« [No.173-2]イバラの道 | トップページ | [No.174-1]心地よい »

ホタル通信 No.026

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.98 小さな巨人
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

大人になって気付くこと。それはメンタルな部分だけでなく、物の
存在感、存在価値・・・そんな話です。

場所は長崎県佐世保市のさらに奥地です。小さな頃に住んでい
たのではなく、祖父母の家がそこにありました。
中学に上がる前までは、祖父母宅で夏休みを過ごすのが常でし
たが、それを過ぎると急にふるさとが遠のきました。
そのせいもあり、私の実体験の中での鳥居はとてもスケールの
大きい存在でした。

ある時、祖父母宅へ行く用事があり、そのついでもあって神社を
訪れました
小説の通り、厳かな雰囲気は昔のままでした。やや、うっそうと
した境内はそのせいもあり、夏だというのにヒンヤリしていました。
久しぶり目にした鳥居は、建て替えたのかと思うほど背が低く、
それこそ、手を伸ばせば天辺まで手が届きそうな勢いでした。

当時はまさしく空に向かって石を投げているようでした。
投げても投げても、石は乗らない。でも、逆にそれが存在感を強
くし、やがてその反動が落胆に変わりました。
話を戻せば、願い事のくだりは今となっては定かではありません。
言い伝えとして聞いた訳ではなく、気付けば石を投げていた・・・
というのが真相です

小さい頃は、いくらでも願い事があったのに、石は乗らない。逆に
大人になったら石を乗せることができるのに、今度は願い事が見
つからない・・・切ない雰囲気で話を進めました。
ラスト付近は創作です。偶然落ちてきた石、そしてそれを手にした
時、フッとあの時の光景が蘇る・・・そんなワンシーンを描いてみま
した。
Futta2019m
web拍手 by FC2

| |

« [No.173-2]イバラの道 | トップページ | [No.174-1]心地よい »

(101)通信No.026~050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.026:

« [No.173-2]イバラの道 | トップページ | [No.174-1]心地よい »