« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

[No.179-2]確実な一品

No.179-2

「気になるやろ?」
「そりゃ・・・ねぇ・・・」

骨董品?・・・それとも美術品とかだろうか。
どんどん妄想が膨らんで行く。

「それね、人から貰ったんよ」
「えっ!タダだったの?」

その人も太っ腹だと思う。
そんな一品を惜しげもなく、あげてしまうなんて。

(・・・ん?何か楽しそうな顔だな)

さっきまでの顔に“楽しさ”が加わったように見える。

「もしかして、からかわれてる?」
「なんで?」
「そんなすごい一品、タダで貰えるわけないだろう」

冷静に考えればそうだ。
歴史的価値のある一品を手にすることは、たやすいことではない。

「それ妄想やん」
「うち、確実な一品としか言ってへんし」

(ハッ!そうだった・・・)

いつしか匠の技だとか、歴史的価値がどうとか決め付けていた。

「一体何なんだよ・・・その一品って?」

一気に結論に向かった。

「ずいぶん、“苦労”と言う代償を払ったけどな」
「手に入れたねん、“幸せ”と言う一品を」

その眼差しは僕に向けられているような気がした。

(No.179完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.179-1]確実な一品

No.179-1

「何かあった?」

里美(さとみ)を見てると、つい聞いてみたくなった。
もちろん、良い意味でだ。

「なんで?」
「なんか・・・幸せそうに見えるけど?」

お互い疑問符が付く会話が続いた。

最近、里美の表情が明るくなった。
直接的な意味ではない。
全体的に雰囲気が変わった・・・と言った方が良い。

「いいこと、あったんよ」
「いいこと?」

良いことなら、聞いても差し支えないだろう。
いや・・・むしろ聞くべきだ。

「聞きたいなぁ」

里美が楽しそうにしゃべり始めた。
話を要約すると、最近、何かを手に入れたらしい。

「その代償は大きかったけどな」

(代償・・・?)

相当、高価なものらしい。
そうなると価格も気になるが、そもそも何を手に入れたか・・・だ。

「それって・・・」
「確実な一品!ってとこやね」
「確実な・・・ねぇ・・・」

匠の技が生かされた、とんでもない一品を想像してしまう。

(No.179-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.178-2]夏の始まり

No.178-2

「もぉ!答え分かってたんでしょ」
「ごめん、ごめん!面白すぎて答え言いそびれた」

最初の悲鳴は、足がつったものではない。
それは説明されなくても分かる。

「結局、何なのよ?」
「だ・か・ら、海に足を入れてみて・・・」
「・・・って、足が言ってたもんね」
「こらぁ!」

しかし、いざ入れてみろと言われると何だか緊張する。
もしかして、クラゲでも居たのだろうか・・・。
恐る恐る海に近付き、足を入れようとした

「そんなんじゃ、悲鳴は出ないよ」

友人がそう言うと、私を軽く突き飛ばした。

「ギャャアァー!」

突然押され、この世のものとは思えない悲鳴が出てしまった。
それから、つんのめるかのように二、三歩前に歩いた。

「キャッ!」
「それよ、それ!」

友人が満足そうな顔をする。
押されて意思に反して、足が海に入ってしまった。

「案外、冷たいでしょ?」

波が静かに引いて行く。
夏の1ページは、こんなたわいもないシーンから始まった。

(No.178完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.178-1]夏の始まり

No.178-1

「キャッ!」

とても短いけど、甲高い声がした。

「何か踏んづけた?」

悲鳴だと言うのに、やけに冷静に話し掛けてしまった。
そんな大変なことが起こる場所に居ないからだ。

「いやに冷静ね!」
「だってそんなに人も居ないし」

夏本番を前にして、海にはまだ人影もまばらだった。
こんな場所じゃ、ハプニングもたかが知れている。

「何か踏んだわけじゃないよ」

ようやくさっきの答えが戻って来た。

「じゃ、何があったのよ」

友人が無言で片足を上げ、海の方をチョンチョンと、“足”さした。
私の認識力が凄いのか、友人の表現力が凄いのか・・・。
どうやら「海に足を入れろ」と言ってるらしい。

