« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

[No.188-1]ブルーメの丘

No.188-1 [No.89-1]遠い喫茶店

ブルーメの丘に行ってみたいんよ」

初めて聞く名前だ。
単純に地名と言うか、場所の名前だろうか。
名前から判断すれば、日本とは思えない名前だ。

「ごめん、初めて聞いた」

知ったかぶりするつもりはない。
素直に聞いた。

「うちも、そんなに詳しくないんやけど・・・」

そう前置きをしながらも、どんな場所か話してくれた。
一言で言えば、色々な体験ができる施設だ。
それにしても、興味の先はそこよりも彼女の表情にある。

「随分、楽しそうに話すなぁ」

まるで行って来たような口ぶりだったので、思わず聞いた。

「・・・行ったことは?」

そう言えば聞いていなかった。
行きたいからと言っても、初めてじゃない場合もある。

「まだ行ったことないよ」
「それなら今度一緒に行こうか?」

自分で誘っておいて、ある想いが頭をよぎる。

「そやね」

関西弁独特の返事だ。
行くのか行かないのか・・・はっきりしない。
彼女もまた僕と同じ想いを感じているのかもしれない。

(No.188-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.033

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.64 きのこの山
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

一部会話の内容を除きほぼ実話です。但し、実話度100%のお決
まりで、語り手はあくまでもけん引役です。作者とは限りません。

この話は、最近書いた「No.183 ベルサイユのばら」と、同じ手法を
用いています。
通常、タイトルと内容には何らかの関連性を持たせています。もち
ろん、直接関係ないこともあります。今回の話はどうでしょうか?
文中では“甘いもの”のくだりがあり、きのこの山をスナック菓子と
気付けば、弱めの伏線となります。きのこの山を“きのこが生えて
いる山”と捉えてしまえば、それこそ伏線がありません

今回はあえて“やってはいけない”手法を用いています。
3人で会話した時、痩せた・・・疲れた・・・から甘いものの話になり
その時に私が一言つぶやきました。
   「最近、疲れてるので、きのこの山を食べている」と。
この一言を小説では書いていません。あえて伏せておいて、最後
にタイトルを登場させる手法をとりました。

きのこの山もベルサイユのばらも、言うなれば固有名詞であるため
それが何であるか連想しやすい特長があります。
これが「夕暮れに消えた僕の淡い夏」のようなタイトルなら、色んな
ことが想像されて、一本に絞れません。
「どこで“きのこの山”が登場するんだろう?」などと思って見て頂け
たら狙い通りなんですけどね

近々、この話のプロローグとエピローグに相当する話を掲載予定で
す。登場人物の設定はやや変えていますが“きのこの山”とつなが
る話だと思って読んで頂けたら幸いです。
それでは「No.189 小さな勇気」でお持ちしています
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.187-2]大きな悩みごと

No.187-2

結局、せいじゅうろう達のこととは別に、焼肉に行く約束はした。
連れてくるか、来ないかは当日決めるらしい。

(それにしても、なにを悩んでたのかな?)

なんにせよ、今日聞いてみることにしよう。
いつものごとく、笑える話が待っていると思うから・・・。

「・・・で、連れてきたの?」
「ジャ、ジャアァ~ン!」

定番の効果音と共に、彼らが登場した。
雨が降っていることもあり、ビニール袋に包まれた念の入れようだ。

「連れて来たんだぁ!」

彼女の笑顔に釣られて、俺の声もどことなく弾んだ。

「随分、悩んでたから、てっきり連れて来ないかと・・・」
「でも、やっぱりみんなで食べたいやん!」

彼らが本当に食べられるわけではない。
けど、一緒に席を囲みたい気持ちは理解しているつもりだ。

「良かったな」

何が良かったのか・・・自分で言っておいて不思議に思う。

(・・・そうか)

肝心なことを聞いていなかったからだ。

「どうして、連れてくること悩んだの?」
「さっき、答え見たやろ?」
「答えを見た・・・えっ!・・・見たの?」

答えを言った・・・のではなく、“見た”と言う・・・。

「そのビニール袋がそれなの・・・・?」
「せいじゅうろうが焼肉臭くなるやん!でも、出してあげるわ」
Sn380099
(No.187完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.187-1]大きな悩みごと

