの話を作り進めて行きました。そして前半を書き上げた時に光る
アイデアを思い付きました。
半分に割れたハートのネックレスを、ふたりで合わせるとひとつに
なる・・・これと考え方は同じです。
ただ、ふたつ合わせて光るだけでは、そこに話の軸が移動して
しまうため、ラストはもう一工夫して、そのような構造にした理由を
間接的に書いています。

“豆電球ネックレス”と言うタイトル・・・タイトル自体非常に変わった
ネーミングをしたつもりでした。
ところが、ブログ内に設置してある検索フレーズランキングに登場し
たこともあり、世間の広さを知らされた話でもありました。
web拍手 by FC2

| |

« [No.181-2]雨男 | トップページ | [No.182-1]汚れた世界 »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.030:

« [No.181-2]雨男 | トップページ | [No.182-1]汚れた世界 »