(しばらく、付き合ってみよう・・・)

なんともゼスチャーゲームのようで面白い。
わざと分からない振りをして、友人の反応を見た。
だんだんと“足”さすことに、力が入りだしている。

「ギャアァ!」

友人が再び悲鳴を上げ、その場に倒れこんだ。
運良く砂浜がクッション代わりになった。

「足つったぁ!」

ゼスチャーゲームが終了した。

(No.178-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.028

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.46 誰にも染まらずに
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

最後のハガキの一節は創作になりますが、小説に登場する私の
姿はほぼ事実です。

「誰にも染まらずに」と言う言葉自体は、ごく一般的な表現ですが
単純にそのままの意味ではありません。
レベッカの「Virginity(ヴァージニティー)」という歌の歌詞に「誰に
も・・・」のフレーズが登場します。
歌詞の中には、「君(女性)」と「君」と呼んでいる恐らく男性が登
場しています。その男性が歌の中で「誰にも染まらずに自由に飛
んで行けよ」と・・・
歌詞全体もそうですが、特にこの部分に思い入れがあり、タイトル
に決定しました。

現実の「君(私)」も歌詞と同じように「誰にも染まらなくていい」と、
言葉こそなかったけど、そんなことを感じさせる人が居ました。
男性に依存することで、生き抜いてきた。それは異性からも同性
からも理解させず、私の生きる場所はどこにもありませんでした。

現実の彼は、私の自立を促してくれました。けど、そう簡単に変わ
れないのも現実でした。彼と言っても付き合っているわけでもない
微妙な関係の男性です。
「助けてくれるなら、誰でもいい・・・」私のこの発言を機にふたりの
関係は遠のいて行ったような気がします。
彼が最後に言ってくれました。「誰にも染まらずに生きて行って欲
しい」と。その“誰にも”の中には“彼”も含まれていました。

ラストシーンはそんな彼の言葉を代弁する形で創作してみました。
白紙のハガキ、ふたりの距離・・・
初期の作品に見られがちな重いムードの話ですが、こんな話の時
こそ、一種の応援歌として書かせて頂いてます。
   A0006_002440
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.177-2]時の引換券

No.177-2

『・・・あかつき・・・』

祖父母が住んでいた長崎へ向かう列車の名前だった。

中学にあがる前までは頻繁に長崎へ連れらて行った。
それが卒業を機に足が遠のいた。
両親のせいでもない・・・誰がどうした、ということでもない。
でも、自然な流れと言ってしまえば、それまでになってしまう。。

誰にも責められたりしないのに、妙に言い訳したくなる。

『色々な意味で時代の流れなんでしょうね』

確かに大幅に時間は短縮された。
一晩掛けて辿り着いていた場所は、今や数時間あれば足りる。
けど、その時に失われたものも多いはずだ。
時間と引き換えに手にしたものは・・・そんなに多くない。

『今は予約が取り難いそうですね』

子供にとって列車の旅は案外きつい。
環境と心境が重なって、寝苦しかったことを特に覚えている。
子供心に寝台車を楽しむ余裕などなかった。

『夜行列車が昔のように増えるといいですね』

時間と引き換えに何かを取り戻したい。
そんな想いで人は再び切符を手にするのだろうか。

(No.177完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.177-1]時の引換券

No.177-1

『・・・想い出がある名前はありますか?』

ラジオを付けた瞬間、気になる話が飛び込んできた。
どんな前振りがあったのかは分からない。

『それでは今からいくつか名前を紹介します』

どうやら話は続いているらしい。
ただ、依然として話の流れは不明だ。
これから紹介される名前に期待することにした。

『・・・北陸・・・能登・・・』

地名と思われる名前が続く。

(観光地かな?)

『・・・カシオペア・・・北斗星・・・』

(・・・そうか!)