No.187-1 [No.07-1]せいじゅうろう

「今度、焼肉でも食べに行かない?」

世間では親密な男女関係のバロメータになるらしい。
・・・が、俺らには深い意味はない。

「焼肉!うち、むっちゃ好きやねん!」
「それなら話は早い」
「でも、ちょっと、待って!」

話の展開とは逆の発言だった。
なにか、まずいことでもあるのだろうか・・・。

「なにか問題でも?」
「違う・・・連れてこようか迷ってるんやけど」

この時点でピンと来た。
クイズで言えば、超ウルトライントロだ。

「連れてくればいいよ」

あえて答えを言わず、その先を答えた。

「誰を連れてくるか言ってへんやん」
「せいじゅうろうだろ?」
「そうなんやけど・・・」

知り合いを連れてくるならまだしも、あいつはぬいぐるみだ。

(時々、ストラップやシールだけどな)

「悩むことないだろ」

(・・・まてよ・・・)

「せいじゅうろう・・・達を、連れてくれば?」
「う~ん・・・どないしよ」

いつもなら、呼んでもいないのに連れて来られるあいつらだ。
ただ、今日に限って、何とも煮え切らない。

(No.187-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.186-2]花火

No.186-2

開幕後は、それぞれが好き勝手に花火を手にしている。

打ち上げ花火で派手にはしゃぎ回る者。
片や、線香花火でまったりしている男女ふたり。

(男女ふたり・・・)

「えっ!・・・そんな関係だったの?」
「知らなかったの?」

1ヶ月そこそこで、そこまで気付かない。
・・・と言うより、そんなに興味もない。

「うやらましい?」
「べ、べつにそんなんじゃないよ」
「今だけ、恋人になってあげる」

そう言うと僕の手を引っ張った。

「ちょ、ちょっと!」

多少強引な所もあるが、これが彼女なりの気遣いだ。
それからも花火大会は大いに盛り上がった。
送別会ではなく、花火が目的になっているのが何とも笑える。

「は~い!以上で花火大会閉幕ぅ~!」

浜辺は来た時と同じように、静寂に包まれた。

「じゃ、片付けるわよ」
「おっ!地球にやさしいね」

当然と言えば当然だが、メリハリのある行動に改めて感心した。

「想い出と共に、持ち帰るのよ」

その言葉にどんな意味があったのか、後日知ることになった。
A0830_000112
(No.186完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.186-1]花火

No.186-1

「今夜、花火行かない?」
「花火?」
「あっ!もちろん、みんなとだけど」

出張先の職場の女性に誘われた。
・・・とは言っても会話の通りだ。

「どこで花火大会やってるの?」
「ごめん、言い方が悪かったわね」

彼女はそう言うと、後ろ手に隠し持っていた物を僕に見せた。
何やら派手なパッケージが目に飛び込んできた。

「花火セットだよね?」

言い終わるころに、彼女の言いたいことが理解できた。

「花火をしにいくんだね」
「それ!身内だけの花火大会!」 

その夜、どこかの海に連れていかれた。

「送別会も兼ねた花火大会なのよ」

1ヶ月ほど、ここでお世話になった。
それが今日で終る。
仕事上での出逢いとは言え、寂しさも感じていた。

「ありがとう・・・想い出になるよ」
「なに黄昏てんのよ!これからよ、こ・れ・か・ら!」

彼女はそう言うと、ねずみ花火を僕の足元に投げつけた。

「わぁ!こら!あぁ!」
「花火大会開幕ぅ~!」

僕の悲鳴にも似た叫び声で、花火大会は幕を開けた。

(No.186-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.032

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.131 最も危険な一言
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:男性

現実にも良くある話なのですが、特にこれと言った小説のヒントと
なるものがなかったため、実話度はゼロとしています。

手前味噌ですが、ありがちなテーマに上手くオチが付いたと考え
ています
この話は「私(女性)の変化に何か気付かない?」との問い掛けに
対して、あやふやな答えをする男性とのやりとりを描いたものです。

