« [No.179-2]確実な一品 | トップページ | [No.180-1]答えはひとつ »

ホタル通信 No.029

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.156 季節限定商品
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

この話のきっかけは、一風変わっています。経験と言えば経験な
のですが、その割には実話度は低めです。

ある人とメールのやりとりがあり、話の流れでラスト2行の「桜入り
の風」のくだりを書いたのがきっかけです。
手前味噌ですが書いた瞬間に「これ小説にできるかも」と、思える
程、広がりを予感させる表現でした。つまり、これ以外は全て創作
になります。

創作の割には非常にスラスラと話が書けました。
すぐにアイデアが出たのも季節柄、春や桜に関係した限定商品の
話題を目にする機会が多かったからです。
この手の話は、いきなり話の核心部分を投げ、最後にそれが分か
るタイプの話です。最初と最後が決まれば、ものの数分でこの話を
書き上げることができました。

話を戻すとメールでのやりとりで生まれた話は結構あります

実は今回の話のきっかけを作ってくれた人は、他の小説にも、多く
のヒントを与えてくれました。
色々と考えさせられるテーマを与えてくださる方で、随分、文章力
や何事にも向き合う心を鍛えて頂きました
A1130_000004
web拍手 by FC2

| |

« [No.179-2]確実な一品 | トップページ | [No.180-1]答えはひとつ »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.029:

« [No.179-2]確実な一品 | トップページ | [No.180-1]答えはひとつ »