一瞬、星の関係かと思った。
でも、このふたつの名前が続けば多分あれしかない。
予想通り、ほどなくして、それが列車の名前だと分かった。
話の源流は、夜行列車にまつわる想い出らしい。
それなら全てが繋がる。
それに、言われた通り、想い出がある名前もあった。

(No.177-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.176-2]あなたのマネ

No.176-2

数日前、大雨が降った・・・その時のメールだった。

「読んでみてよ」

菜緒にメールを見せる。

「雨の日は気分が乗りませんぜ・・・・」
「続きも読んで」
「・・・早く、晴れたらいいですな」

訛りや方言と言うより、時代劇調と言えば良いのだろうか。
けど、菜緒にそんな趣味があったとは聞いていない。

「これって、何の影響だよ?」

少なくとも、内から湧いてきたものではないだろう。
それに、どこかで聞いたのではなく“目にした”ような気がする。

「・・・なんやろか」

隠している様子はない。
知らず知らずの内に、使っているようだった。
本当に知らないなら、興味本位で聞くのは止めた方がいいだろう。

「いいよ・・・謎は謎のままで」
「せやかて、うちも不思議やわ」

こういったことは、ひょんなことから解決するものだ。
菜緒もまだ自分自身で納得していない顔をしている。
090512_173901_2
「じゃ、せいじゅうろうに聞けば?」
「せやった!」

菜緒の一人芝居が始まった。

「その答えは謎ですな」

お前か・・・・犯人は・・・・。

(No.176完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.176-1]あなたのマネ

No.176-1 [No.07-1]せいじゅうろう

いつだったろうか・・・あることに気付いた。

「菜緒・・・最近、変じゃない?」
「最近じゃなくても、もともと変やけど」

こうも正面切って言われると、逆にこちらが口ごもってしまう。

「いや・・・その“変”じゃなくて・・・」
「じゃ、どの“へん”なんやろか」

誤解を広げないためにも、一から説明することにした。

「話し方、変じゃない?」
「話し方?」
「うん、特に文字にしたら・・・メールとか」

文字になった時、独特の訛(なま)りが出ている。

「うち、そんなに訛ってはる?」

菜緒が大阪弁と言うか関西弁なのは承知している。
最近どころか、知り合ってからずっとそうだからだ。
けど、いつの頃からか、それとは違う訛りが出てくるようになった。

「訛りじゃなくて、なんて言ったらいいのかな」

訛り・・・方言・・・なにかしっくりこない。
極端に言えば、日本語的にアウトのような言葉もあった。

「そうだ!メール、メール・・・・」

数日前に菜緒から送られてきたメールを探した。

「あったぁ!語尾をよく見て」

改めて見ると、確かに独特の表現になっているのが分かる。

(No.176-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.027

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.142 人は変われる
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

この話は、変わろうとしている直(ナオ)を見ていた“僕ら”が逆に
変われた、という話ですが、もう少し深い所に真相があります。

案外、自分を自分で変えることは難しいことだと感じています。

懸命に変わろうとしている彼女に“前と変わらない・・・”水を差す
ような僕の言葉です。ウソのひとつでもあれば、それはそれで良
かったのかもしれません
話が前後しますが、実話度は結果的に、“僕が変われた”と言う
事実とその他の創作から導き出しました。

いきなり結論めいたことを言えば、自分を変える、変えてくれるの
は自分以外の存在だと思います。
そして、そんな自分も、また誰かを変えて行くのです。その繰り返
しで「人は変われる」のだと
そして、変われた私はこうしてブログ小説を書くようになりました。

以前も紹介したことがありますが、結局、この話も出逢いが原点
にあります。そう考えると出逢いは、化学反応のように様々な変
化を遂げ、様々な副産物を生みます。
そこからまた、新しいストーリーが始まって行くのだとも思います。
この話の直(ナオ)も「愛=菜緒」の物語です。
A1080_000014
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.175-2]ポストの前で

No.175-2

「それで、どうしたのよ?」

近くの学校に事情を話して、らしき女の子を探してもらった。
でも、該当する子は居なかった。

「100%、その学校とも断言できないしね」

拾得物として警察に預けようとも考えた。
ただ、預けた所で落とし主が現れることはない。

「だから・・・どうしていいか困ってる」
「開けてみたら?」
「ちょっと!それはできないよ」

確かに中を見れば、手がかりを見つけられる可能性はある。
そうしようかと、考えなかったわけでもない。

「その子が自分で入れても相手には届かないよ」

私の手に渡ったことは幸か不幸か・・・決断した。

それから数日後、奇跡的にその手紙の落ち着き先が判明した。
手紙は入院中の友達に宛てて書かれたものだった。
運良く中に病院名が書いてあった。
どうやら例の女の子は同じ病室に居た子らしい。