どうにでも取れる返事を繰り返すことで、何とか危機を脱したと思っ
たら・・・それでも笑って許してくれた彼女に感謝ですね。
小説では直接触れていませんが、彼女の変化は何だと思われま
すか?
とくにひねっていませんので、答えは“コンタクト”になります。
この手の話は、日頃から耳に入ってきていたので、ピンポイントで
きっかけになるようなエピソードはありませんでした。
多分、トリガーになるものはあったと思いますが、残念ながら記憶
していません。

最後にタイトルなのですが、結構気に入ってます。
あまりタイトルには拘りはなく、よほど狙いが無い限り、悪く言えば
適当に付けています。
今回も適当だったのですが、その割にはいい線行ったかな?と。

最も危険な一言・・・。
それが発せられたら、実はもう手遅れなのかもしれませんよ。そう
ならないように、世の男性方、先に気付いてあげましょう
A0782_000270

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.185-2]忘れ物

No.185-2

「うちね・・・バイトしててん」
「知ってるよ、モデルだろ?」

(もしかして・・・そうなの・・・)

「モデル・・・目指す・・・とか?」

彼女が照れながら小さく頷いた。
これなら悪い話ではないし、むしろ一緒に喜びたい気分だ。
でも、そうハシャゲないのは、あの一言があったからだ。

『そうとも言えへんけどな』

一口にモデルと言ってもその世界は幅広い。
町の広告レベルから、それこそ手の届かないレベルまである。

「うん、モデル業、続けようと思うんや」
「そっか・・・目標があれば何でもいいさ」

それから彼女は本当にモデルの道を選んだ。
彼女に逢うと、懐かしそうに自分から学生の頃の話をしてくる。

「後悔はしてへんけど・・・」

そして、いつも歯切れが悪くなる。
でも、その言葉に嘘はないと思う。

「・・・忘れ物したんやろか、学校に」
「忘れ物?」

何らかの気持ちを学校に残して来たということだろうか。

「・・・なら取ってくる、そして俺が持っておくよ」

(No.185完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.185-1]忘れ物

No.185-1

「そう言えば・・・卒業したの?」

何とも季節外れなことを聞いた。
したたり落ちる夏の汗に似合わないセリフだった。

「看護学校のこと?」
「あぁ、何もなければもう卒業してるだろ?」

気遣って、あえて聞かなかったわけではない。
単純に卒業しているものだと思っていたからだ。

「卒業はしたんやけど・・・」

隠すつもりはなさそうだが、歯切れが悪い。

「資格は取らへんかった」
「え・・・看護師になるつもりだったんだろ?」

この後、しばらく沈黙が続いた。
答えを渋った彼女・・・余計なことを聞いたと反省する僕・・・。

「・・・夢とゆうか・・・気持ちが変わったんよ」

先に口を開いたのは彼女の方だった。

「それなら別に悪いことじゃないだろ?」
「そうとも言えへんけどな」

再び沈黙が続いた。
もう一度答えを渋った彼女・・・この先を聞こうかと迷う僕・・・。

「聞いてもいい?」

今度は僕が先に口を開いた。

(No.185-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.184-2]怒るって難しい

No.184-2

「怒るって難しいと思う・・・そう思わない、佐知子?」

それは相手が誰であっても、どんな関係の人でも言えることだ。
ただ、恋愛関係にあれば多少、駆け引きも必要になる。

「嫌われたくないし、流されたくもない・・・か・・・」

言えば関係がギスギスする。
言わなければ関係はスカスカになる。

「本当は怒りをあらわにすべきだった」

それでも彼を許すつもりではいた。

「そうね、修羅場も悪くない」
「愛情があるからこそ、怒れる時もあるし」
「本当に怒るって難しい」

けど、いくら愛情があっても、相手に伝わらなければ同じだ。
勘違いのまま終ってしまうことだってある。

「それにルールがあると思うんだ」

怒るとは・・・ルールを無視した殴り合いではない。
厳格なルールの下で怒らなければならない。

「そう考えるとルールを破ってしまったのは私の方ね・・・」

いつしか“怒(おこ)る”ことが、“怒(いか)り”に変わった。
昔の出来事まで引っ張り出し、私は怒(いか)ってしまった。

「彼とはどうするつもり?」
「怒ってみる・・・真剣に」

