« ホタル通信 No.027 | トップページ | [No.176-2]あなたのマネ »

[No.176-1]あなたのマネ

No.176-1 [No.07-1]せいじゅうろう

いつだったろうか・・・あることに気付いた。

「菜緒・・・最近、変じゃない?」
「最近じゃなくても、もともと変やけど」

こうも正面切って言われると、逆にこちらが口ごもってしまう。

「いや・・・その“変”じゃなくて・・・」
「じゃ、どの“へん”なんやろか」

誤解を広げないためにも、一から説明することにした。

「話し方、変じゃない?」
「話し方?」
「うん、特に文字にしたら・・・メールとか」

文字になった時、独特の訛(なま)りが出ている。

「うち、そんなに訛ってはる?」

菜緒が大阪弁と言うか関西弁なのは承知している。
最近どころか、知り合ってからずっとそうだからだ。
けど、いつの頃からか、それとは違う訛りが出てくるようになった。

「訛りじゃなくて、なんて言ったらいいのかな」

訛り・・・方言・・・なにかしっくりこない。
極端に言えば、日本語的にアウトのような言葉もあった。

「そうだ!メール、メール・・・・」

数日前に菜緒から送られてきたメールを探した。

「あったぁ!語尾をよく見て」

改めて見ると、確かに独特の表現になっているのが分かる。

(No.176-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.027 | トップページ | [No.176-2]あなたのマネ »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(008)小説No.176~200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.176-1]あなたのマネ:

« ホタル通信 No.027 | トップページ | [No.176-2]あなたのマネ »