「直接言えば良かったのにね」
「言えないことだってあるでしょ?」
「・・・それで、手紙に託したわけか・・・」

本当は手渡しするつもりでいたのだろう。

「それはそれで、恥ずかしかった・・・ということね」

そんなものだから、ついそのまま出してしまったようだった。

(No.175完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.175-1]ポストの前で

No.175-1

通勤路に郵便ポストがひとつ立っている。
何の変哲もない、どこにでもある赤いポストだ。
そのポストの前で、ちょっとした事件に巻き込まれた。
A0830_000324
「事件・・・?尋常じゃないわね」
「ゴメン!大袈裟すぎた・・・ハプニングよ」

そのポストは小学校のすぐ近くにある。
そのためか、度々手紙を入れようとしている小学生達に出逢う。

「それ、低学年の子でしょ?」

事件・・・言葉の影響だろうか、友人が妙な推理を始めた。
しかし、ハズレていないところが、ちょっとくやしい。

「まだ、携帯は早いだろうし」
「で、事件・・・じゃなくて、そのハプニングってなに?」

一人の女の子が手紙を入れようとしていた。
けど、小さい彼女にとってはそれは難関だった。

「それで、代わりに入れてあげることにしたの」

手紙を受け取ると、その子はお礼を言って去って行った。

「いい話じゃない・・・どこにハプニングが?」
「何気なく手紙を見たらね・・・」
「うんうん」

友人が明らかに食い付いている。

「受取り人の名前以外、何も書かれてないの」
「それじゃ、届かないじゃん!」

それどころか、差出人に戻ることもない。
結局、ポストに入れられず、途方に暮れた。

(No.175-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.174-2]心地よい

No.174-2

「前の続きなんだけどさ」

好き嫌いの話をした時に、言い忘れたことがあった。

「カルピスは好きだよ」

マヨネーズの原理で行けば、牛乳を連想させるには十分だ。
前とは矛盾する話をあえてした。

「でも、豆乳は苦手だな」
「どうして?」
「だって、牛乳を連想させるだろ?」

もはや矛盾のレベルではない。
単なるワガママにも近いと、自分でも感じる。

「それ、分かる」

嘘の話ではないが、かなり大暴投の話をしたつもりだ。
それを見事にキャッチした。
そんなものだから、馬が合うというより、もっと違う感じを受ける。
驚きもあるが、妙にしっくりくる。

それにしっかり、自分の話もしてくれる。
それがあるから、相槌のために適当に発言したとは思えない。

「そう言えば、干しぶどうもダメだな」
「それ、分かる・・・味じゃなくて、歯ごたえでしょ?」

結衣(ゆい)の言う通り“クチュ”とする、あの食感が苦手だ。

「こんなことばかり言ってる、俺って変かな?」
「そ・れ・も、分かってるよ」

私も同じだから・・・そんな表情が何とも心地よい。

(No.174完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.174-1]心地よい

No.174-1

「それ、分かる」

結衣(ゆい)から、度々発せられる言葉だ。
別に口癖を指摘したいわけではない

「私もね・・・・」

僕の話に同調してくれて、妙に気が合う部分が多い。
ただ、俗に言う“馬が合う”とはちょっと違う気がする。
それに、単に会話上手なわけでもない。

ある時、食べ物の好き嫌いの話をしたことがあった。

「牛乳とかチーズとか、とにかく乳製品がダメなんだ」
「じゃあ、ピザとかも?」

もちろん、“チーズべっとり”のピザは論外だ。
それに、そのイメ-ジは困った問題を引き起こす。

「チーズ抜きのピザがあってね」
「それなら、大丈夫でしょ?」

結衣が割り込むように、すかさず応えた。

「ピザの上にマヨネーズが掛けてあって・・・」
「それもダメなわけ?」

もちろんマヨネーズは嫌いじゃない、むしろ好きだ。
けど、生地と共に焼かれると、何となくチーズっぽくなる。
そう思い込むと、もはやそれはチーズ以外の何物でもない。

「変だとは思うけど、そうなんだよね」
「それ、分かる」
「私もね、同じような食べ物があるの」

最初は僕に気を遣ってくれているのかとも思った。
話を合わせてくれているのだと・・・。

(No.174-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.026

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.98 小さな巨人
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