まずは自分に対して怒ることから始めよう。

(No.184完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.184-1]怒るって難しい

No.184-1

案外、褒めることは難しい。
怒ることは・・・更に難しい。

ケータイの普及で、“約束をしない約束”が増えていると聞いた。
私達も例外ではない。

『明日じゃなかった・・・?』

逢う“約束”はしていたが、何時にどこでは“約束”していない。
せっかちではない私でも、さすがに心配になる。
それに、急ぐメールに返信がないと尚更だ。

(電話してみよう・・・)

今の時間なら仕事も終っているだろう。
迷惑にならないはずだ。

『とにかく連絡ちょうだい』

結局、電話は繋がらず、もう一度メールするはめになった。

『ごめん・・・ケータイ、放置してた』

彼からメールが来た。
ただ、時計の針は約束の日が終る位置まで近付いていた。

今思えば後悔している。

彼からのメールにまたメールで返してしまった。
直接・・・そう・・・直接ストレートに怒れば良かった。
感情的になることは決して悪いことじゃない。

私の冷静なメールは、かえって彼との距離を生んだ。
やがて、心の距離は物理的な距離へと変わった。

(No.184-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.031

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.89 遠い喫茶店
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

この話は先に後半を書いた後に、前半を書き上げました。これに
はいくつかの理由があります。

後半は概ね実話です。
自分の中にある“遠い喫茶店”を、表現するのは難しいものがあり
ました
人目を避ける行動は、人目が多い喫茶店を敷居の高いものに変え
た・・・と言うことになります。簡単に言えば距離ではなく、願いが叶
えられる可能性の低さを“遠い”と表現しました。
ただ、これだと少し堅苦しい雰囲気があり、説明っぽくなってしまい
ます。

タイトルは早い段階でできており、やや謎めいた感じになりました。
これもあって、前半は夢を用いて“遠い喫茶店”を不思議調で説明
することにしました。
これによって、掛け湯のごとく“遠い喫茶店”の受け入れ態勢を整え
て頂けたと思います

話は変わりますが、夢を用いた話は他にも書いています。
ただ結果的に「全て夢だった」で終るような話はありませんし、これ
からも多分書きません。
もちろん、夢とかSFっぽい話を書けば幅広く、それこそ無限に作る
ことが可能ですが、そうなれば話を作るためのアイデアを考えること
に終始しそうな気がしてなりません。
あくまでも実話や実話からのヒントと言う骨があり、そこに肉付けし
て行くのが冬のホタルなんです。

最後にブルーメの丘ってご存知ですか?
いまだ行ったことはありませんが、私にとっては一生の想い出にな
りそうな、そんな場所なんですよ
近々、これを題材に話を作ってみようと考えています。
A0001_002395
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.183-2]ベルサイユのばら

No.183-2

食いしん坊ではない私でさえ、バイキングはテンションが上がる。

必要以上に選んでしまい、完食するのに苦労することも多い。
それだけ、魅力的であると言える。

「ほら、見て!見て!」

まるで観光地や動物園に来たかのようなハシャギようだ。
目の前には名所や動物達ではなく、料理が並んでいる。

「恥ずかしいじゃ・・・」

全てを言い終わる前に、お皿は山盛りになった。

「ほら、早く選ばないと無くなっちゃうよ!」

そうとも言えるし、そんなことは無いとも言える。
どちらにせよ、敦子(あつこ)だけじゃなく、周りもそんな雰囲気だ。

「ボケッとしてるなら、お皿取ってよ!」

敦子の威勢の良い言葉が飛んできた。

「もう!私の番なんだから!」

敦子の勢いに押され、やや意味不明な返事を返してしまった。
とにかく私も早く、選ぶことにした。

改めて料理を見る。

色とりどりの料理が、何とも食欲を誘う匂いを発している。
和洋食に加え中華もある。
しかも、カロリーオフの気の使いようだ。
スイーツはメジャーなものから初めて見るものまで揃えてある。

とにかく、女子が喜びそうなものが全て詰まっている。

(・・・全て詰まっている?)

