« ホタル通信 No.025 | トップページ | [No.172-2]一瞬の未来 »

[No.172-1]一瞬の未来

No.172-1

『未来を“先撮り”するカメラ』

とあるデジカメに付けられたキャッチコピーだった。
先取りと先撮りをかけている。
いわゆる次世代の高性能カメラ・・・ということらしい。

「なんか、いい写真が撮れそうでしょ?」

何か嫌な予感をさせる、友人の弁だ。

「もちろん、腕前があってのことだけどね」
「・・・で、そのカメラがそうなんだ?」
「分かっちゃった?でさぁ・・・・」

分かるも何も、明らかにそのつもりで話題を振ってきている。
確かに、友人の腕前は認める。
ただ、学校の写真部という、ごく限られた範囲での話だ。

(未来を・・・か・・・)

キャッチコピーではなく、それが本当なら・・・つい空想してしまう。
カメラは今まさに、その一瞬を切り取る。
過去でもなく、未来でもない、その一瞬を。

「ねぇ・・・ちょっと聞いてる?」
「ん?なに・・・」
「頭の中、写真に撮ろうか?」

つい空想にふけってしまい、友人の自慢話が耳に入らなかった。

「本当に未来が撮れるカメラ、想像してたんでしょ?」
「えへへ・・・アタリ・・・」
「じゃ、撮ってあげる」
「えっ!」

何を言われたのか、しばらく理解できなかった。

(No.172-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.025 | トップページ | [No.172-2]一瞬の未来 »

(007)小説No.151~175」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.172-1]一瞬の未来:

« ホタル通信 No.025 | トップページ | [No.172-2]一瞬の未来 »