大人になって気付くこと。それはメンタルな部分だけでなく、物の
存在感、存在価値・・・そんな話です。

場所は長崎県佐世保市のさらに奥地です。小さな頃に住んでい
たのではなく、祖父母の家がそこにありました。
中学に上がる前までは、祖父母宅で夏休みを過ごすのが常でし
たが、それを過ぎると急にふるさとが遠のきました。
そのせいもあり、私の実体験の中での鳥居はとてもスケールの
大きい存在でした。

ある時、祖父母宅へ行く用事があり、そのついでもあって神社を
訪れました
小説の通り、厳かな雰囲気は昔のままでした。やや、うっそうと
した境内はそのせいもあり、夏だというのにヒンヤリしていました。
久しぶり目にした鳥居は、建て替えたのかと思うほど背が低く、
それこそ、手を伸ばせば天辺まで手が届きそうな勢いでした。

当時はまさしく空に向かって石を投げているようでした。
投げても投げても、石は乗らない。でも、逆にそれが存在感を強
くし、やがてその反動が落胆に変わりました。
話を戻せば、願い事のくだりは今となっては定かではありません。
言い伝えとして聞いた訳ではなく、気付けば石を投げていた・・・
というのが真相です

小さい頃は、いくらでも願い事があったのに、石は乗らない。逆に
大人になったら石を乗せることができるのに、今度は願い事が見
つからない・・・切ない雰囲気で話を進めました。
ラスト付近は創作です。偶然落ちてきた石、そしてそれを手にした
時、フッとあの時の光景が蘇る・・・そんなワンシーンを描いてみま
した。
Futta2019m
web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.173-2]イバラの道

