« [No.174-2]心地よい | トップページ | [No.175-2]ポストの前で »

[No.175-1]ポストの前で

No.175-1

通勤路に郵便ポストがひとつ立っている。
何の変哲もない、どこにでもある赤いポストだ。
そのポストの前で、ちょっとした事件に巻き込まれた。
A0830_000324
「事件・・・?尋常じゃないわね」
「ゴメン!大袈裟すぎた・・・ハプニングよ」

そのポストは小学校のすぐ近くにある。
そのためか、度々手紙を入れようとしている小学生達に出逢う。

「それ、低学年の子でしょ?」

事件・・・言葉の影響だろうか、友人が妙な推理を始めた。
しかし、ハズレていないところが、ちょっとくやしい。

「まだ、携帯は早いだろうし」
「で、事件・・・じゃなくて、そのハプニングってなに?」

一人の女の子が手紙を入れようとしていた。
けど、小さい彼女にとってはそれは難関だった。

「それで、代わりに入れてあげることにしたの」

手紙を受け取ると、その子はお礼を言って去って行った。

「いい話じゃない・・・どこにハプニングが?」
「何気なく手紙を見たらね・・・」
「うんうん」

友人が明らかに食い付いている。

「受取り人の名前以外、何も書かれてないの」
「それじゃ、届かないじゃん!」

それどころか、差出人に戻ることもない。
結局、ポストに入れられず、途方に暮れた。

(No.175-2へ続く)

|

« [No.174-2]心地よい | トップページ | [No.175-2]ポストの前で »

(007)小説No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.175-1]ポストの前で:

« [No.174-2]心地よい | トップページ | [No.175-2]ポストの前で »