「ベルばら!」
「えっ!なになに・・・それ美味しいの?」

(No.183完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.183-1]ベルサイユのばら

No.183-1

「ねぇ、ねぇ、ランチ何にする?」

敦子(あつこ)が甘えた声を出している。

「ちょ、ちょっと暑いからベタベタしないの!」

夏だと言うのに敦子の食欲が落ちる気配がない。
何ともその元気が羨ましい。

「先週オープンした店、行ってみない?」

提案されているようで、内心強制と感じる。

(確か、行列ができていたっけ・・・)

人気の様子がテレビでも放映されていた。
先週のオープンでもあり、楽に食べられるとは思えない。
でも、敦子の勢いを止められそうにない。

「混んでるわよ、きっと」
「だから、いいんじゃない!」

(だから、行列が行列を生むんじゃない・・・)

「仕方ないわね・・・」

勇み足でその店へ向かった。
もちろん、それは敦子であり、私の足取りは重い。
私にとってのランチは食事の時間であり、休憩時間でもある。
だからわざわざ、混んでいる場所には行かない。

「・・・で、何食べるの?」
「バイキングなんだよ、バイキング!」

なるほど・・・食いしん坊な敦子にピッタリな場所だ。

「・・・今、私のこと考えてたでしょ」
「ち、違うわよ」
「どうせ、私は食いしん坊ですよ」

それでも敦子の足取りが止まることはなかった。

(No.183-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.182-2]汚れた世界

No.182-2

「うちな・・・その人と結婚を前提に付き合ってるねん」
「えっ!結婚・・・」

結婚することに驚いたわけではない。
話を戻せば父娘の不仲は、結果的に彼との不仲になる。

「その人とはうまく行ってないんだよね?」
「そやけど、ええねん」

ええねん・・・前向きな発言ではない。
むしろ、諦めにも似た、後ろ向きな発言だと感じた。

「住むところがあれば、それでええねん」

幼い頃から衣食住に苦労し、加えて大人の事情が彼女を苦しめた。

「ふぅ・・・それにしても、相変わらずサラリと言うよな」

衝撃的な発言も、彼女の前では普通に感じる。
時にはあまりにも凄過ぎて、“笑”撃になる場合さえある。

「“笑”撃って、笑うところちゃうし」

そう言いながらも、笑顔で突っ込んでくれる。
重い話を笑い話に変える・・・彼女はそんなパワーを持っている。

「でも、うち・・・汚れてるやろ?こんな生き方しかでけへんし」

以前も聞いたことがある、自分は“汚れた世界”の住人だと・・・。

「汚れてるなら、洗えばいいよ」
「上手い冗談やん」

なにも、中身が腐っているわけじゃない。
簡単なことだ・・・汚れたら洗えばいい。
そしたら、また輝き出す。

(No.182完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.182-1]汚れた世界

No.182-1

幼い頃から刻み続けられた記憶・・・。
彼女はその呪縛から逃げ出すことができずに居る。

「うち、この前、北海道に旅行に行ったやん」

“冬の北海道”を満喫するには、やや早い時期だったと思う。

「あぁ、旭川だろ?」

薄っすらと雪化粧した風景の写メが記憶に残っている。

「お父さんと行ったんだよね?」

この時、多少、違和感を感じていた。
世間では仲の良い父娘関係は、特段珍しくもない。
ただ、彼女の場合は逆だった。
そんな関係で「旅行に行く気になったな」と感じていた。