No.173-2

尚子に話したのは、自分でもまだ迷っている証拠だ。
そうでなければ、もう突っ走っている。

「・・・少し向き合ってみる」

向き合うのは誰でもない・・・自分自身にだ。
彼に対する今の気持ちに、嘘はない。
ただ、そんな時こそ、冷静になる必要もある。

「そうだね、気持ち全てが嘘だってこともある」

嘘がないのではなく、全てが嘘だとしたら・・・。
私が私自身に騙されているとしたら・・・。

「ねぇ、いばらの道、進んだらどうなるのかな」
「経験がないから、分からないけど・・・」

前置きをしながらも、自分の想いを語ってくれた。
いばらの道・・・。
その道を行けば“勇者”と褒め称えられる。
けど、陰では“愚か者”と失笑をかう。

「あーあぁ・・・八方ふさがり!って感じだよ」

投げやりな気持ちではない。
行き場を失い、その場にしゃがみ込んでしまったような気分だ。

「あっ!痛い・・・」

どうやら、座り込んだ道にも、多少なりともトゲがあったようだ。
人生と言う道はどの道も少なからず、いばらの道なんだ。

(No.173完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.173-1]イバラの道

No.173-1

目の前に一本の道が続いている。
分かれ道でもないのに、進むのをためらってしまう。
なぜなら、その道は“いばらの道”だからだ。

いばらの道・・・。
その道を行かなければ“賢者”と褒め称えられる。
けど、陰では“臆病者”と失笑をかう。

尚子に今の心の内を話した。

「どうするつもりなの?」
「わかんない・・・」
「それにしても、面倒な人を好きになったわね」

いばらの道を進めば、ただでは済まないことは承知だ。
その名の通り、体よりも心が激しく傷付く。
それに、それは私だけに留まることもないだろう。

「進んじゃいけないって、分かってるんだ」
「だったら、どうして・・・」

だからこそ・・・いばらの道なんだ。
なぜか、人はその道の前に立ってしまう。

いばらの道・・・。
その道を行けばどうなるのだろう・・・。

「本当に進む気じゃないよね?」

尚子が確認するかのように聞いてきた。

(No.173-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.172-2]一瞬の未来

No.172-2

「撮るって・・・未来を?」
「だから、さっきからそう言ってるじゃん」

どうやら冗談ではないらしい。

「いつ、どこでよ?」
「そうね・・・今、ここでもいいけど」

そう言うと、友人がカメラを構える。

「わぁ!いきなりやめてよ」
「冗談よ・・・そうだ!吉田が好きだってさ」
「エッ・・・」
「はい!いただきぃー」

私がたじろいだ表情を見せた時に、シャッターが押された。

「今の、なしだよぉー!」

多分、有り得ない顔をしていたと思う。
いや・・・多分じゃなく、間違いなくそうだ。

「未来どころか、最悪の決定的瞬間じゃない!」
「そう?じゃ、次の写真展に出させてもらうから」

友人は見事、優秀賞を取り、そこで初めてあの時の写真を見た。
予想通り、有り得ない顔をした私が写っていた。
写真でもハッキリ分かるほど、赤ら顔の私が・・・。

受賞のコメントには、一言こう書かれてあった。

『彼女の未来を撮りました』

カメラはその一瞬を撮るのではない。
目の前の出来事から、ほんの一瞬先の未来が撮れるんだ。

(No.172完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.172-1]一瞬の未来

No.172-1

『未来を“先撮り”するカメラ』

とあるデジカメに付けられたキャッチコピーだった。
先取りと先撮りをかけている。
いわゆる次世代の高性能カメラ・・・ということらしい。

「なんか、いい写真が撮れそうでしょ?」

何か嫌な予感をさせる、友人の弁だ。

「もちろん、腕前があってのことだけどね」
「・・・で、そのカメラがそうなんだ?」
「分かっちゃった?でさぁ・・・・」

分かるも何も、明らかにそのつもりで話題を振ってきている。
確かに、友人の腕前は認める。
ただ、学校の写真部という、ごく限られた範囲での話だ。

(未来を・・・か・・・)

キャッチコピーではなく、それが本当なら・・・つい空想してしまう。
カメラは今まさに、その一瞬を切り取る。
過去でもなく、未来でもない、その一瞬を。

「ねぇ・・・ちょっと聞いてる?」
「ん?なに・・・」
「頭の中、写真に撮ろうか?」

つい空想にふけってしまい、友人の自慢話が耳に入らなかった。

「本当に未来が撮れるカメラ、想像してたんでしょ?」
「えへへ・・・アタリ・・・」
「じゃ、撮ってあげる」
「えっ!」

何を言われたのか、しばらく理解できなかった。

(No.172-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.025

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.116 最高の料理
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

変り種の話の第4弾です。一旦、これで変り種シリーズは終了さ
せていただきますね。

この話の主題は、野菜の切れ端や皮です
世界広しと言えども、これを小説にするのは冬のホタルに他なり
ません。自身の小説の中でも一際、変わった題材です。ですが、
実話度はそこそこ高めです。

登場する雪那の人物像と話の主題である野菜の切れ端の話は
ほぼ実話です。であれば、実話度は100%近くになりそうですが
その料理を食べている人は、私ではありません。
食費を抑えるための生活の知恵・・・その知恵は雑誌からの受け
売りではなく、経験から来るものでした
しかも、その経験は健康とか余裕から来るものではなく、生きる
ために、そうせざるを得なかった、というものが実状です。

多感な時期ともなれば、裕福ではないことが、気にならない訳は
ありません。自分が良くても、他人の好奇な目が、それを許して
はくれません。
もともと気が強かった彼女だけに、それらが周囲との衝突のタネ
になり、高校中退への伏線になってしまいました。

そんな彼女の料理を食べてみたい・・・との想いが小説になった
ような話です。最高の料理を作ってくれる最高の人は、若くして
苦労人でもあるわけです。
雪那は「ホタル通信 No.003」で紹介した“愛”と同一人物であり、
せいじゅうろうシリーズに登場する菜緒でもあります。
A0006_001833
web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.171-2]りゅうとりゅうた

No.171-2

たまに実家に帰っても、都合良く、りゅうやりゅうたの姿はない。
爪とぎやトイレが置いあることで間接的に存在を感じる。
そして、しばらくすれば彼らは帰ってくる。

「あれ、どこからか見てるんじゃない?」

まさしく絶妙なタイミングであることが多かった。
それから、体をスリスリしてから、また出掛けて行く。

「一応、あいさつしてるつもりなのかな」

犬と違って、我が道を行くのが彼らだ。
そんな彼らでも、多少、私のことを気遣う所が面白い。

「ほら、けんかしてた時さぁ・・・」
「そうそう!私達が顔を出すと、急に強気になるよね」
「さっきまで『負けてたくせに!』って、言いたくなる」

ある時、実家に帰ると爪とぎやトイレが無くなっていた。
それがどう言う意味か聞くまでもなかった。
知らせがなかったことは特別、気にしてはいない。
気付けば、積み上げられた石が、もうひとつ増えていた。

「それにしても、以前のままにしてるんだ・・・」

テレビと冷蔵庫の上には、何ひとつ物が置かれていない。
整理整頓が行き届いている・・・とは違う。

「彼らのお気に入りの場所だったもんね」

それを意識して、今もそうしてるのだろう。

「なんで、そう言えるのよ?」
「ほら、ここも、あそこも・・・」

戸やドアを少しだけ開ける、そのクセが抜けていないからだ。

(No.171完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.171-1]りゅうとりゅうた

No.171-1

実家の庭の隅に、小さな石が積み上げられている。
ふたつ、ひっそりと・・・。

「ねぇ、もう何年になるかな・・・」
「どっちから数えて?」

私が高校生の時に、まず“りゅう”が家に来た。
足取りもおぼつかない小さな体に、大きな目が印象的だった。

「りゅうから数えたら、10年は経つのかな」

それから私が実家を離れた後に、“りゅうた”がやって来た。
初対面の頃には、すでに大きな体だった。
でも、どっちも茶トラ猫で、見た目もそっくりだった。

「違い・・・って、覚えてる?」

そっくりとは言え、違いがないわけではない。
りゅうたの方が尻尾がやや短く、白い部分が多い。

「気性はりゅうたの方が激しかったよね?」

訪問客にそれとなく近付き、多少本気で噛み付いていた。

「私にはそれ、無かったんだよね」

初対面の時は甘い声で、じゃれ付いてくるほどだった。
その仕草は、りゅうと見間違えるほどだった。

「何となく分かるんじゃないの?」
「身内なのか、そうじゃないのか、ってね」

確かにそうかもしれない。
事実、今でも特別猫が好きってわけじゃない。
りゅうもりゅうたも家族の一員・・・そんな感じだった。
A0016_000168
(No.171-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.170-2]窓に映る私

No.170-2

「相手が外ばかり見ていたら・・・」
「自分に対して興味が無い、ってことじゃないの?」
「そう思うでしょ?でも違うんだ」

麻貴(まき)が自信満々に答えた。

「まぁ、説明する前に試してみましょうか、女同士だけど」

いつもの店へ向かい、あえて窓際を選んで座った。

「じゃ、私が時々外を見るから」

そう言うと会話の節々で外を見る・・・やはり、良い気はしない。
興味がないのか、話がつまらないのか・・・そんな気持ちになる。

「やっぱり、興味がないように見えるけど」
「そう?じゃ、今度は逆の立場で」

今度は私が外を見るようにした。
(・・・別に・・・どうもしないよね?)
逆の立場になれば、何か分かるような麻貴の口ぶりだった。

「どうだった?」
「これと・・・言って・・・」

ことの真相は随分後になって分かることになった。

「でも・・・どうして私を選んでくれたの?」

付き合いだしてから、丁度、2年が経過する。
例の異業種交流パーティで知り合った男性だ。

「私、外ばかり見てたのに・・・」
「僕に興味が無かったからじゃないだろ?」
「そうだけど・・・どうして分かるの?」

以前、友人と同じようなシチュエーションで試したことを話した。

「あの会場は、特に・・・だったからね」
「えー、なにが?」

彼は外を眺める私を見ていたのではなかった。
窓に映る、私の表情を見ていてくれたんだ。

(No.170完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »