« [No.177-2]時の引換券 | トップページ | [No.178-1]夏の始まり »

ホタル通信 No.028

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.46 誰にも染まらずに
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

最後のハガキの一節は創作になりますが、小説に登場する私の
姿はほぼ事実です。

「誰にも染まらずに」と言う言葉自体は、ごく一般的な表現ですが
単純にそのままの意味ではありません。
レベッカの「Virginity(ヴァージニティー)」という歌の歌詞に「誰に
も・・・」のフレーズが登場します。
歌詞の中には、「君(女性)」と「君」と呼んでいる恐らく男性が登
場しています。その男性が歌の中で「誰にも染まらずに自由に飛
んで行けよ」と・・・
歌詞全体もそうですが、特にこの部分に思い入れがあり、タイトル
に決定しました。

現実の「君(私)」も歌詞と同じように「誰にも染まらなくていい」と、
言葉こそなかったけど、そんなことを感じさせる人が居ました。
男性に依存することで、生き抜いてきた。それは異性からも同性
からも理解させず、私の生きる場所はどこにもありませんでした。

現実の彼は、私の自立を促してくれました。けど、そう簡単に変わ
れないのも現実でした。彼と言っても付き合っているわけでもない
微妙な関係の男性です。
「助けてくれるなら、誰でもいい・・・」私のこの発言を機にふたりの
関係は遠のいて行ったような気がします。
彼が最後に言ってくれました。「誰にも染まらずに生きて行って欲
しい」と。その“誰にも”の中には“彼”も含まれていました。

ラストシーンはそんな彼の言葉を代弁する形で創作してみました。
白紙のハガキ、ふたりの距離・・・
初期の作品に見られがちな重いムードの話ですが、こんな話の時
こそ、一種の応援歌として書かせて頂いてます。
   A0006_002440
web拍手 by FC2

| |

« [No.177-2]時の引換券 | トップページ | [No.178-1]夏の始まり »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.028:

« [No.177-2]時の引換券 | トップページ | [No.178-1]夏の始まり »