「本当は違うねん・・・今、一緒に住んでる人と行った」
「住んでる人?それがお父さんだろ?」

菜央(なお)が事情を話し始めた。
今まで会話に出てきたお父さんは、全て彼氏のことだったらしい。
確かに今思えば、しっくりこない話も多かった。

「・・・黙ってたら、隠し通せたのに、どうして?」
「うちもわからへん」

全くそれを感じていなかったわけでもない。
菜央と別に付き合ってはいないし、彼女は自由の身だ。
僕がとやかく言う筋合いもない。

「薄々感じてたけど正直・・・驚いた」
「もうひとつあるねん」
「・・・もうひとつ?」

僕は一日で、2度驚くことになった。

(No.182-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.030

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.55 豆電球ネックレス
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

この手の話は、さすがに実話をベースにしなければ思い付かない
ほど変わった話です。

話の前半はほぼ実話で、実際に豆電球ネックレスは存在していま
す。他にも、IC(集積回路)を昆虫風に仕上げている作品を見せて
もらいました
なんでも、電気パーツ屋に通って、作品の元になりそうな品を探し
ていると言う、熱の入れようでした。

後半は前半とは逆に創作です。
前半がやや、エレクトリックな話で進んだため、後半もその流れを
継承しました。
いつもそうですが、オチは全く考えておらず、ただただ変わったタイ
プの話を作り進めて行きました。そして前半を書き上げた時に光る
アイデアを思い付きました。
半分に割れたハートのネックレスを、ふたりで合わせるとひとつに
なる・・・これと考え方は同じです。
ただ、ふたつ合わせて光るだけでは、そこに話の軸が移動して
しまうため、ラストはもう一工夫して、そのような構造にした理由を
間接的に書いています。

“豆電球ネックレス”と言うタイトル・・・タイトル自体非常に変わった
ネーミングをしたつもりでした。
ところが、ブログ内に設置してある検索フレーズランキングに登場し
たこともあり、世間の広さを知らされた話でもありました。
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.181-2]雨男

No.181-2

「ねぇ、知ってた?」
「何だよ、唐突に」

急に降り出して来た雨を見て、彼と付き合うきっかけを思い出した。
目の前に居る“彼”は“あいつ”だ。

「雨男って、ウワサされてたんだよ」
「なんだ・・・そんなことか」

彼は知っていたらしい・・・雨男だと、ウワサされていたことを。

「でも、イメージは良くないよな」
「そうよ、私だって・・・」
「・・・なんだよ?」

彼が私の言葉の先を知りたがっている顔をしている。
あのウワサ話の“あいつ”は、偶然にも私の憧れている人だった。
結果的に同僚達の勘違いが、今の私達の関係を生んだ。

「私も・・・なの!」

雨男に雨女・・・お似合いのカップルだ。

「私だって雨女・・・なの」
「今、降り出したこの雨だって私のせいかもしれないし」

彼はキョトンとした顔をしたが、すぐ笑顔に変わった。

「雨女?・・・君が?」

「だって皆と飲みに行ったりしたら、雨に降られることが多いし・・・」
「よく思い出してみろよ、その時のメンバーを」

そうだった・・・そんな時は、いつも彼も居た。
彼が居たからこそ、メンバーに加わっていたことを思い出した。
A0782_000549
(No.181完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.181-1]雨男

No.181-1

積極的にかかわれない話がある。
それについて無知だからではない。
その話の当事者だからだ。

「でさぁ・・・あいつって雨男だと思わない?」
「分かる、分かる!この前もホラ・・・そうだったもんね」
「ありさもそう思うでしょ?」

性別こそ違うが何を隠そう・・・私もソレだ。

「・・・そ、そうね・・・困った人だよね」

声が若干、上ずってしまった。
私の場合、晴れを雨に変えるほどの神通力はない。
さっきまで止んでいた雨が、また降り出す程度だ。
もちろん、私が外に出た瞬間に・・・だ。

「ほら、偶然ってこともあるじゃない?」

心の中で自分を弁護したつもりが、つい口に出てしまった。
その瞬間、一斉に視線が私に向けられた。
何とも波紋を引き起こしそうな雰囲気に変わった。

「もしかして・・・」

同僚の一人が口火を切った。

(まずい!バレたかも・・・)

「あんた、あいつのこと好きなわけ?」
「そ、そうかも!」

矛先をかえるため同僚達の勘違いに、適当に答えた。
それが思わぬ方向へと発展した。
そもそも“あいつ”が誰なのか、把握していなかった。

(No.181-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.180-2]答えはひとつ

No.180-2

杓子定規ではなく、その時々で最善を尽くすこと。
その小説にも書かれていた答えだ。

「まぁ・・・間違ってない・・・よね?」
「そうだね、私もそんな気持で仕事してるから」

ところが、責任が増すにつれ、答えに疑問を感じ始めた。
自分が出した答え・・・。
果たしてそれは、本当に最善なのだろうか・・・と。

「だから、ちょっと調べようかなー、と思ったら」
「小説の方に目が行っちゃった・・・わけね」

小説の中で彼は最善の答えを出したと思う。
その瞬間にもっとも必要な答えであった。

「余り無理しない方がいいよ」
「ありがとう・・・疲れてるのかも」

最善を尽くすことは楽なことじゃない。
いくつかの可能性の中から、ひとつの答えを見つける。
それが正しいかなんて分からないのも本音だ。
全ては結果がそれを教えてくれる。

「そうなるとケースバイケースってなんだろう・・・と思う」
「そうね・・・じゃあ、私が新しい定義を作ってあげるよ」

そう言うと、意図も簡単に定義を作ってみせた。

「最も最適と思われる答えが見つからない時の最も最適な答え」
「よくわかんないけど、なんか凄そう!」
「でしょう?」

これ以来、この言葉を使わなくなった。
結果的に小説の中の彼と同じになったと言える。
逃げずに答えを出そう・・・そう心に決めた瞬間でもあった。

(No.180完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.180-1]答えはひとつ

No.180-1 [No.151-1]ケース・バイ・ケース

感覚的に使っている言葉・・・。
いざ、説明するとなると案外難しい。

(ケース・バイ・ケース・・・っと・・・)

ネットで検索すれば、苦も無く解決できる言葉だ。
ただ、今の時代、幸か不幸かオマケも付いてくる。

「ケース・バイ・ケース・・・小説・・・?」

気になる検索結果が表示されている。
ネット検索では思わぬ出逢いを演出してくれる時がある。

「ヘぇ~、小説あるんだ」
「まずは、こっち・・・と」

本来の目的は後回しにして、その小説のリンクを辿った。

「興味深い話ね」

友人にリンク先で出逢った、あの小説の話をした。
ケース・バイ・ケース・・・。
柔軟に対応しているように見えて結論を先延ばししている。
その瞬間の答えから逃げている・・・。
悪く言えばそんな印象がある。

「最後はどうなるの?」
「本当に必要な時に、その言葉を使った・・・こんな感じかな」

私自身も頻繁に使っている。
仕事をしていれば、大袈裟だが毎日使っているのかもしれない。
だからこそ、調べてみようと思った。

「まぁ、確かに便利な言葉だから」
「つい・・・使っちゃうよね」

(No.180-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.029

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.156 季節限定商品
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

この話のきっかけは、一風変わっています。経験と言えば経験な
のですが、その割には実話度は低めです。

ある人とメールのやりとりがあり、話の流れでラスト2行の「桜入り
の風」のくだりを書いたのがきっかけです。
手前味噌ですが書いた瞬間に「これ小説にできるかも」と、思える
程、広がりを予感させる表現でした。つまり、これ以外は全て創作
になります。

創作の割には非常にスラスラと話が書けました。
すぐにアイデアが出たのも季節柄、春や桜に関係した限定商品の
話題を目にする機会が多かったからです。
この手の話は、いきなり話の核心部分を投げ、最後にそれが分か
るタイプの話です。最初と最後が決まれば、ものの数分でこの話を
書き上げることができました。

話を戻すとメールでのやりとりで生まれた話は結構あります

実は今回の話のきっかけを作ってくれた人は、他の小説にも、多く
のヒントを与えてくれました。
色々と考えさせられるテーマを与えてくださる方で、随分、文章力
や何事にも向き合う心を鍛えて頂きました
A1130_000004
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »